妊娠うつってどんな病気?症状と原因について産婦人科医120名に聞きました

落ち込む女性
妊娠うつの症状として最も支持されたのは、「気持ちの落ち込み」で、次に「些細なことでイライラ」「不眠・過眠」が続きました。原因は、「陣痛・出産への不安緊張」と「妊娠によるホルモンバランスの変化」が多くの支持を集めていました。
妊娠・出産・不妊の悩み
イシコメ運営事務局 イシコメ運営事務局

妊娠すると精神的に不安定になりやすいって聞いたことはありませんか?
あまりひどいと妊娠期間中にうつ病になることがあるらしく、巷では「妊娠うつ」とよばれるようなのです。
兵庫医科大学の研究結果では、「約10%の妊産婦が精神科コンサルテーションを要すると判断された」とあり、決して妊娠中のうつ病は稀なことではないとわかります。

<参照>
「うつ病等の精神疾患合併妊産婦の診療と支援について」

今回は、そんな妊娠中のうつ病のなかでも、その原因と特徴的な症状について産婦人科医127名に聞きました!

※ 本調査は医師専用コミュニティサイト「MedPeer(https://medpeer.jp/)」にて2017年8月31日から同年9月12日にかけて行われ、産婦人科医127名から回答をいただきました。

まずは、妊娠中のうつ病の症状について聞きました。

妊娠中に落ち込みやイライラがひどいと注意

図1
  • 40代男性 産婦人科 
    どれもありえますが、うつの症状はさまざまで、だから診断が難しいです。
  • 60代男性 産婦人科 
    今までしたいと思っていたことに、興味を失うことが多いと思います。
  • 30代女性 産婦人科 
    症状は人それぞれですが、気持ちの落ち込みがベースにあります。
  • 60代女性 産婦人科 
    異様に攻撃的で、あとで「うつ」と判明したことがあります。
  • 70代男性 産婦人科
    自殺願望がでるのが一番注意しなければなりません。
  • 40代女性 産婦人科
    気持ちのコントロールがつかなくなる方が多いです。

集計結果では、妊娠うつの症状として最も支持されたのは、「気持ちの落ち込み」で、次に「些細なことでイライラ」「不眠・過眠」が続きました。
医師のコメントで「どれもありえます」とあり、他にもいくつか支持された症状があったことから、人によって見られる症状は多様なのかもしれません。
その他にも、興味を失うこと、攻撃的な状態、気持ちのコントロールがつかない状態などもうつの可能性があるという医師の指摘がありました。
妊娠して大変そうにしている妊婦さんがいれば、本調査の選択肢を参考に評価してもらい、該当する方がいたら、医師への相談を促してもらうとよさそうです。

次に、妊娠中のうつの原因について聞きました。

妊娠中のうつの原因は、陣痛・出産に伴う不安緊張とホルモンバランスの変化

図2
  • 40代女性 産婦人科
    一番は不安感だと思いますが、基礎的な背景なども関連していると思います。
  • 60代男性 産婦人科
    妊娠、合併症、出産への不安と自分の体型が変わることです。
  • 50代男性 産婦人科
    出産に対する不安とその後の育児に関する不安が重なることが影響していそうです。
  • 60代女性 産婦人科 
    人によってさまざまだと思います、しかしホルモンのバランスが大きいかと思われます。
  • 30代女性 産婦人科
    自分の経験も含め、ホルモンバランスが一番かと思っています。
  • 50代男性 産婦人科
    元々の資質と、パートナーとの関係性も影響していると感じています。
  • 50代男性 産婦人科
    本人の性格や家族のサポート体制にもよります。
  • 70代男性 産婦人科
    きめこまかい対応が大切です。傾聴と同意、説明など重要です。
  • 60代男性 産婦人科 
    ほとんどすべて鬱の原因になります。だいたい、出産前後が、鬱の好発時期ですから。

妊娠うつの原因として、「陣痛・出産への不安緊張」と「妊娠によるホルモンバランスの変化」が同率1位で最も多くの支持を集めていました。
不安緊張については、妊娠中の合併症や出産の不安、出産後の育児などイベントが多い妊娠ならではの悩みがあることで起こりやすいと思われました。
周囲のサポート体制の影響もあるという医師の指摘もあり、妊婦さんのまわりにいる人達の配慮も必要そうですね。

妊娠中のうつは、症状も原因もさまざま

本調査によれば、妊娠うつの症状として最も支持されたのは、「気持ちの落ち込み」で、次に「些細なことでイライラ」「不眠・過眠」が続きました。
集計では他にも支持された症状が複数あったことから、人によって見られるうつ症状はさまざまなようです。
妊娠うつの原因としては、「陣痛・出産への不安緊張」と「妊娠によるホルモンバランスの変化」が最も多くの支持を集めていました。
いずれにしても、妊娠された女性はカラダも心も大変な状況になるため、周囲のサポートを得て対処していくことが大事そうです。

医師のコメント

ツイート
この記事の著者

関連する記事