イシコメ

新生児の便秘の症状は?病院を受診した方が良いこともあるの?小児科医160人に聞いてみました

おむつをはいた赤ちゃん
今回の調査では、新生児の便秘は食欲不振や機嫌の悪さなどで見分けられる、という回答が多数を占める結果となりました。さらに何かいつもと様子が違う、苦しそうにしているなどと感じたら病院を受診することが大事なようです。
子ども・育児
イシコメ運営事務局 イシコメ運営事務局

主に女性を悩ませることが多い便秘ですが、実は生まれたばかりの赤ちゃんも便秘になってしまうことがあります。
しかし、はじめての子育てだと様子を見てもよいのかどうか判断が難しいですよね。
さらには、赤ちゃんの場合、便秘になってしまったら大人とは違った対応が必要になるかもしれません。
そこで今回は、新生児の便秘の兆候や症状と、便秘になってしまったときの病院受診の目安について小児科医160人に聞いてみました。

※ 本調査は医師専用コミュニティサイトMedPeer(https://medpeer.jp/)にて、2017年12月15日〜12月16日にかけて行われ、小児科医163名から回答を頂きました。

<関連記事>
新生児の便秘は母乳とミルクで違いがある?自宅でできる便秘解消法とは?小児科医160人に聞いてみました

こんな症状があったら便秘かも!?

まずは、どんな症状が見られたら赤ちゃんに便秘の疑いがあるのかを聞いてみました。

図1
  • 40代男性 小児科 機嫌が悪い状態が続く、排便の際苦しそうな表情をする
    顔を真っ赤にしてずっとうなっているようなときにも便秘を疑います。
  • 60代女性 小児科 食欲不振、機嫌が悪い状態が続く
    新生児の便は、ポタージュのような柔らかい便であれば、嘔吐をしたり、母乳・ミルクを飲む量が減らなければ、数日でなくても問題はありません。
  • 50代男性 小児科 食欲不振、機嫌が悪い状態が続く
    ミルク・母乳の飲みや機嫌が良い場合は、経過をみることがありますが、それでも5日くらいでしょうか。
  • 60代男性 小児科 食欲不振
    便が出ない日が続き、腹部がその為に膨満し始め、食欲が低下してくるのが便秘でしょう。便は食べ物カスですから、母乳栄養児だと便量自体が少なくて数日間は出ない子はよくいます。
  • 40代男性 小児科 食欲不振、その他(腹部膨満)
    哺乳力低下や腹部膨満、排ガスも出ない、肛門反射がないときは注意しています。
  • 50代男性 小児科 食欲不振、下腹部を押すといつもより硬い感じがする
    多少排便間隔が空いても、軟らかい便がコンスタントに出ていれば問題なしとしています。
  • 30代男性 小児科 すべて
    言葉がしゃべれない新生児の場合はいつもと違う雰囲気の場合は注意が必要です。

調査に参加した医師の6割以上が「機嫌が悪そうな状態が続く」ときは便秘の可能性があると回答し、次に「食欲不振」「排便の際に苦しそうな表情をする」が続きました。
医師のコメントによると、多少排便の間隔は空いても、柔らかめの排便がコンスタントにあれば問題ないようです。
逆に、排便が少なく、食欲不振や、機嫌が悪そうな状態が続く際は、便秘を疑った方が良いとのことでした。

さらに、顔を真っ赤にしてずっとうなっているときに便秘を疑うよう言及した医師もおられました。
また、上記に挙げられた症状の他にも、赤ちゃんを観察していていつもと様子が違うということがあれば、気にした方がいいという意見も。
赤ちゃんの異常を早期発見するためには、よく観察することが大事なようですね。

便秘の際は病院を受診すべき??

続いての疑問ですが、便秘のときは病院を受診すべきなのでしょうか。
そこで、赤ちゃんの便秘が疑われるときの病院受診の目安となる症状を聞いてみました。

図2
  • 50代男性 小児科 5日以上排便がほとんどない
    5日以上排便がないと、保護者の綿棒浣腸で排便を促すことは難しいと思うので受診を指示しています。
  • 40代男性 小児科 排便の際に泣いたり、苦しそうにする
    両親がいつもと違うと感じる、ミルクの飲みが悪いなど何らかの症状や気になることがあれば、早めに受診したほうが良いでしょう。
  • 60代男性 小児科 嘔吐や食欲不振がある、お腹に張りがある
    その子の哺乳状況や消化機能を診るためにも、症状が出れば受診してもらいたいです。
  • 50代男性 小児科 嘔吐や食欲不振がある、血便がでる
    新生児の便秘でも、いわゆる巨大結腸症の可能性もあるので注意すべきです。
  • 30代女性 小児科 嘔吐や食欲不振がある、血便が出る
    何かいつもと違うと感じたときは受診したほうがいいと思います。
  • 50代男性 小児科 5日以上排便がほとんどない
    元気でも、5日以上排便がなければ受診したほうがよいです。

集計では、「嘔吐や食欲不振などの症状が見られるとき」が最も多く、7割以上の医師が病院受診すべきとしました。
また、「5日以上排便がないとき」や、「血便が出るとき」なども同じく受診する必要があるとのことでした。
何か違うと感じたときもそうですが、上記の症状が出た場合も受診を検討することが大事なようですね。

便秘では、食欲不振、機嫌が悪い、5日以上排便がない時などは注意を!

今回の調査では、食欲不振や機嫌の悪さ、便の出ない期間が便秘かどうか判断するためのポイントであり、嘔吐や食欲不振が続いたとき、5日以上排便がないとき、血便を認めるときなどが病院受診のタイミングのようでした。
赤ちゃんはまだ自分で痛いとか苦しいとか言えませんが、これらはいつも赤ちゃんを見ている両親が気づくことのできる兆候です。
日ごろからしっかりと赤ちゃんを観察し、様子がおかしいと思ったら病院を受診することが大事そうです

ツイート
この記事の著者

関連する記事