妊娠中のむくみの原因は?対処法はどうしたらいいの?産婦人科医130人に聞いてみました

ふくらはぎがむくんでしまった妊婦
今回の調査では、妊娠後期の足のむくみは大きくなった子宮の圧迫による影響など生理的なものであることが多く、対処法は「就寝時に足を高くして寝る」、「塩分を控える」などが挙がりました。ただし、むくみにくわえて高血圧などがある場合は、別の病気に罹患している可能性があるため、はやめに主治医に相談することが大事そうです。
妊娠・出産・不妊の悩み
イシコメ運営事務局 イシコメ運営事務局

妊娠中のむくみは、多くの妊婦さんが経験される症状と言われています。
もし顔や脚が張ったり丸くなったりしてしまったら、太ったのではないかと心配する方もいらっしゃるのはないでしょうか?
そもそも、妊娠中にむくんでしまうのはなぜなのでしょうか。
また、自宅で実践できるむくみケアの方法は何かあるのでしょうか。
今回は、日ごろから妊婦さんをよく診ている産婦人科医130人に、妊娠中のむくみの原因とその解消法を聞いてみました。

※ 本調査は医師専用コミュニティサイトMedPeer(https://medpeer.jp/)にて、2017年11月22日〜11月29日にかけて行われ、産婦人科医132名から回答を頂きました。

妊娠中のむくみ、その時期と原因は?

まずは、むくみが起こる原因と時期について調査してみました。

時期について

図1

9割の医師が、妊娠後期にむくみやすいとする結果となりました。
では、なぜ後期にむくみやすいのか、むくむ原因は何なのか、引き続き見ていきましょう。

原因について

図2
  • 40代男性 産婦人科 妊娠高血圧症候群などの方
    むくみだけなら良いですが、血圧が上がるようなら要注意です。
  • 60代男性 産婦人科 妊娠高血圧症候群などの方
    現在、妊娠高血圧症候群の診断基準から浮腫は除外されていますが、やはりこの疾患に併発することは多いです。
  • 40代女性 産婦人科 大きくなった子宮による圧迫
    急激な浮腫は妊娠高血圧というケースがあります。たいていはそもそも下肢の筋肉が少なく、子宮の圧迫によるものと思われます。
  • 50代男性 産婦人科 大きくなった子宮による圧迫、体内の血液量の増加
    増加した体液量と、大きな子宮で圧迫されて、特に下肢がむくみます。
  • 30代女性 産婦人科 大きくなった子宮による圧迫、身体の冷え
    子宮によって静脈が圧迫されて還流障害でむくむのが一番の原因だと思います。
  • 50代男性 産婦人科 運動不足
    状態が安定していれば適度な散歩などは必要です。

調査の結果、健康な人であれば大きくなった子宮による静脈の圧迫が原因のようでした。
つまり、物理的な圧迫によって血行が悪くなり、むくみが発生することが多いようです。
だから子宮が大きくなる妊娠後期にむくみが起こりやすいんですね!
また、妊娠高血圧症候群といった病気にかかっている方もむくみの症状を示すことがあるため、注意喚起するようなコメントも見られました。
足などのむくみに悩まされており、加えて血圧が高めの妊婦さんは、妊娠高血圧症候群の可能性も念頭に、はやめの受診が大事そうです。
妊娠高血圧症候群について、さらに詳しく知りたい方は、以下の記事も参考にしてみてください。

<関連記事>

妊娠高血圧症候群のリスク、症状、合併症とは?産婦人科医150名にアンケート調査  

妊娠高血圧症候群は、いつ発症しやすい?薬は飲むの?産婦人科医130名に聞きました

妊娠中のむくみ、なんとかできないの!?

さて、ここまでむくみの原因を見てきましたが、気になるのはその対処法ですよね。
自分でもできるむくみのケアの方法はないのでしょうか?
こちらも聞いてみました。

図3
  • 40代女性 産婦人科 就寝時に足を高くして寝る
    足を挙げて寝るだけでも効果があります。できる範囲で下肢の筋力アップを促します。
  • 60代男性 産婦人科 塩分を控える、生活習慣を整える
    妊娠が終了しない限り改善は困難であることが多いですが、上記指導を行っています。また、漢方薬を処方することもありますが著しい効果があるとまではいえません。
  • 40代女性 産婦人科 塩分を控える
    効果は少ないですが、ひどくならないために塩分制限は指導します。
  • 30代女性 産婦人科 着圧ソックスを履く
    むくみ予防のストッキングや靴下も効果的です。
  • 30代女性 産婦人科 着圧ソックスを履く、塩分を控える
    弾性ストッキングと減塩が一番効く気がします。
  • 50代男性 産婦人科 その他(横になる時間を多くする)
    身体を休めれば、軽快することが多いです。妊娠末期であれば、分娩が最も良い治療法です。

調査の結果、妊娠中にできるむくみのケアは、「就寝時に足を高くして寝る」を選択した医師が約7割と一番多く、「塩分を控える」という回答が続きました。
医師のコメントでは、足を高くして寝ればむくみが治るとした意見から、気休め程度、効果があるかわからないとした意見まで様々でした。
また、妊娠終了までむくみの改善はむずかしいといった声も。
妊娠高血圧症候群ではない妊娠中のむくみの場合は、生理的なものによる可能性が高く、ある程度は仕方がないものかもしれませんね。

ある程度の妊娠中のむくみは、生理的なもの

今回の調査では、妊娠後期の足のむくみは大きくなった子宮の圧迫によるものなど生理的なものであることが多く、対処法は「就寝時に足を高くして寝る」、「塩分を控える」などが挙がりました。
ただし、むくみとともに高血圧などが見られる場合は、妊娠高血圧症候群などの病気の危険性もあるため、はやめに主治医に相談することが大事そうです。

医師のコメント

ツイート
この記事の著者

関連する記事