妊娠中にニキビができやすいってホント?産婦人科医130名にアンケート調査

肌を気にする女性
調査では、妊娠でニキビができやすいかどうかは、医師のなかで意見が分かれる結果になりました。なりやすい時期や原因についても賛否はありましたが、特に妊娠前からにきびがある方は注意することが大事そうです。
妊娠・出産・不妊の悩み
イシコメ運営事務局 イシコメ運営事務局

女性なら誰もが気になるニキビですが、妊娠中にニキビができやすいって聞いたことはありませんか?
ホルモンバランスが原因という話もあれば、つわりが原因ではないか?という話も。
また妊娠中といっても時期によって体調が異なるため肌状態も変わりそうですし、そもそも妊娠中にニキビができやすいという話の真偽がどうなのかも気になるところです。
今回は、そんな妊娠中のニキビに関する疑問を現役の産婦人科医に聞きました。

※ 本調査は医師専用コミュニティサイト「MedPeer(https://medpeer.jp/)」にて2017年8月28日から同年9月6日にかけて行われ、産婦人科医131名から回答をいただきました。

まずは、妊娠とニキビが関連するのか聞きました!

妊娠とニキビの関連性は意見が分かれる

図1

  • 60代男性 産婦人科 妊娠中とニキビなどの肌トラブルは全く関連性がない
    あまり関係ないと思います。むしろ、更年期の方が多いから、妊娠中より出産後の一時期があるかもしれませんが、有意差はないだろうと考えます。
  • 60代男性 産婦人科 妊娠中とニキビなどの肌トラブルは全く関連性がない
    胎盤からのホルモン分泌による影響はあるかもしれませんが、特にニキビが増えると思ったことはないです。
  • 60代男性 産婦人科 妊娠中とニキビなどの肌トラブルは全く関連性がない
    これまで妊娠中だからニキビができたとの訴えの経験はありません。
  • 60代男性 産婦人科 妊娠中はニキビになりやすい
    肌の質によりますが、もともとニキビになりやすい妊婦さんはニキビがひどくなります。
  • 60代女性 産婦人科 妊娠中はニキビになりやすい
    妊娠中はホルモンバランスの乱れにより肌荒れにきびができやすいです。
  • 70代男性 産婦人科 妊娠中はニキビになりやすい
    理論的にはホルモン状態からニキビになりやすいと考えられます。
  • 60代女性 産婦人科 妊娠中はニキビになりにくい
    基本的には女性ホルモンが多くなるので、ニキビは少なくなるはずです。しかし、中にはニキビが以前通り続く人がわずかにいます。

妊娠でニキビができやすいかどうかは、意見が分かれる結果になりました。
妊娠中とニキビなどの肌トラブルは全く関連性がないとした医師は、あまり訴えがあった経験がない、自らも経験しなかったという意見でした。
妊娠中はニキビになりやすいとした医師は、ホルモンバランスが原因であるとした意見が多かったです。
一方で、女性ホルモンが多くなるので、ニキビは少なくなるはずとした医師のコメントもあったことから、妊娠とニキビの関連性については、一概に言えるものはなさそうでした。
なかには、もともとニキビになりやすい妊婦さんはニキビがひどくなるというコメントも見られ、その人の体質が影響しそうです。

さて、そうは言っても妊娠中にニキビができるかどうかは女性にとって気になるもの。
続いて、妊娠中にニキビができやすく注意するべき時期はあるのか聞いてみました。

ニキビができやすい時期は、妊娠初期が最も支持

図2

  • 40代女性 産婦人科 妊娠5週目〜妊娠10週目
    つわりと同様、新たなホルモン環境に慣れるまでの期間が最も変化が起こりやすいと考えます。
  • 40代男性 産婦人科 妊娠5週目〜妊娠10週目
    いわゆる安定期に入ると、にきびは少なくなる感じがします。
  • 30代女性 産婦人科 妊娠5週目〜妊娠10週目
    あまり関係ないと思うので、とりあえず妊娠5週目を選択しました。
  • 50代男性 産婦人科 妊娠35週以上
    あまり関連は感じられませんが、しいて言えば、分娩時期が近付いてくると、身体も相当重くなり、自由が利きにくくなり、風呂もはいりにくくなるためと思います。
  • 60代男性 産婦人科 妊娠10週目〜妊娠15週目
    ホルモンのバランスが一番崩れる時期、つわりによって、栄養バランスが崩れる時期なので皮膚疾患もこの時期が一番多くでると思います。
  • 60代女性 産婦人科 妊娠10週目〜妊娠15週目
    妊娠初期はツワリなどもあり、また食欲不振から胃腸の調子が良くないために、肌が荒れをきたしやすいです。

調査では、妊娠でニキビになりやすい時期は、妊娠5週目〜妊娠10週目が最も多く、次に妊娠35週以上が続きました。
医師のコメントからは、妊娠初期はつわりなどの影響やホルモンバランスが変わることで、皮膚疾患が多くなる可能性があるようです。
ただし全体を通して、妊娠とニキビの関連性がないとする医師は特定の時期はないとするコメントが多く、今回の調査は、あくまでも参考にしてもらえればと思います。

最後に妊娠中のニキビの原因について聞いてみました。

妊娠中のニキビ・肌変化はホルモンバランスが影響

  • 60代男性 産婦人科
    ホルモンバランスの変化、 食生活の変化、つわりなどによる栄養不良はあると思いますが、ニキビとの関連は不明です。
  • 40代男性 産婦人科
    やはり黄体ホルモンのせいだとは思いますが、それだけではないかもしれません。
  • 50代男性 産婦人科
    もともとにきびになりやすい方が、上記のような要因でなるのだと思います。
  • 50代男性 産婦人科
    ホルモンの影響も大きいと思いますが、生活習慣も関係していると思います。

調査では、妊娠中のニキビの原因についてホルモンバランスの変化を挙げた医師が最も多く、便秘、食生活の変化、つわりなどの影響が続きました。
医師のコメントの多くは、ホルモンバランスの変化に関する言及でした。
「肌の変化はある」としたコメントは多かったので、ニキビのできるできないに関わらず、肌変化には注意するのがよさそうです。

妊娠前からニキビのある方は注意を

本調査によれば、妊娠でニキビができやすいかどうかは、医師のなかで意見が分かれる結果になりました。
時期については妊娠初期が目立つとする意見もみられましたが、関係ないとする医師の意見もありました。
つわりなどの影響やホルモンバランスの変化が原因になる可能性があり、特に妊娠前からにきびがある方は注意することが大事そうです。

ツイート
この記事の著者

関連する記事