妊娠中のニキビにお悩みのあなたに!産婦人科医130名のアドバイスをまとめました

肌を気にする女性
妊娠中のニキビ対策は、食生活の見直しを挙げた医師が最も多く、次に皮膚科受診、休息、スキンケア用品を揃えるという回答が続きました。重症だと皮膚科医師に相談するよう促すコメントもあり、ひどいニキビの場合は妊婦検診で相談するだけでなく、皮膚科受診も検討した方がよさそうです。
妊娠・出産・不妊の悩み
イシコメ運営事務局 イシコメ運営事務局

皆さんは、普段のニキビにどう対処されていますか?
もし妊娠したら、ニキビの対処方法ってどうしたらいいのでしょうか?
通常であれば油ものを控えたり、洗顔をしっかりするといったイメージもありますが、妊娠すると気をつける点は変わるのでしょうか?
今回は、妊娠中のニキビ対策やスキンケアについて産婦人科医に聞きました。

※ 本調査は医師専用コミュニティサイト「MedPeer(https://medpeer.jp/)」にて2017年8月28日から同年9月6日にかけて行われ、産婦人科医131名から回答をいただきました。

まずは、妊娠中のニキビ対策について聞きました。

妊娠中のニキビには、食生活の見直し、皮膚科受診、休息やスキンケアを

図1
  • 60代女性 産婦人科 食生活の見直し・十分な睡眠・休息をとりリラックスする
    体の変化に伴う食事の管理で野菜を中心としてバランスの良い食事をとること。睡眠時間を充分に取ることを心がけることです。
  • 40代男性 産婦人科 医療機関の受診(産婦人科もしくは皮膚科)・その他(スキンケア)
    妊娠中なので、なるべく医療機関で処方した薬を使ったほうが良いかもしれません。
  • 50代男性 産婦人科 十分な睡眠・休息をとりリラックスする
    心豊かに過ごすことは大事だと思います。適度な洗顔と保湿も大事かと思います。
  • 60代男性 産婦人科 石鹸や化粧品を変える・その他(皮膚科受診を勧める)
    洗顔が大事、使用する薬剤は皮膚科に相談するのがよいと思われます。
  • 50代男性 産婦人科 医療機関の受診(産婦人科もしくは皮膚科)・市販薬の使用
    軽症であれば市販薬、重症であれば皮膚科受診が望ましいです。

妊娠中のニキビの対処には、食生活の見直しを挙げた医師が最も多く、次に皮膚科受診、休息、スキンケア用品を揃えることが続きました。
軽症であればニキビの薬は、市販薬でもよいとする意見も見られましたが、重症であれば皮膚科受診が望ましいとする意見もありました。
本調査は複数回答していた医師が多く、例えば食事の見直しだけでなく、休息のための環境調整、スキンケア用品を揃えることもあわせるというような、ニキビに対して多面的な対処を推奨した医師が多い印象でした。

さて、そのなかでもスキンケアの方法ってどうしたらいいのか気になりますよね?
こちらはもう1つ踏み込んで聞いてみました。

スキンケアは、化粧水や石鹸、保湿などが大事

図2
  • 60代男性 産婦人科 肌への刺激が少ないタイプの化粧水の使用・今の体質にあう化粧水を探す・葉酸などが含まれているサプリメントを摂取
    天然由来の成分といっても、やはり体質的にあうあわないがあるので、今の体質に合うものが一番ではないでしょうか。
  • 50代男性 産婦人科 天然由来成分の石鹸の使用
    洗顔の後、保湿系のクリームを使うのが良いと思っています。
  • 40代男性 産婦人科 肌への刺激が少ないタイプの化粧水の使用・今の体質にあう化粧水を探す・化粧水のあとにしっかりと保湿する
    アトピー性皮膚炎と同じで、妊娠中は肌のバリアが弱くなると説明しています。
  • 40代男性 産婦人科 天然由来成分の石鹸の使用・化粧水のあとにしっかりと保湿する
    まず肌ヨゴレを落としてからの保湿が大事であると考えております。
  • 40代女性 産婦人科 今の体質にあう化粧水を探す
    人により合う化粧水は違うので、自分自身で探してもらいます。

スキンケアについては、化粧水や石鹸、保湿などを支持する医師が多いという回答結果になりましたが、人によって合う合わないがあるとするコメントもあり、自分に合う化粧水や石鹸を探すことが大事そうです。
なかには皮膚科医師に相談するよう促すコメントもあり、ニキビがひどい場合は妊婦検診で相談するだけでなく、皮膚科受診をすることがよさそうです。

妊娠中のニキビは、ひどければ皮膚科に相談を

本調査では、妊娠中のニキビ対策は、食生活の見直しを挙げた医師が最も多く、次に皮膚科受診、休息、スキンケア用品を揃えるという回答が続きました。
スキンケアについては、化粧水や石鹸、保湿などが挙げられていましたが、人によって合う合わないがあるとするコメントもありました。
重症だと皮膚科医師に相談するよう促すコメントもあり、ひどいニキビの場合は妊婦検診で相談するだけでなく、皮膚科受診も検討した方がよさそうです。

医師のコメント

ツイート
この記事の著者

関連する記事