症状がないことも!?癒着胎盤の症状と治療について産婦人科医141名に聞きました

妊婦
癒着胎盤の症状は、「無症状」と回答した医師が最も多く、次に「出血」が多いという結果になりました。治療は、胎盤用手剝離が最も多く、次に子宮摘出術、動脈血流遮断が挙げられていました。胎盤娩出促進操作や用手剥離でも難しい場合は、子宮動脈塞栓術か子宮全摘術を選択されるようで、妊婦さんの側も治療手順についてよく理解しておくことが大事そうです。
妊娠・出産・不妊の悩み
イシコメ運営事務局 イシコメ運営事務局

妊娠後、順調な生活を送ってきたけど、ある日癒着胎盤と言われてしまった…。
癒着胎盤は、エコー検査やMRI検査で見つかる、稀だけどとてもリスクが高い状態と言われています。
「癒着」という名の通り、胎盤が剥がれにくく、無理に剥がれてしまうと出血してお母さんに危険をもたらす可能性があるようなのです。
今回は、そんな癒着胎盤の症状や治療方法について産婦人科医に聞きました。

※ 本調査は医師専用コミュニティサイト「MedPeer(https://medpeer.jp/)」にて2017年8月16日から同年8月21日にかけて行われ、産婦人科医141名から回答をいただきました。

まずは、癒着胎盤の症状について聞いてみました。

癒着胎盤は、「無症状」か「出血」が多い

図1
  • 60代男性 産婦人科 無症状
    癒着胎盤の症状は、胎児娩出後、胎盤が分娩されないことを言います。癒着胎盤を無理矢理剥がそうとすると、激しい疼痛を訴えます。
  • 40代女性 産婦人科 無症状
    症状なく、帝王切開で剥がれないので、そのまま閉じて帰ってきたとか。経膣分娩で剥がれないと他院から搬送が多いです。
  • 50代男性 産婦人科 無症状
    とにかく胎盤の剥離兆候もなく、延々と時間が流れても胎盤が出てこないです。
  • 60代男性 産婦人科 無症状
    30分待って娩出しなければ用手剥離しているので胎盤が出ない以外症状はありません。
  • 50代男性 産婦人科 出血
    胎盤が完全に癒着していれば診断が早く対処のしようがあるのですが、中途半端に剥がれて出血するのが厄介です。
  • 80代男性 産婦人科 出血
    児娩出から30~60分経過しても胎盤が娩出せず、しかも大量ではないが持続的な出血です。
  • 60代男性 産婦人科 出血
    子宮収縮薬を使用し、静脈麻酔下に行なうが、収縮薬は大量に必要としたことがありました。

このように癒着胎盤の症状については、「無症状」と回答した医師が最も多く、次に「出血」が多いという結果になりました。
無症状と答えた医師のコメントからは、「胎盤が出ない以外症状はありません」や「延々と時間が流れても胎盤が出てこない」というように、症状は訴えないが胎盤を出すのが難しいといった内容が挙げられていました。
一方、出血と答えた医師は、「量ではないが持続的な出血」「収縮薬は大量に必要としたことがありました」というような、一刻の猶予も許さないような状況を挙げていました。
いずれにしても、現場の臨場感が伝わってくるコメントが並んでいたように思います。

次に、癒着胎盤の治療はどうなるのでしょうか?
こちらも聞いてみました。

治療は用手剥離が最も多いが、子宮を摘出することも

図2
  • 50代男性 産婦人科 胎盤用手剝離
    基本的には胎盤がなかなか剥がれないときは用手剥離ですが、超音波がそばにあり、もう一人医師がいれば超音波下に胎盤鉗子にて排出可能です。
  • 60代男性 産婦人科 胎盤用手剝離
    一般的手順通りだと思います。胎盤娩出促進操作、次いで用手剥離などの手順だと思います。
  • 30代男性 産婦人科 胎盤用手剝離
    用手剥離されなければ、収縮剤投与を行い、それでもダメなら動脈塞栓や子宮全摘かと思います。
  • 30代男性 産婦人科 胎盤用手剝離
    用手剥離が無理そうなら塞栓術か子宮全摘だと思います。
  • 40代女性 産婦人科 子宮摘出術
    子宮動脈塞栓術が間に合わない体制であれば子宮全摘が必要です。
  • 30代女性 産婦人科 胎盤娩出促進法
    重症度によります。用手剥離できる程度ならして収縮剤を使用しますが、しっかり癒着胎盤と診断されている場合は保存的に残します。

癒着胎盤の治療は、胎盤用手剝離が最も多く、次に子宮摘出術、動脈血流遮断が挙げられていました。
医師のコメントからは、まず子宮収縮剤を用いたり、用手剥離を試みるようです。
しかし胎盤娩出促進操作や用手剥離でも難しい場合は、子宮動脈塞栓術か子宮全摘術を選択するとあり、この辺りの治療手順は、妊婦さんの側も理解しておくことが大事そうです。

癒着胎盤はリスクが高いため、妊婦さんも理解が必要な病気

本調査によれば、癒着胎盤の症状について「無症状」と回答した医師が最も多く、次に「出血」が多いという結果になりました。
治療は、胎盤用手剝離が最も多く、次に子宮摘出術、動脈血流遮断が挙げられていました。
胎盤娩出促進操作や用手剥離でも難しい場合は、子宮動脈塞栓術か子宮全摘術を選択するようで、治療手順について妊婦さんも理解しておくことが大事そうです。

医師のコメント

ツイート
この記事の著者

関連する記事