乳児湿疹の正しい対処法と予防法を小児科医160人に聞きました!

赤ちゃん お腹
今回は、湿疹の対処法について発熱のない場合とある場合で調査しました。発熱のない場合は様子を見るという回答が多く、発熱のある場合は感染症も疑われるため病院を受診すべきという回答が多いという結果になりました。また、赤ちゃんの湿疹の対処と予防においては何よりもスキンケアが重要であるという意見が目立ちました。ママとパパは赤ちゃんの日々のケアを欠かさず行いましょう。
子ども・育児
イシコメ運営事務局

赤ちゃんに湿疹ができやすいというのはよく言われることですが、気になるのはその対処法ですよね。
特に湿疹とともに発熱など別の症状があったりすると心配になるかと思います。
また、そんな湿疹ですが、軽減・予防できる方法があれば知りたいですよね。
そこで今回は、赤ちゃんに湿疹ができてしまったときの対処法と、効果的な予防法について小児科医160人に聞いてみました。

※ 本調査は医師専用コミュニティサイトMedPeer(https://medpeer.jp/)にて、2017年12月15日〜12月16日にかけて行われ、小児科医164名から回答を頂きました。

乳児湿疹の対処法

まずは、赤ちゃんに湿疹ができてしまったときの対処法について、2つの場合に分けて聞いてみました。

①赤ちゃんに発熱がないとき

赤ちゃんに湿疹はあるものの、発熱はないときはどう対処するのがベストなのでしょうか。

図1
  • 60代男性 小児科 元気であれば様子を見る
    元気があり全身性の病気からでないようなら様子を見て(急性、慢性か又全身にあるか否かにもよりますが)皮膚科的疾患なら日中に皮膚科、小児科受診を勧めます。
  • 50代女性 小児科 元気であれば様子を見る
    発疹の種類にもよります。明らかに湿疹でかゆみがひどいようであれば、受診してもらった方がいいと思います。
  • 50代男性 小児科 元気であれば様子を見る
    元気ならばそのまま様子みるのが原則です。発疹はできれば、写真を撮って変化がわかるとありがたいです。
  • 60代女性 小児科 保湿クリームや化粧水などを塗る
    基本的なスキンケアは健康なお子さんにも必要なので、体の洗い方を説明します。保湿剤は、初めは市販のもので良いと伝えます。
  • 60代男性 小児科 保湿クリームや化粧水などを塗る
    風呂に入ると赤くなるのは、皮膚バリアーが崩れて、直接皮膚の奥に熱や刺激が入るためであると考えています。したがって常に保湿が重要です。
  • 60代男性 小児科 お風呂で入念に体を洗う
    ベビー石けんで洗うことを指導します。脂漏性湿疹は、石けんを使わないとよくならないこと、その後皮膚に残った石けんを落とすこと、乾燥させることを指導します。
  • 70代男性 小児科 お風呂で入念に体を洗う
    清潔を保ち、発疹が広がるか、発熱など他の症状の出現に注意する様に話します。
  • 20代男性 小児科 病院を受診する
    ご両親はやはり心配だと思うので、小児科に受診していただくのがいいと思います。

6割以上の医師が「元気があれば様子を見る」と回答しました。
赤ちゃんが特別かゆがる様子がなければ、受診はしなくてもいいとのことでした。
また、とりあえず様子を見る場合も、湿疹の経過を撮影しておくことを推奨する意見もありました。
もしその後受診することになったとき、経過の写真があれば医師の診察も的確で迅速になるのでオススメです。
また、「保湿クリームや化粧水などを塗る」「お風呂で入念に体を洗う」ことを勧める回答も支持を集めました。
まずは家庭で、肌を清潔に保つ、保湿するなどのケアを行うのが大切ですね。

②赤ちゃんに発熱があるとき

続いて、赤ちゃんに発熱があるときの対処法について聞いてみました。

図2
  • 60代男性 小児科 病院を受診する
    病院受診を基本的には勧めます。救急受診の必要性は発熱の程度、随伴症状の有無/程度、活気/食欲/水分摂取など、また発疹の性状/痒みの有無/範囲などによります。少なくとも時間内受診は必要でしょう。
  • 50代男性 小児科 病院を受診する
    伝染性膿痂疹、伝染性紅斑、突発性発疹、水痘などいろいろなパターンが考えられますので一度発疹をみせてもらうとよく分かります。事後報告だと診断がつきません。
  • 30代男性 小児科 病院を受診する
    水痘など感染症の場合もあるため受診してください。夜間で元気があるようなら翌日でもかまいません。
  • 40代男性 小児科 病院を受診する
    その発疹が感染性のものかの確認は必要です。ただ、夜間など緊急の受診は必要ないと考えます。
  • 30代男性 小児科 元気であれば様子を見る
    3ヶ月以内であれば受診、それ以降は元気であれば様子をみてもいいと思います。
  • 50代男性 小児科 元気であれば様子を見る
    熱が高くてしんどいならば受診をオススメします。発疹は経過を見ないとなんとも言えないので。

約7割の医師が病院を受診するべきだと回答する結果となりました。
熱のある場合、感染症に罹患している可能性があるからだそうです。
ただ、赤ちゃんが元気そうであれば緊急で受診する必要はなく、診療時間内の受診で問題ないとのことでした。

乳児湿疹、予防はできないの?

ここまでで、湿疹の対処法はお分かりいただけたと思いますが、そもそも赤ちゃんの湿疹は予防することはできないのでしょうか。
そこで、小児科医に有効な予防法はないかを聞いてみました。

図3
  • 60代女性 小児科 
    汗がたまるところの皮膚が、赤くまた、垢がたまっている赤ちゃんを良く見ます。そのような場合は、皮膚をキレイにするように洗うように言います。カサカサになっている状態は良くないので、保湿するように言います。よだれや、汗や、尿や、便でかぶれている場合は、皮膚をきれいに洗うように話します。
  • 60代男性 小児科
    顔の拭き方は、先ず濡れたガーゼ等で拭いて、乾いたガ-ゼで拭きとります。保湿の必要な赤ちゃんには、積極的に保湿します。皮膚の清潔は勿論で、時期に応じた石鹸の選択、衣服の素材にも注意が必要です。
  • 40代男性 小児科
    乳児の皮膚トラブルはドライスキンが原因になっていることが多いです。後は、肌に合わない石けん、シャンプーなどの使用、あるいは使用量が多いために肌が荒れてしまいます。
  • 60代男性 小児科
    洗いすぎで皮膚の脂分がなくなりすぎるのもよろしくないですね。泡で出る石鹸で、手で洗うのが良いでしょう。
  • 40代女性 小児科
    清潔と保湿が大事ですが、こすると皮膚のバリアーが破綻するので、ふき取るよりは押さえて吸い取るようにします。
  • 30代男性 小児科
    保湿を出生後からすると、アトピー性皮膚炎の発症を30%抑えたというデータもあります。
  • 20代男性 小児科
    洗いすぎても体が乾燥してしまうので、注意しています。

過半数の医師が保湿クリームを使うことを推奨する結果となりました。
赤ちゃんの皮膚トラブルの原因はドライスキンであることが多いようで、保湿の重要性を訴える意見が目立ちました。
他にも、

  • 赤ちゃんに合う石鹸、シャンプーを使用する
  • 洗いすぎて皮脂を落としすぎないよう注意する
  • 肌を傷つけないよう、ガーゼやタオルでやさしくふき取る
  • 着る服の素材や、着せすぎに注意する

などが挙げられていました。
注意すべき点も多く大変ではありますが、とにかく「保湿」「清潔」「肌に優しく」が最重要事項のようです。
なお、このような予防法を行っても赤ちゃんの肌質によっては湿疹ができてしまう場合はあります。
ですが、少しでも軽減するためにスキンケアは欠かさず行いましょう。

予防も対処もスキンケアは欠かさずに!

今回は、赤ちゃんの発疹への対処法と予防法について調査しました。
結果として、湿疹を治すためにも予防するためにもスキンケアはかかせないということがわかりました。
赤ちゃんの肌を丁寧に洗い、お風呂上がりには優しく水分をふき取ってあげて、保湿するという毎日のケアをパパとママがしっかり行うようにしましょう!

ツイート
この記事の著者

関連する健康相談

関連する記事