高額な薬の「費用対効果」査定へ…試験導入

高額な薬の「費用対効果」査定へ…試験導入
 厚生労働省は今年度から、保険適用する医薬品や医療機器の価格算定方法に、価格と効果が見合っているかを厳しく査定する「費用対効果」の視点を導入する。
外部PICK
YOMIURI ONLINE(読売新聞)
続きを読む

医師のコメント

  • 井上 雅博
    今後、こう言った高額な医薬品の発売が続くと思いますが、一方適正に使用しなければ保険財政のダメージが大きくなります。病気の患者さんにはとりあえずどんな人でも使うのではなく、効果と経済性をしっかり見極めた上で、処方を行ってく必要性がたかそうですね。  一方、製薬企業もこの分野で開発を続けているので、どこまで保険の中で負担をするかが大きな問題になりそうです。
    投稿日時:
  • 川村 優希
    新薬開発が進み、革新的で効果も高いが費用も高い薬が次々と登場しています。例えば話題のがん治療薬「オプジーボ」もその1つで、1人の薬代が年間3500万と言われており、適応が拡大するほど日本の医療費が跳ね上がることになります。 自己負担制の導入、適応年齢の制限など日本の保険制度を揺るがす内容まで議論にあがるほど、今後も高額な薬剤による医療費逼迫は深刻になりそうです。 そういった流れの中で、費用対効果の視点から価格の調整を検討されるのは必然だと思います。良い薬があるのに使えない状況は患者さんにとっても医療者にとってもつらいこと。限られた医療財源をどう活用するのか模索していかなければなりませんね。
    投稿日時:
ツイート

関連する記事

閲覧数ランキング

  1. 寒気を伴う吐き気がある場合、考えられる病気は?どう対処すればいいの?医師518人に聞いてみました

  2. 全部無駄だったの!? イチゴ鼻の治し方を皮膚科医200人にきいてみた

  3. 妊娠したら、いつ頃赤ちゃんの性別がわかるの?産婦人科医160人に聞きました

  4. 閉経後も妊娠の可能性はあるの??産婦人科医130名に聞いてみました

  5. 腹痛のない下痢、続くなら病院へ行くべき?523名の医師に聞いてみました

  6. 風邪でかかるのは内科?耳鼻咽喉科?医師4200人アンケート調査

  7. なかなか上手く吐けない吐き気の症状がある場合、無理にでも吐くべき?適した対処法ってなに?医師524人に聞いてみました

  8. 腰痛を伴う発熱の症状がある場合は、どんな病気が原因?自宅で出来る対処法って何があるの?医師524人に聞いてみました

  9. 発熱で寝られない時の適した対処法って何?一体どんな原因が考えられるの?医師524人に聞いてみました

  10. 下痢と悪寒、両方の症状を感じる原因は?医師551名に聞きました