へその緒の異常は出産前に治療できるの?産婦人科医130名に聞いてみました

子どものお腹
今回の調査では、へその緒の異常は、辺縁付着、卵膜付着、臍帯巻絡など超音波検査で確認できるものもあるが、出産前の治療は難しいという結果となりました。症状によっては帝王切開の可能性もあるようで、赤ちゃんが一番安全に生まれてこられる方法を選択できるといいですね。
妊娠・出産・不妊の悩み
イシコメ運営事務局 イシコメ運営事務局

前回の記事で、へその緒にどんな異常が起こる可能性があるのか、起こった場合母子にどんな危険があるのかなどを調査しました。
今回は、そんなへその緒の異常を出産前に確認できるのか、また治療はできるのかなどを産婦人科医に聞いてみました。
前回の記事をまだご覧になっていない方は、そちらもぜひご覧ください。

<関連記事>
へその緒の異常が赤ちゃんに危険を及ぼすことも!?臍帯の異常について産婦人科医130名に聞いてみました

※ 本調査は医師専用コミュニティサイト「MedPeer(https://medpeer.jp/)」にて2017年9月5日から同年9月13日にかけて行われ、産婦人科医131名から回答をいただきました。

へその緒の異常は確認できるの?

へその緒はママの体の中にあるものですから、異常があるのかどうか自分で判断することはできないですよね。
でも、異常があるかどうかは知りたいところだと思います。
そこで、まずは出産前にへその緒の異常は確認できるのか、聞いてみました。

図1
  • 50代男性 産婦人科 症例によっては確認可能
    臍帯巻絡、臍帯卵膜付着、臍帯辺縁付着などはわかりやすいですが、真結節はわかりにくいです。通常超音波で、臍帯のすべてはチェックしていません。
  • 50代女性 産婦人科 症例によっては確認可能
    卵膜付着は見つけなければならないと思います。臍帯巻絡は見つけても患者さんにいらぬ心配をかけるので黙っておきます。
  • 50代男性 産婦人科 症例によっては確認可能
    辺縁〜卵膜付着・臍帯巻絡・臍帯下垂は妊娠中の超音波検査で診断可能です。臍帯脱出は論外です。
  • 50代男性 産婦人科 多くの症例で確認可能
    常に超音波で臍帯付着部位、臍帯動脈の数、捻転の程度、推定される長さ、臍帯巻絡の程度を確認していれば対応できます。
  • 40代女性 産婦人科 多くの症例で確認可能
    超音波が頻回に行われるようになっていますので、診断がつかないものの方が少ないです。
  • 60代男性 産婦人科 不可能
    臍帯について超音波検査をやってきましたが、偶然見つけたというレベル以上はハイリスクを抽出できませんでした。

7割以上の医師が、「へその緒の異常は症例によっては確認可能である」と回答しました。
医師のコメントでは、辺縁付着、卵膜付着、臍帯巻絡は見つけやすいという意見が多くみられました。
現在は超音波検査の回数が多いため異常があれば見つかりやすい、大した異常でない場合は患者に余計な心配をかけないため言わないこともあるとする回答もありました。
もし小さい異常でも何かあれば教えてほしいという場合は、主治医と相談して取り決めておくとよいかもしれません。
ともあれ、ある程度のへその緒の異常は出産前の超音波検査で発見できるそうです。

 

出産前に治療可能なへその緒の異常はあるの?

では出産前に異常が確認できたとして、いつごろ治療できるのでしょうか。
さらに出産前に確認して、そのまま治療できる症状もあるのでしょうか。
続いてはこの疑問を聞いてみました。

図2
  • 40代女性 産婦人科 ない
    お腹にいる間は問題にならないケースも多いです。問題になりやすいのは分娩時で、場合によって帝王切開という形で対処します。
  • 50代男性 産婦人科 ない
    臍帯に何らかの異常があっても分娩前には手はだせません。分娩時に、血流障害につながれば、緊急帝王切開で対応します。
  • 60代男性 産婦人科 ない
    胎児にとって致死的な臍帯異常については、早く診断して帝王切開で出産するしかないでしょう。
  • 50代男性 産婦人科 ない
    治療は不可能です。経膣分娩とするか、帝王切開とするかの判断材料になることはあります。
  • 50代男性 産婦人科 ある
    臍帯下垂であれば超音波検査で診断し、事前に帝王切開で娩出可能です。
  • 50代男性 産婦人科 ある
    できるのは臍帯下垂の用手環納くらいです。その他は子宮内の出来事なので難しいですね。

9割弱の医師が「出産前に治療はできない」と回答する結果となりました。
へその緒に何か異常がある場合は、分娩時に帝王切開などの対応を取るとする医師が多く、出産前に治療ができるとした医師も、早期の帝王切開を挙げるコメントがほとんどでした。
今回の結果からは、へその緒の異常を出産前に対処するのは基本的に難しいと言えそうです。

もしへその緒の異常がわかったら

今回の調査では、へその緒の異常は超音波検査でわかるものもあるが、出産前の治療は難しいという結果となりました。
症状によっては、出産時に帝王切開になることもあるようです。
もし超音波検査でへその緒の異常が見つかった場合は、医師とよく相談し、赤ちゃんが一番安全に生まれてこられる方法を選択しましょう。

医師のコメント

ツイート
この記事の著者

関連する記事