母乳育児で心がけることって?産婦人科医130名からアドバイスをもらいました

赤ちゃん
母乳の量を増やしたり、よい母乳が出るようにするためには、栄養バランスのよい食事をとること、休息・睡眠をとることが上位に挙げられていました。母体が感染症にかかった際の母乳かミルクかについては、「どちらでも問題ない」という意見が一番多くみられ、あくまでも無理しないことが大事そうです。
子ども・育児
イシコメ運営事務局 イシコメ運営事務局

最近、母乳育児という言葉を耳にしませんか?
とある医療機関のホームページでも、以下のように勧められていました。

母乳育児をすすめる理由

私たちは母乳育児に対して、授乳・哺乳という行動が大きな意味を持つと考えています。母乳は何より優れた栄養の供給源であると同時に、母子の絆を強める、素晴らしい自然の贈り物です。

引用:母乳育児 -独立行政法人国立病院機構 嬉野医療センター 

そんなオススメされている母乳育児ですが、どうすれば母乳の量を増やしたり、よい母乳が出るようになるのでしょうか?
さらに子育てをしていくなかでつきまとうのが、感染症。
インフルエンザシーズンもそろそろですが、万が一感染してしまったら授乳はどうしたらよいのでしょうか?
現役の産婦人科医131名に母乳育児にまつわる疑問を聞きました。

※ 本調査は医師専用コミュニティサイト「MedPeer(https://medpeer.jp/)」にて2017年8月28日から同年9月6日にかけて行われ、産婦人科医131名から回答をいただきました。

そもそも母乳育児を続けるためには、母乳が出ないとですよね。
母乳の量を増やしたり、よい母乳が出るようにするために何をすればよいのでしょうか?医師に聞いてみました。

健やかな母乳育児のためには、日頃の心がけが大事

図1
  • 50代女性 産婦人科 
    マッサージや搾乳は自己判断でやっていると乳腺炎になります。医師・助産師に相談して始めたほうがいいです。
  • 60代女性 産婦人科 
    最初のうち、母乳の出が悪くても根気よくマッサージ、ベビーに吸わせることを続けることです。
  • 60代男性 産婦人科 
    やはり個人差はありますが、上記のことはすべて大切なことですね。
  • 40代男性 産婦人科
    (上の選択肢は)全て必要です。一般によいと言われていることはやるべきです。
  • 60代女性 産婦人科 
    母乳を与えると当然ながら母親の栄養面も十分に考慮に入れることです。
  • 40代女性 産婦人科 
    母乳が思うように分泌されなくても、ご本人には責任はないこともご理解いただきたいと思います。

集計結果からは、よい母乳が出るようにするためには、栄養バランスのよい食事をとること、休息・睡眠をとることが上位に挙げられていました。
続いて乳房マッサージや適度な搾乳も挙がりましたが、これらは医師のコメントにもあるように自己判断が難しい場合があるようで、しっかり医師・助産師の指導を受けることが大事そうです。
一方で、もし母乳が思うように分泌されなくても責任を感じないようにという医師のアドバイスもありました。

次に冬場や季節の変わり目だと風邪を引いたり、インフルエンザにかかったりしてしまう可能性もあると思います。
こうした感染症にかかった場合、授乳はどうすればいいのでしょうか?
赤ちゃんにうつってしまうのも心配ですが、母乳を続ける体力もあるの?という心配もあります。こちらも医師に聞いてみました。

感染症にかかった場合は、母乳でもミルクでもOK

図2
  • 50代女性 産婦人科 どちらでも問題ない
    母体の状態が良ければ母乳を続けてもらいますが、発熱等でつらいときは無理に授乳せず、ミルク等で行うよう指導しています。
  • 60代男性 産婦人科 どちらでも問題ない
    そういう症例にあったことはありませんが、母乳が出なかったら、ミルクでも構わないですよ。回復したら、母乳がまた出ますので。
  • 60代男性 産婦人科 どちらでも問題ない
    母乳から感染ということではなく、母乳を上げる際の接触により感染する可能性が高いです。
  • 50代男性 産婦人科 どちらでも問題ない
    希望されれば母乳でいいと思いますが、発熱あり、しんどければミルクでいいでしょう。
  • 50代男性 産婦人科 母乳による授乳をする
    母体から児への飛沫感染を避けつつ行えば児への感染率は変わらないことが立証されています。
  • 50代男性 産婦人科 ミルクで授乳をする
    高熱、消耗性疾患で母体の状態が悪い場合は、無理に母乳を与えることはしないこと好ましいです。

集計結果では、母体がインフルエンザなどかかった際の母乳かミルクかについて「どちらでも問題ない」が一番多いという結果になりました。
母から子に唾液や咳などでうつらないようにすれば、感染症にかかっていても母乳を続けてもよいという意見もありましたが、一方で高熱でつらい状態が悪い場合は、無理に母乳を与えなくてもよいという意見もみられました。
まとめると、お母体さんに体力があれば感染症のときでも注意しながら母乳を続けても大丈夫。でも、あくまでも無理しない範囲で行うのがよさそうです。

母乳育児を続けるためには、無理しないことが大事

本調査によれば、母乳の量を増やしたり、よい母乳が出るようにするためには、栄養バランスのよい食事をとること、休息・睡眠をとることが挙げられていました。
続いて乳房マッサージや適度な搾乳も挙がりましたが、これらは医師のコメントにあるように自己判断難しい場合もあるようで、しっかり医師・助産師の指導を受けることが大事そうです。
母体がインフルエンザなど感染症にかかった際の母乳かミルクかについては、「どちらでもない」が一番多いという結果になりました。
お母さんに体力があれば感染症のときでも注意すれば母乳を続けても大丈夫なようですが、あくまでも無理しない範囲で行うのがよさそうですね。

ツイート
この記事の著者

関連する記事