妊娠中に体重が増えないリスクを産婦人科医134名にアンケート〜体重管理を助ける適切な食生活を知ろう

体重計
産婦人科医134名にアンケートを行ったところ、「妊娠中に体重が増えない場合、何らかの危険が発生する」と65%の医師が回答しました。適切に体重が増加しなければ、どのような問題があるのでしょうか?
妊娠・出産・不妊の悩み
イシコメ運営事務局

妊娠中って不安なことが多いですよね。
「生まれてくる我が子のことを思えば、健康に育ってくれるためならなんでもしてあげたい」
そんなお母さんも多いのではないでしょうか。

妊娠中に気になるポイントの1つが「体重増加」です。
一般的に妊娠中の体重は1ヶ月に1キロ程度増えるのが理想とされていますが、増え幅も人それぞれですから、心配になる方も少なくないですよね。
体重が増えすぎてしまうと難産になってしまうケースも少なくないようですが、一方で体重が増えないことにも注意をした方が良さそうです。
医師のなかには「増えないときの方が心配です」という方も。

そこで今回は、妊娠中に体重が増えないことのリスクについて産婦人科医134名にアンケート調査を実施しました。

※ 本調査は医師専用コミュニティサイト「MedPeer(https://medpeer.jp/)」にて2017年9月1日から同年9月11日にかけて行われ、産婦人科医134名から回答をいただきました。

妊娠中の体重管理はいつからすべき?

まずは、妊娠中の体重増減に注意すべき時期を覚えておきましょう。

「体重の増減に注意し始めるべき時期は妊娠何ヶ月頃からか」というアンケートを行ったところ、「妊娠中期」と回答した医師が最も多い結果となりました

  • 60代男性 産婦人科
    前期には体重増加は大きくないので、中期からが適切であろうと思われます。
  • 50代男性 産婦人科
    基本的に妊娠中期から注視しますが、ストレスなどにより初期から明らかな増加を認める妊婦さんもいます。
  • 60代男性 産婦人科
    母体だけでなく、胎児の異常でも起こるので全期間です。
  • 40代女性 産婦人科
    適切な体重増加は妊娠中どの時期にも大切なことです。

今回のアンケートの結果では「妊娠中期」がもっとも体重増加に注意すべき時期という結果となりました。次いで、どの期間でも注意すべき、という回答もみられました。

 

6割以上の医師が、体重が増えないことに注意喚起

図2

次に、産婦人科医134名に「妊娠中に体重が増えない場合、何らかの危険が発生すると考えられますか」というアンケートを行ったところ、「発生する」と回答した医師は88名。全体の6割以上を占めました。
一概に問題が発生するとは言えませんが、やはり適切な体重増加は望ましいようです。

妊娠中に体重が増えないと、赤ちゃんにどんな危険があるの?

先ほどのアンケートで「何らかの危険が発生する」と回答した医師の中から、特に多かった意見をまとめてみました。

  • 60代男性 産婦人科
    個人差がありますが、胎児発育不全になります。
  • 60代男性 産婦人科
    胎児発育不全などの可能性があります。
  • 60代男性 産婦人科
    胎児発育不全、機能不全が生じる可能があります。
  • 50代男性 産婦人科
    危険というわけではありませんが、低体重児にはなりやすいです。
  • 40代女性 産婦人科
    児の低体重につながるように感じます。一般的には将来的に児が糖尿病になりやすいと言われているように思います。

妊娠中に体重が増えないと、生まれてくるお子さんが「低体重、もしくは発育不全になる」といった回答が寄せられています。
具体的には、「低体重になる」と回答されたお医者さんが5名、「発育不全になる」と回答された医師が14名おられました。

また、以下のように赤ちゃんが生まれた後の将来的な健康リスクを懸念する声も見られました。

  • 30代男性 産婦人科
    胎児が将来成人病のリスクが上がると言われています。
  • 60代女性 産婦人科
    最近では、生まれた児が成長した後の生活習慣病の発症にもかかわるといわれています。

母体も注意?妊娠中に体重が増えないリスクとは?

さらに、生まれてくる赤ちゃんだけではなく母体にも危険を伴う可能性があるようで、

  • 20代女性 産婦人科
    母体に何らかの疾患が隠れている可能性があると思われます。
  • 30代男性 産婦人科
    母体の甲状腺機能亢進症の可能性などです。

といった声も見られました。
つまり、甲状腺機能亢進症などの体重が増えない特徴がある病気にかかっているケースもあることから、主治医と相談することが大事そうです。

ちなみに『妊娠中の体重管理を産婦人科医134名が解説! BMI別にみる週単位・月単位での目安とは?』では、妊娠中の適切な体重増加について医師にご意見をいただいています。ぜひ、参考にしてみてください。

また『妊娠中に体重が増えすぎるリスクを産婦人科医134名にアンケート!体重管理を助ける食事法と運動もチェック!』では、妊娠中の体重管理を適切に行うために、お医者さんの皆様に理想的な食事メニューもお伺いしています。医師が妊娠中の食事内容について指摘されているので、なかなか体重が増えないと感じている人は、自分の食生活に問題がないかチェックしてみてください。

体重が増えない場合はお医者さんに相談を!

過去の調査によると、妊娠中の体重管理は週100g〜500g前後が目安になるようです。
適切に体重が増えない場合、母子ともに危険が起こる可能性を示唆する医師がいる以上、体重管理には注意してください。
そして、もし妊娠時に体重が増加しない場合は医師に相談するようにしてください。

ツイート
この記事の著者

関連する記事