産後の骨盤矯正はお早めに?骨盤矯正の開始時期と方法について産婦人科医131名に聞きました

骨盤ヨガ
本調査では、骨盤矯正は身体に異変がない場合、「産後直後」から可能と答えた医師が最も多いという結果となりました。また、出産で歪んでしまった骨盤は、ある程度まで自然治癒力により改善されるという見解が目立ちました。骨盤矯正の方法は、「骨盤ベルト」、「骨盤体操」を支持する医師がいた一方で、骨盤矯正の必要性について疑問を呈するコメントも伺えました。
妊娠・出産・不妊の悩み
イシコメ運営事務局 イシコメ運営事務局

出産後に骨盤が歪んでしまったけれど、

  • いつ頃から骨盤矯正を始めていいのだろうか?
  • 産後に歪んだ骨盤は自然と元に戻るの?
  • 骨盤矯正って一体何をすればいいの?

などなど、産後の骨盤矯正について疑問を抱いている方は多いのではないでしょうか。
そこで、今回は骨盤矯正の開始時期やオススメの矯正方法について、産婦人科医131名にアンケート調査を実施しました!

産後の骨盤の歪みによる原因や影響に興味のある方は、「産後の骨盤の歪みの原因・影響とは!? 産婦人科医131名に聞きました!(リンク貼る)」をご覧ください。

※ 本調査は医師専用コミュニティサイト「MedPeer(https://medpeer.jp/)」にて2017年8月18日から同年8月28日にかけて行われ、産婦人科医131名から回答をいただきました。

まずは、骨盤矯正の開始可能時期について聞いてみました!

骨盤矯正は「産後直後から開始」が最も多い結果に

図1
  • 60代 男性 産婦人科 産後直後
    腹帯を締めるなどは、産後の骨盤安定にもなると思います。
  • 50代 男性 産婦人科 産後直後
    産後から骨盤ベルトなどの矯正を考えてよいと思います。
  • 30代 女性 産婦人科 産後直後
    帝王切開後などキズが痛くなければ直後から使用してもらっています。
  • 50代 女性 産婦人科 産後直後
    自然に戻って来ますが、ウエストは締めない、骨盤のみの補佐は出産直後からされて良いと思います。
  • 50代 女性 産婦人科 産後直後
    産後は骨盤がぐらぐらするため、ベルトなどでしばらく固定しておくと比較的楽なようです。
  • 30代 男性 産婦人科 産後1ヶ月後
    産後1ヶ月を過ぎたら、徐々に骨盤矯正をしていくべきだと思います。
  • 60代 女性 産婦人科 産後2か月後
    結合組織の強度が戻ってからの方がいいと思います。
  • 30代 女性 産婦人科 開始時期による大差はほとんどない
    特別に矯正する必要性はあまり感じません。

本調査では、骨盤矯正の開始時期として「産後直後」を支持する意見が最も多く、「産後1か月後」があとに続く結果となりました。
コメントでは、出産後に傷の痛みなどがない場合は産後直後から骨盤矯正を開始しても問題ないという意見や、身体に無理のない範囲でできるだけ早い時期から骨盤矯正を開始していくことが大切、という意見がみられました。
一方で、「産後の骨盤矯正はあまり必要ない」との見解を示す医師も一定数おられました。

次に、産後の骨盤にまつわる噂について聞いてみました。
みなさんは、「産後に歪んだ骨盤は自然と元に戻る」という話を聞いたことはありますか?
本当に自然に戻るのでれば、骨盤矯正はする必要はあるの?と疑問に思う方もおられるかもしれません。
そこで、産婦人科医の方々に「産後に歪んだ骨盤は本当に自然に戻るのか?」を聞いてみました!

歪んだ骨盤は自然治癒力である程度は元に戻る

図2

「どちらかというとホント」「ホント」と回答した方

  • 40代 男性 産婦人科 どちらかというとホント
    ある程度は自然に戻ると思います。しかし、筋肉の損傷や骨盤のゆがみが重度の場合、完全には戻らないと思われます。
  • 60代 男性 産婦人科 どちらかというとホント
    自然回復力を大切にするのが産後ケアのポイントです。
  • 50代 男性 産婦人科 ホント
    人間も自然回復力がありますから、いずれは落ち着くでしょう。しかし、早めにリハビリ等をした方が落ち着きやすいと思います。
  • 40代 女性 産婦人科 ホント
    妊娠・出産により変化した骨盤は、自然に戻りますが、「妊娠・出産をしたことのない骨盤の状態」に完全に戻るわけではありません。

「ホント」「どちらかというとホント」と回答した医師の多くが、「自然治癒力」により出産でゆがんだ骨盤は戻っていくという見解を示していました。
しかし、医師のコメントにもあるように、自然治癒力だけで骨盤がもとに戻るとは限らないようです。
「ウソ」「どちらかというとウソ」と答えた医師のコメントも見てみましょう。

「ウソ」「どちらかというとウソ」と回答した方

  • 30代 女性 産婦人科 どちらかというとウソ
    ある程度は自然に戻りますが、個人差があります。
  • 30代 男性 産婦人科 どちらかというとウソ
    意識して正しい姿勢を維持しないと妊娠による骨格変化はそのまま持続すると考えます。
  • 60代 男性 産婦人科 どちらかというとウソ
    産褥体操や骨盤ベルトなどの骨盤矯正をしないと、出産で変化した骨盤は元に戻りにくいと思います。

「ウソ」「どちらかというとウソ」と回答した医師のコメントでは、「骨盤矯正をした方が、骨盤が元に戻りやすい」「自然治癒力には個人差がある」といった意見が目立ちました。
出産を通して歪んでしまった骨盤は、自然治癒力によってある程度までは元に戻りますが、やはり産前の状態にまで戻るかは個人差がありそうです。
産後の骨盤の歪みが気になるといった方は、自然に戻るのを待つだけでなく、主治医に骨盤ベルトなどが必要か相談をすることも大事そうです。

最後に、産婦人科医の方々が推奨する骨盤矯正方法について聞いてみました!

骨盤矯正には「骨盤ベルト」「骨盤体操」がおすすめ

図3
  • 40代 女性 産婦人科 骨盤ベルト・ガードルの使用
    手軽で続けやすいのは、骨盤ベルトだと思います。
  • 50代 女性 産婦人科 骨盤体操、骨盤ベルト・ガードルの使用
    痛みがあれば骨盤ベルトなどで固定するのがよいと思います。
  • 40代 女性 産婦人科 骨盤体操、骨盤ベルト・ガードルの使用
    骨盤ベルトの巻き方の指導も重要です。
  • 30代 男性 産婦人科 骨盤体操、骨盤ベルト・ガードルの使用、整体院・整骨院での施術
    育児中に無理なく利用できる方法がオススメです。
  • 30代 女性 産婦人科 骨盤体操、骨盤ベルト・ガードルの使用
    骨盤ベルトの使用と正しい姿勢の維持が重要だと思います。
  • 60代 男性 産婦人科 骨盤体操、骨盤ベルト・ガードルの使用
    骨盤矯正に関しては、主に助産師さんに指導していただいています。
  • 60代 男性 産婦人科 その他
    本人の希望にもよるので、自然経過でいいと思います。

調査の結果、産後の骨盤矯正の方法として「骨盤ベルト・ガードルの使用」や「骨盤体操」を推奨する医師の回答が目立ちました。
特に、骨盤ベルトは育児中であっても手軽で使いやすい、という点から支持をする医師のコメントが多く伺えました。
骨盤ベルトの使い方に関して、痛みがある場合の使用や巻き方には注意が必要との見解を示す医師もおられました。
また、骨盤矯正に関しては助産師さんに任せているという医師の方もいらっしゃいました。
産後の骨盤矯正に関する悩みは、産婦人科医の主治医もしくは助産師の方に相談してみるのがよさそうです。

骨盤矯正は、個々の必要に応じて検討を

本調査では、骨盤矯正は身体に異変がない場合、「産後直後」から可能と考える医師が最も多いという結果となりました。
また、出産で歪んでしまった骨盤は、ある程度まで自然治癒力により改善されるという見解が目立ちました。
骨盤矯正の方法は、「骨盤ベルト」や「骨盤体操」を支持する医師がいた一方で、骨盤矯正の必要性について疑問を呈するコメントも伺えました。
骨盤矯正を検討する場合は、産婦人科医の主治医もしくは助産師の方に相談してみるのがよさそうです。

医師のコメント

ツイート
この記事の著者

関連する記事