ついに厚労省も削減へ 「抗生物質」に潜む危険と勘違い | 日刊ゲンダイDIGITAL

ついに厚労省も削減へ 「抗生物質」に潜む危険と勘違い | 日刊ゲンダイDIGITAL
 風邪をひいたら、とりあえず医者に抗生物質を処方してもらって飲む――。こんなパターンをずっと続けている人は多いので...
外部PICK
イシコメ運営事務局 日刊ゲンダイDIGITAL
続きを読む

医師のコメント

  • 石見 陽
    抗生物質は細菌に対して効果を発揮する薬で、ウイルスには効きません。そして、一般的な風邪のほとんどはウイルスによって発症します。 その通りです。私が医師になってもう10数年経ちますが、風邪に対して抗生物質を出さないことで、不満を訴える患者さんはまだ一定割合います。昔何かの強力な宣伝活動があったのでしょうか??不思議でなりません。。
    投稿日時:
ツイート

関連する記事