膵臓がん、血液検査で早期発見? 東大チームが論文発表:朝日新聞デジタル

膵臓がん、血液検査で早期発見? 東大チームが論文発表:朝日新聞デジタル
 膵臓(すいぞう)がんの患者で多く見つかる特殊な物質を血液中から高感度で測定する方法を開発したと、東京大の研究チームが発表した。早期発見が難しい膵臓がんについて、疑いがあるかどうかを血液検査で調べられ…
外部PICK
イシコメ運営事務局 朝日新聞デジタル
続きを読む

医師のコメント

  • 石見 陽
    これが実用化されたら画期的ですね。以前世界一受けたい授業でも話しましたが、膵臓癌は発見が難しく、見つけても転移していることが多いので非常に有用な検査になる可能性があります。
    投稿日時:
  • 眞鍋 歩
    少し前にこんなTED talkがあり、とても感動しました。 https://www.ted.com/talks/jack_andraka_a_promising_test_for_pancreatic_cancer_from_a_teenager?language=ja この記事ではまだ偽陽性が10%とのこと。n数を増やしてどれくらいの尤度比が上がるかでしょうか。 膵臓がんは早期での発見が非常に難しいが故に死亡率も高い病気です。特に男性では国内での死亡率も上昇傾向にあるようです。 こういった新しい検査がどんどん出てくるといいですね。
    投稿日時:
ツイート

関連する記事