イシコメ

赤ちゃんに起こる湿疹の正体とは!?母乳やミルクとの関係も含めて小児科医160人に聞いてみた

赤ちゃん 頬
今回の調査では、赤ちゃんの湿疹としては乳児湿疹が最も多く、ほかに脂漏性湿疹、アトピー性皮膚炎が考えられるという結果となりました。乳児湿疹などは多くが保湿や清潔に洗うことなどのスキンケアで治るようなので、パパとママの毎日のケアが大事ですね!
子ども・育児
イシコメ運営事務局 イシコメ運営事務局

赤ちゃんは、湿疹ができやすいとよく言われます。
果たしてこの湿疹、正体は何なのでしょうか。
病院を受診すべきかどうかも気になるところですよね。
また、母乳かミルクかによって湿疹のできやすさに違いがあるという話も聞きますが、本当なのでしょうか。
今回はそんな疑問を小児科医160人に聞いてみました。

※ 本調査は医師専用コミュニティサイトMedPeer(https://medpeer.jp/)にて、2017年12月15日〜12月16日にかけて行われ、小児科医164名から回答を頂きました。

赤ちゃんの湿疹の正体は?

まずは、乳児期に起きやすい湿疹はどんなものが多いのかを聞いてみました。

図1

  • 40代男性 小児科 乳児湿疹
    新生児や乳児ということならいわゆる乳児湿疹が多いです。多くの場合スキンケアと保湿剤で改善しますが、ステロイドを使用してまず湿疹を軽快させると経過が早いと思っています。
  • 60代男性 小児科 乳児湿疹
    脂漏性湿疹と乳児湿疹が大部分で、アトピー性皮膚炎の診断を付ける例は少ないです。いずれも、ほとんどがスキンケアで改善しています。
  • 50代男性 小児科 乳児湿疹
    しばしば見ますが、石鹸を使用した洗顔、保湿剤によるメンテナンスと増悪時のステロイド外用でほとんど軽快します。
  • 60代女性 小児科 乳児湿疹
    アレルギー専門医なので、アトピー性皮膚炎を診る機会は多いですが、新生児期から2~3ヶ月のベビーで、湿度が低い冬場なら、乳児湿疹が多いかと思います。
  • 40代男性 小児科 乳児湿疹
    乳児湿疹は男児により顕著です。アトピー性皮膚炎の診断に至らないまでも、体の一部がドライスキン状態の乳児は非常に多く、保湿が大切だと感じます。
  • 40代男性 小児科 脂漏性湿疹
    健診を行う機会が多いのですが、基本的には脂漏性湿疹としてスキンケア指導をしています。もちろん症状が慢性化すればアトピーや応急手当も念頭に置きますが、不要な検査(アレルギー)はなるべく行わないようにしています。
  • 60代男性 小児科 脂漏性湿疹
    薬剤に頼りがちな親御さんが多く、清潔にする(洗う)ことが少ない様に思います。
  • 50代男性 小児科 アトピー性皮膚炎
    新生児および乳児期前半では乳児湿疹ですが、乳児期後半からアトピー性皮膚炎が増えます。
  • 40代男性 小児科 アトピー性皮膚炎
    乳児期早期からの十分な保湿を含めたスキンケアが非常に重要となってきます。

6割以上の医師が、乳児湿疹が最も多く見られる症状だと回答する結果になりました。
続いて脂漏性湿疹、アトピー性皮膚炎も比較的多く見られる症状として一定の支持を得ました。
医師のコメントによれば、新生児期や乳児期初期には乳児湿疹が多く、乳児期後期にはアトピー性皮膚炎が多いそうです。
また、赤ちゃんの湿疹の対処法として、多くの医師が「スキンケア」を推奨していました。
洗顔や入浴により肌を清潔に保ち、保湿クリームなどで肌を乾燥から守ることが大事なようです。
私たち大人が普段行っているケアとそんなに変わらないですね。
乳児湿疹の場合、こういった自宅でのスキンケアをしっかり行うことで回復していくことが多いようですが、もしスキンケアをしているにも関わらず、乳児期後期になっても改善しない場合は、アトピー性皮膚炎の可能性もありますので病院で相談した方が良いかもしれませんね。

母乳とミルクで湿疹のできやすさに違いがあるの!?

以前の記事で、母乳とミルクで赤ちゃんの便秘のなりやすさに違いはあるのか調査しました。

その時は違いがあるとする回答が、半数以上という結果でした。

<関連記事>
新生児の便秘は母乳とミルクで違いがある?自宅でできる便秘解消法とは?小児科医160人に聞いてみました

では、母乳とミルクでは湿疹のできやすさに違いはあるのでしょうか。
これも医師に聞いてみました。

図2

  • 60代男性 小児科 あまり関係ない
    母乳というより、肥満の母親の子どもは肥満傾向があり、母乳の過栄養があるかもしれません。
  • 50代男性 小児科 あまり関係ない
    ご本人の体質・生活環境の影響・母乳・人工乳など、いろいろな要素があると思います。
  • 50代男性 小児科 あまり関係ない
    母乳であろうがなかろうが、乳児は皮脂腺が多いのが要因です。
  • 40代女性 小児科 ほとんど関係ない
    ミルクアレルギーで湿疹はありますが、母乳の質とは関係ありません。
  • 40代男性 小児科 ほとんど関係ない
    あくまで赤ちゃんの肌質の問題だと思います。(乳児湿疹と診断された一部はアトピーだとも思います。)
  • 50代男性 小児科 多少は関係ある
    アトピーの場合は母乳との関連は比較的よくありますが、乳児湿疹はどれほど関係しているか判断は難しいです。多少はあるように思います。
  • 30代女性 小児科 多少は関係ある
    血液検査・臨床症状的にミルクアレルギーが疑われた乳児で、母が牛乳を摂取すると湿疹が増悪する症例をみたことがあります。
  • 40代男性 小児科 多少は関係ある
    母乳の影響が全くないとは考えられませんが、ミルクだけでも湿疹の酷い子もいます。ホルモンの影響が大きいと思います。
  • 60代女性 小児科 大いに関係ある
    食物アレルギーがあるベビーで母乳から摂取したもので、アナフィラキシーを起こしているベビーも時々みていました。よく観察する必要があると思います。

母乳と乳児湿疹の関係は「あまり関係ない」「ほとんど関係ない」とする回答が7割という結果となりました。
赤ちゃんに湿疹が出てしまうのは体質や生活環境などいろいろな要素が関係してくるという意見が目立ちました。
「多少は関係ある」と回答した医師も、母乳はあくまで湿疹の原因の一つとして考えうるという程度の見解のようです。
一方で、医師のコメントのなかには、牛乳などアレルギーの原因になる食物を摂取したママの母乳で、アレルギーを起こしてしまったという症例を経験した医師もいました。
つまり、ママの食べたものの成分が母乳に反映されてしまう可能性もあるみたいなので、こうしたアレルギーには注意する必要がありそうですね。

調べてみると、確かにそのようにアドバイスしている食物アレルギーのサイトもありましたので、参考にしてみてください。 

赤ちゃんの湿疹には保湿と清潔を!

今回の調査では、赤ちゃんの湿疹としては乳児湿疹が最も多く、ほかに脂漏性湿疹、アトピー性皮膚炎が考えられるという結果となりました。
赤ちゃんの湿疹や皮膚炎は、石鹸などで洗ったり、肌を保湿したりするなどのスキンケアがとても重要なようです。
また、赤ちゃんの湿疹は、母乳かミルクかなどの違いというよりは体質によるものが大きいそうです。
治る速さも個人差がありそうですが、乳児湿疹などは多くがスキンケアで治るようなので、パパとママの毎日のケアが大事ですね!

ツイート
この記事の著者

関連する記事