閉経後も妊娠の可能性はあるの??産婦人科医130名に聞いてみました

横になる妊婦
今回の調査では、更年期や閉経後に妊娠する可能性は非常に低いという結果になりました。ですが、閉経かと思っていたら妊娠したという患者を診たことがあるという医師の体験談もありました。自分が閉経したかあいまいなときは自己判断せず、医師に診断してもらうのがよさそうです。
妊娠・出産・不妊の悩み
イシコメ運営事務局 イシコメ運営事務局

日本人女性は平均50歳ごろに閉経が訪れると言われています。
閉経とは月経(生理)が停止することです。
つまり排卵が起こらなくなり、閉経後は妊娠しないように思えます。
しかし、閉経後も妊娠する可能性があるという話を聞くこともあります。
一体どういうことでしょうか。今回はそんな疑問を産婦人科医130名に聞いてみました!

※ 本調査は医師専用コミュニティサイト「MedPeer(https://medpeer.jp/)」にて2017年9月5日から同年9月13日にかけて行われ、産婦人科医131名から回答をいただきました。

更年期にも妊娠するの?

まずは更年期には妊娠の可能性があるのか、聞いてみました。
ちなみに更年期の定義はこちらです。

閉経前後の5年間を更年期と呼び、この期間に現れるさまざまな症状の中で他の病気に伴わないものを更年期症状と呼び、その中でも症状が重く日常生活に支障を来すものを更年期障害と呼びます。

引用:更年期とは -日本産科婦人科学会

今回は「閉経前5年間ほど」という意味で調査を行いました。

では早速見ていきましょう。

図1
  • 60代男性 産婦人科 かなり稀である
    45才位までは妊娠の可能性はあると思います。閉経と思って来院された患者さんが妊娠だった経験があります。基本的には更年期は黄体期の短縮、無排卵で妊娠しにくい状態のはずですがごく稀に妊娠する位ホルモン状態が良い事があります。
  • 40代女性 産婦人科 かなり稀である
    更年期の定義も容易ではありませんが、閉経前5年との定義ですからおよそ45歳以上と考えると、稀です。妊娠成立した場合、異常妊娠の頻度が高く、要注意ではあります
  • 50代女性 産婦人科 かなり稀である
    自分では、53歳の胞状奇胎妊娠(初めての妊娠),同僚の先生は55歳の同病気妊娠の経験があります。
  • 50代女性 産婦人科 かなり稀である
    最近、40歳超の自然妊娠が増えてきている感じがあります。45歳過ぎでもまれに妊娠を見ます
  • 40代男性 産婦人科 かなり稀である
    月経がある間は、可能性は低いものの、妊娠の可能性はあります。

今回の調査では、8割の医師が「かなり稀である」と回答しました。
理由として挙げられていたのが、ホルモンの状態が良好であることです。
更年期でもホルモンが良い状態だと、妊娠することがあるということのようです。
また、この時期に妊娠するリスクを挙げる意見もありました。
更年期の妊娠は高齢妊娠になりますので、異常妊娠の可能性が高いようです。
更年期での妊娠の患者を診たことがあるというコメントもいくつかありましたが、いずれも胞状奇胎などの症状があったそうです。

<参考>
胞状奇胎とその娩出後管理(http://www.jsog.or.jp/PDF/59/5911-682.pdf

閉経後はさすがに妊娠しない・・・?

続いて、無月経が長い場合、そこから妊娠する可能性はあるのか聞いてみました。

図2
  • 50代男性 産婦人科 どちらかというと低い
    無月経の原因が何かによって可能性は変わります。更年期ではなくたまたま他の原因で無月経の患者が治療で月経が再開した場合は妊娠の可能性はあります。
  • 60代男性 産婦人科 どちらかというと低い
    年齢によると思います。30代であれば、1年以上無月経であっても、妊娠する事はありえます。逆に40代後半であれば、妊娠する可能性は極めて低いでしょう。
  • 60代男性 産婦人科 かなり稀である
    閉経後であれば、ほとんど可能性はないと思います。思い出したように卵巣が働く事はあるので、絶対とは言えないと思います。
  • 50代女性 産婦人科 かなり稀である
    閉経と正しく診断された方ならば、卵子提供、体外受精―胚移植では可能性はありますが、自然妊娠では不可能でしょう。
  • 60代男性 産婦人科 かなり稀である
    閉経期を迎えて1年以上無月経だった女性が妊娠する可能性はまずないでしょう。
  • 40代女性 産婦人科 かなり稀である
    授乳中で無月経であった、という症例であれば、決して稀ではありません。

今回の調査では、「かなり稀である」という回答が最多となりました。
医師のコメントを見てみると、閉経後であった場合はやはりほとんど妊娠の可能性はないようです。
卵子提供や、体外受精ならば可能性はあるという意見も見られますが、どちらにしてもとても稀であることに変わりはないでしょう。

妊娠と閉経を勘違いする患者さんはいる?【体験談】

ここでは、実際に医師の体験談を聞いてみました。
妊娠と閉経、どちらも月経が停止するので、中には勘違いされる患者さんもいるかもしれません。
では見てみましょう。

図3
  • 70代男性 産婦人科 ある
    45才不妊で妊娠暦なし。胃腸症状で投薬希望の方でした。胃の薬を出していましたが、また数日後悪心があり来院されました。ところで月経はどうですかと聞くと、もう閉経していますとの事。念のため妊娠検査を行ったところ、妊娠が判明しました。結婚以来20数年ぶりの妊娠で、おまけに双子でした。無事満期産となりました。
  • 60代男性 産婦人科 ある
    合併症として精神科疾患のある女性は、投薬により極めて月経が不順になる方がいますが、たまに、妊娠症例があります。本人に聞くと、閉経したと思っていたとの返事が返ってきました。
  • 60代女性 産婦人科 ある
    腹痛で緊急受診した内科で腹部CTを撮って胎児が写っていたとのことで、緊急紹介を受けました。良く言われますが、こんなこと本当にあるとは思っていませんでした。
  • 40代女性 産婦人科 なし
    無月経だが妊娠ではない(そういう可能性はない)、と言い張る方は時々経験しましたが、「閉経と思っていた」とおっしゃる方は、経験ありませんでした。
  • 50代男性 産婦人科 なし
    妊娠に気づかない人は経験がありませんが、不正出血などでこられ、妊娠であった方はいらっしゃいます

閉経と妊娠勘違いの症例の経験がある医師は4割弱にとどまりましたが、なかなか興味深いコメントもありました。
45歳で双子の妊娠はかなりハイリスクだとは思いますが、無事出産できたのは本当にすごいですね。
また、経験なしと回答した医師の中にも、無月経や不正出血での受診の際に実は妊娠だったと判明するケースがあったようです。
閉経以外にも、妊娠ではないだろうと勘違いしてしまうこともあるみたいですね。

閉経間際の妊娠は稀だが、決めつけはNG!

今回の調査では、更年期や閉経間際に妊娠することは非常に稀であるという結果になりました。
しかし、医師のコメントや体験談にもあるように、閉経だと思っていたら違ったことや、更年期であっても妊娠することもあるようです。
もし自分が閉経したかわからないときは、医師に診断してもらうのがよさそうですね。

医師のコメント

ツイート
この記事の著者

関連する記事