緊急時に身体情報や連絡先を表示できる「メディカルID」のこと、ご存じでした?:iPhone Tips - Engadget Japanese

緊急時に身体情報や連絡先を表示できる「メディカルID」のこと、ご存じでした?:iPhone Tips - Engadget Japanese
iOS 8から標準搭載されるようになった「ヘルスケア」アプリには、「メディカルID」を登録する機能があります。これを登録していた場合、万が一倒れて救急車で搬送されるような事態に陥った場合に、身体情報や、緊急連絡先を表示させることが可能です。有事の際に医療関係者に伝えたい情報を、あらかじめ登録しておきましょう
外部PICK
Engadget Japanese
続きを読む

医師のコメント

  • 石見 陽
    知らなかった!というわけで入力してみました。 臓器提供の意思が、二択しかない(臓器毎に選択できない)などカスタマイズされていない感はありますが、他の先生方も書かれている通り既往歴や内服薬など必要最低限の情報は自分を守ることに繋がります。 逆に医療従事者側が知らない、という事態が起きるでしょうね。。
    投稿日時:
  • 奈良原 裕
    救急医療に従事する立場としては、既往歴やアレルギー歴、家族連絡先などは早めに知りたい情報です。ロック画面から見れるところに意義がありますが情報漏洩を危惧する声も聞かれます。けれども、iPhoneを紛失するということは財布やPCを紛失するのと多くの方は今や同等だと思いますので個人個人で管理を十分に行いメディカルIDのメリットを生かす方がいいと個人的には思います。
    投稿日時:
  • 川村 優希
    もし問診に答えられるような状態ではなかった場合でも、既往歴、内服薬、アレルギーなどがメディカルIDに登録されていればすぐに確認できます。救急外来の場面において患者さんの背景を知ることができるということは診断治療をすすめるうえで大切な情報です。 せっかく登録された情報を活用できるよう、医療関係者の中でも認知度を高めなければいけないですね。
    投稿日時:
  • 目々澤 肇
    iPhoneの標準ソフト「ヘルスケア」から、緊急画面で表示できる「メディカルID」についてご紹介いたします。雑誌での読みかじりで委員会にて「こういうのあるよね」という会話はしていても実際に開いて入力したりはしていませんでした。それなりの立場の人間なのにはなはだ灯台もと暗し。自戒を込めて引用いたします。奈良原先生@菊名病院に教えていただきました。 確かにiPhoneを紛失した時に個人情報が漏れるなどの可能性もありますが、自身の救急時に自ら最低限の医療情報を提示することは絶対に重要です。
    投稿日時:
ツイート

関連する記事