進行すれば命の危険も!?ホントは怖い低置胎盤のリスクと症状について産婦人科医131名に聞いてみた

横になる女性
低置胎盤のリスクとして、帝王切開・人工妊娠中絶・子宮手術の既往が上位に挙げられていました。症状は、「無症状」が多く、次に「出血」が挙げられていました。妊婦健診で見つかる場合は無症状のようですが、もし出血して量が多ければ、出産を急いだり、命に関わるケースもあるようでした。
妊娠・出産・不妊の悩み
イシコメ運営事務局 イシコメ運営事務局

低置胎盤って聞いたことがありますか?
日本産科婦人科学会の書籍には、以下のように説明されていました。

胎盤が正常より低い部分の子宮壁に付着し,組織学的内子宮口を覆うかその辺縁が同子宮口を覆っていない状態。(正常より低い部位の子宮壁に付着)

引用:胎盤の異常 - 日本産科婦人科学会 

似たような名前で前置胎盤もありますが、この資料をみると前置胎盤は「子宮の出口にかかっている状態」で、低置胎盤は「そうでない状態」のようです。
胎盤の位置で名付けられているため、低置胎盤と聞いてもあまり深刻に感じない方もいるかもしれませんが、「帝王切開も考慮」や「出血に注意」という記載も見られることから、注意が必要な状態のようなのです。
今回は、そんな低置胎盤になりやすいリスクや状態は?症状はあるの?といった疑問について、産婦人科医に聞いてみました!

※ 本調査は医師専用コミュニティサイト「MedPeer(https://medpeer.jp/)」にて2017年8月23日から同年8月28日にかけて行われ、産婦人科医131名から回答をいただきました。

低置胎盤はどんな方がなりやすいのでしょうか?
まずは、こちらから聞いてみました。

低置胎盤は、「帝王切開・人工妊娠中絶・子宮手術の既往」がリスク

図1
  • 60代男性 産婦人科 人工妊娠中絶の既往、帝王切開の既往、子宮手術の既往
    以前勤務していたセンターで、低置癒着胎盤の大量輸血症例をいくつも経験してその恐ろしさは身にしみています。開業後も疑い症例を数件、早めに高次施設に紹介して助けていただきました。
  • 50代女性 産婦人科 人工妊娠中絶の既往、帝王切開の既往、子宮手術の既往
    ただ低位なだけなら少し出血量が多いくらいで乗り切れますが、手術既往があると癒着が強固になり危険と認識しています。
  • 40代女性 産婦人科 人工妊娠中絶の既往、帝王切開の既往、子宮手術の既往
    上記が特にリスクを高めるわけではありませんが、子宮内処置の既往がある人の方が多いと思う。
  • 40代女性 産婦人科 人工妊娠中絶の既往、子宮手術の既往、その他(体外受精)
    子宮内腔の操作の既往がある例では後壁の剥離面から出血する例が多いと思います。
  • 40代女性 産婦人科 人工妊娠中絶の既往、帝王切開の既往、子宮手術の既往、出産の既往、その他(体外受精・胚移植)
    不妊治療が増加した影響もあるのか、低置胎盤や前置胎盤が増えている印象があります。
  • 40代女性 産婦人科 わからない
    前置胎盤と異なり、低置胎盤にははっきりしたリスク因子は分かっていないのではないでしょうか。

調査の結果、帝王切開・人工妊娠中絶・子宮手術の既往が低置胎盤になるリスクとして上位に挙げられていました。
ほかにも「不妊治療の影響」を挙げていた医師もいましたが、一方で「はっきりとしたリスク因子は分かっていない」とする医師もいました。
「低置癒着胎盤の大量輸血症例をいくつも経験」とするコメントや「手術既往があると癒着が強固になり危険」というコメントもみられ、低置胎盤は状態によっては大変な病気であることがわかります。

次に、低置胎盤に症状はあるのか聞きました。

低置胎盤の症状は、「無症状」または「出血」

図3
  • 50代男性 産婦人科 無症状
    経腟超音波でみると、胎盤の辺縁が内子宮口からはある程度はなれているので、出血もほとんどありません。
  • 60代男性 産婦人科 無症状
    妊娠18週と25週あたりで全例経腟エコーでスクリーニングしていますが、ほとんどが無症状です。
  • 70代男性 産婦人科 無症状
    内診又は超音波で診断されるもので、低置胎盤だからといって症状があるものではありません。
  • 40代女性 産婦人科 無症状
    出血が多ければ早産のリスクをおかしても娩出の方針とせざるをえないです。
  • 60代男性 産婦人科 出血
    低置胎盤の程度にもよりますが、前置胎盤に準ずるような無痛性の性器出血を認めることがあります。
  • 80代男性 産婦人科 出血
    子宮収縮により胎盤とのずれが生じ、出血を見ることがあります。

低置胎盤の症状は、「無症状」が多く、次に「出血」が挙げられていました。
「内診又は超音波で診断されるもの」というコメントが見られましたが、こうした妊婦健診の検査で見つかる場合は、無症状のようです。
一方で、「出血が多ければ早産のリスクをおかしても娩出の方針とせざるをえない」というコメントもあるように、出血も見られるようで、量が多ければ出産を急いだり、命に関わるケースもあるようでした。

低置胎盤は、症状がなくてもリスクが高い状態

本調査では、低置胎盤のリスクとして、帝王切開・人工妊娠中絶・子宮手術の既往が上位に挙げられていました。
症状は、「無症状」が多く、次に「出血」が挙げられていました。
妊婦健診で見つかる場合は無症状のようですが、もし出血して量が多ければ出産を急いだり、命に関わるケースもあるようでした。
低置胎盤は、名前だけだとあまり実感がわかないかもしれませんが、母体に危険がおよぶ可能性がある状態です。
方針については、主治医とよく相談することが大事そうです。

医師のコメント

ツイート
この記事の著者

関連する記事