筋萎縮症の男性が世界初の「頭部移植」を決意。「怖いけど、選択肢はあまりない」

筋萎縮症の男性が世界初の「頭部移植」を決意。「怖いけど、選択肢はあまりない」
先天性の神経原性筋萎縮症、ウェルドニッヒ・ホフマン病の患者であるロシア人男性、Valery Spiridonovさん(30歳)は、世界初の「頭部移植」...
外部PICK
TABI LABO
続きを読む

医師のコメント

  • 石見 陽
    私も、血流は仮に何とかなったとしても、神経線維まで機能するとは思えないですね。。 となると将来の人工呼吸器から離脱することはできないはず。 根本的な治療法が見つかるのが一番良いのですが。
    投稿日時:
  • 田澤 雄基
    本当に正しく神経繊維が繋がるのだろうか。。手を動かそうとしたら足が動いたりしそうですね。日本では計画されること自体があり得ないような手術ですが。ちなみに費用はなんと11億円だそうです。
    投稿日時:
ツイート

関連する記事