吸引分娩が行われるのはどんな時ですか?産婦人科医120名に聞きました

赤ちゃんの足
吸引分娩を行う適応は「子宮口の全開」が最も多く、「児頭が確認できる位置まで降りてきている」、「明らかなCPD(児頭骨盤内不均衡)がない」が続きました。また、「微弱陣痛によりお産が長引き、母子ともに衰弱している場合」、「胎児機能不全に陥っている場合」、「新生児仮死状態の場合」などの場面では、吸引分娩を急ぐようでした。
妊娠・出産・不妊の悩み
イシコメ運営事務局 イシコメ運営事務局

皆さんは、出産で一刻を争う場面になったとき、吸引分娩(きゅういんぶんべん)という方法を行うことがあるって知っていましたか?
吸引分娩については、とある医療機関のサイトで、以下のように説明されていました。

吸引分娩・鉗子分娩

もう少しで赤ちゃんが生まれそうというところまでお産が進んで(子宮の出口は完全に開いて赤ちゃんも十分降りてきている)いるけれど陣痛が弱かったり、赤ちゃんが苦しくなったりして早く分娩にした方が良いとき、赤ちゃんの頭に吸引カップや鉗子(金属の器械)を装着して引っ張り出すことがあります。
赤ちゃんの頭に産瘤(狭い産道を通る時にできる頭の浮腫)や頭血腫(赤ちゃんの頭の皮下に出血してできる血液の塊)ができることがあります。
これは通常のお産でも生じ、多くは自然に吸収されますが、吸引分娩や鉗子分娩では頻度が上がります。

引用:当院でお産をされる方へ,p14,吸引分娩・鉗子分娩 - 東京都病院経営本部 

つまり、陣痛が弱くなったり、赤ちゃんの状態が芳しくなくなったりして早く出産をした方が良いときに、吸引カップで引っ張り出すようでした。
そんな吸引分娩ですが、どんな時に行われるものでしょうか?現役の産婦人科医122名に聞きました!

※ 本調査は医師専用コミュニティサイト「MedPeer(https://medpeer.jp/)」にて2017年9月21日から同年9月25日にかけて行われ、産婦人科122名から回答をいただきました。

まずは、吸引分娩って聞きなれませんが、普段産婦人科で行われているものなのでしょうか?
産婦人科医の皆さんが、これまで吸引分娩を行なった経験があるのかを聞いてみました。

吸引分娩は、ほとんどの産婦人科医が経験

図1
  • 80代男性 産婦人科 ある
    新生児の頭の回転が少し悪いため 児頭が出にくいとき 吸引分娩で少し回転気味に引くと早く出る場合があります。
  • 50代女性 産婦人科 ある
    産婦人科医ならば誰でもあると思いますが、最大4800gを154cm位の妊婦から出したことがあります。
  • 40代男性 産婦人科 ある
    吸引分娩でなんとか分娩に至った症例から吸引分娩でスムーズに分娩に至った症例など様々です。
  • 60代男性 産婦人科 ある
    正常分娩でも、吸引をかけたつもりで力のかける方向を学ぶようにとよく言われました。
  • 40代男性 産婦人科 ある
    児頭が出かけた段階でカップをかけて,なんとか娩出できた時は安堵するものです。
  • 60代男性 産婦人科 ある
    胎児徐脈等で急速遂娩が必要になり、要約を満たせば帝王切開より早く娩出できます。
  • 30代男性 産婦人科 ある
    胎児機能不全などで急速遂娩が必要な際に吸引分娩を行なっています。
  • 40代女性 産婦人科 ある
    産科医なので当然、急遂分娩の方法として行っている。
  • 50代男性 産婦人科 ある
    産婦人科ガイドラインや適応に則って行っております。

集計結果では、アンケートに回答したほぼ全員の産婦人科医が吸引分娩の経験があるという結果になりました。
医師のコメントからは、「胎児機能不全(たいじきのうふぜん)などで急速遂娩(きゅうそくすいべん)が必要な際」、「新生児の頭の回転が少し悪いため 児頭(じとう)が出にくいとき」といったように、一刻を争うような場面で出産を急ぐ際に吸引分娩が必要になるようでした。
なお、コメント内にある急速遂娩(きゅうそくすいべん)とは、日本産科婦人科学会の説明によると、以下の通りでした。

急速遂娩

胎児状態あるいは母体状態の悪化,あるいは分娩進行における不具合等により,可及的早期の児娩出が望まれる場合がある.その際には子宮口の状態や胎児の下降度より最適な娩出の手段を判断していくこととなる.考慮される手段としては吸引分娩,鉗子分娩,あるいは緊急帝王切開術があり,一般的にこれらを急速遂娩術と総称する.

引用:急速遂娩 - 日本産科婦人科学会 

赤ちゃんの状態あるいはお母さんの状態が悪くなったときとなると、やはり大変な状況になることが伺える説明でした。
また、多くの医師が吸引分娩を行うかどうかについては、産婦人科医のガイドラインにも適応について記載があると言及していました。

次に、吸引分娩を行う場面はどんなときかを聞いてみました。

吸引分娩の適応は、ガイドラインに明記されている

図4
  • 50代男性 産婦人科
    今は実施していないので、以前の条件ですが、回旋、下降位置が大切です。さらになぜ急ぐ必要があるのかが最も大事です。
  • 40代男性 産婦人科
    もちろん適応はありますが、適応を守ったからといって必ず出るわけではありません。
  • 40代女性 産婦人科
    適応のある吸引可能な症例かは見極めています。無理な場合は帝王切開に切り替えます。
  • 40代男性 産婦人科
    児頭が出かけた段階でカップをかけて,なんとか娩出できた時は安堵するものです。
  • 30代女性 産婦人科
    吸引できる自信があり、ガイドラインを満たす場合に、同意を得て行います。
  • 40代女性 産婦人科
    鉗子分娩基準よりも更に児頭の下降が進んでいることが条件だと思います。
  • 40代女性 産婦人科
    吸引分娩を試みて良い条件は、決まっています。
  • 60代男性 産婦人科
    産科医は、胎児仮死に遭遇した時、吸引分娩か帝切かの基準を持っています。

集計結果では、吸引分娩を行う場面は「子宮口の全開」が最も多く、「児頭が確認できる位置まで降りてきている」、「明らかなCPD(児頭骨盤内不均衡)がない」が続きました。

「吸引分娩を試みて良い条件は、決まっています」という医師のコメントがありましたが、調べたところ吸引・鉗子分娩の適応は、以下のようにガイドラインに則って決まったものがあるようでした。

<参照>産婦人科診療ガイドライン
7)吸引・鉗子分娩について - 日本産科婦人科学会 

比べてみると、アンケートの集計結果の上位になった内容とガイドラインの内容一致していることがわかります。
医師のコメントにも吸引分娩を行う回数について言及がありましたが、「吸引術(滑脱回数も含める)は5回まで」というガイドラインの記載どおり、吸引分娩を行うにはあらかじめ設定された回数を守る必要があるようでした。
吸引分娩は、こうした詳細なガイドラインにもとづいて行われているとは私も初めて知りましたが、専門用語も多く、内容も難しいものが多いため、心配な方は主治医に聞かれることをおすすめします。

最後に、吸引分娩を早急に行わないといけない場面とは、どんな時なのでしょうか?こちらも聞いてみました。

吸引分娩を急ぐのは、お母さんの疲れがひどかったり、赤ちゃんの状態が悪くなったとき

図5
  • 50代男性 産婦人科
    いわゆる急速遂娩の必要があり、吸引分娩で娩出させる自信がある場合ですね。自信なければ帝王切開へ移行します。
  • 60代男性 産婦人科
    1番の適応は遷延分娩で、産婦が疲労していて怒責がかけれなくなっているための場合は、吸引がかなり有効です。
  • 50代女性 産婦人科
    自力分娩をする力が十分でない、胎児適応があるなどで帝王切開しないで出せそうな時を適応とします。
  • 50代男性 産婦人科
    ガイドラインで吸引の回数に制限がかかっているので、排臨手前まできていないと実施できないです。
  • 50代女性 産婦人科
    胎児心拍低下して回復しない場合、もしくは回復しても頻回に心拍低下する場合に、施行します。
  • 50代男性 産婦人科
    帝王切開するほどではなく、児頭が下降していれば吸引分娩とします。

こちらの集計結果では、吸引分娩をしなくてはいけない状況は「微弱陣痛によりお産が長引き、母子ともに衰弱している場合」が最も多く、「胎児機能不全に陥っている場合」、「新生児仮死状態の場合」が続きました。
やはりこちらも先ほど提示したガイドラインと内容が一致していたのですが、まとめるとお産が長引いてお母さんの疲れがひどかったり、赤ちゃんの状態が悪くなったときが、吸引分娩を急ぐようでした。

「自力分娩をする力が十分でない、胎児適応があるなどで帝王切開しないで出せそうな時」や「帝王切開するほどではなく、児頭が下降していれば」といった医師のコメントを見る限り、帝王切開までいかずとも吸引分娩を行えば出産が期待できるときに行われるようでした。

吸引分娩は、適応を満たし、急を要する場面で行われるもの

本調査では、ほぼ全員の産婦人科医が吸引分娩の経験があるという結果になりました。
吸引分娩を行う適応は「子宮口の全開」が最も多く、「児頭が確認できる位置まで降りてきている」、「明らかなCPD(児頭骨盤内不均衡)がない」が続きました。
また、「微弱陣痛によりお産が長引き、母子ともに衰弱している場合」、「胎児機能不全に陥っている場合」、「新生児仮死状態の場合」などの場面では、吸引分娩を急ぐようでした。
吸引分娩に関する話は難しい用語も多く、多岐にわたるため、心配な方は主治医に聞かれることをおすすめします。

医師のコメント

ツイート
この記事の著者

関連する記事