花粉症に効く食べものってあるの?医師528人に聞いてみました

花粉症に効く食べ物は
今回の調査では、花粉症の症状軽減に効果的な食べものは「ほとんどない」「あまりない」と回答をした医師が8割となり、「多少ある」「大いにある」と回答をした医師は2割となりました。どうやら食べものの効果についての医学的根拠は少ないようですが、ヨーグルトや納豆、魚などの食べものを摂取して症状が良くなったというコメントもみられ、根拠乏しいものの症状軽減を経験した医師もいるようです。花粉症の適切な治療を受けた上で、日頃の健康のために食生活を考えていただければと思います。
花粉症
イシコメ運営事務局 イシコメ運営事務局

花粉症の症状を軽減する食べものがある、と聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。
ヨーグルトや納豆、青魚などの食べものが花粉症に効くという噂がインターネット上でみられることもあります。
本当に症状軽減に効果があるのか、効果があるならどの食べものが良いのか知りたいですよね。

そこで今回は、内科医、耳鼻咽喉科医、アレルギー科医528人に、花粉症の症状に効く食べものがあるのか聞いてみました。

※ 本調査は医師専用コミュニティサイトMedPeer(https://medpeer.jp/)にて、2018年2月28日〜3月1日にかけて行われ、内科医、耳鼻咽喉科医、アレルギー科医528人から回答を頂きました。

 

まずは、花粉症の症状軽減に効果的な食べものについて聞いてみました!

花粉症に効く食べものはほとんどない、という結果に

「花粉症の症状軽減に効果的な食べ物はどのくらいあると思いますか」という質問に対して、以下のような結果となりました。

花粉症に効く食べ物はあるか

「ほとんどない」「あまりない」と回答した医師が8割を超える結果となりました。
医師からみると、食べものによる花粉症の症状軽減の効果はあまりないものと考えられているようです。
「テレビ番組やインターネット上で効果があると聞いたことあるのに…」などと、この結果に驚いた方は多いのではないでしょうか。
回答をした医師のコメントを見ていきましょう。

食べものによる症状軽減の効果は医学的根拠がまだ不十分

  • 40代男性 一般内科 ほとんどない
    医師として発言するなら、基本的にはないと思った方がよいと思います。個人的にはヨ-グルトとか納豆とか、乳酸菌群は体調良くなる気はしますが。
  • 60代男性 アレルギー科 ほとんどない
    臨床経験上、ほとんどないです。
  • 50代男性 アレルギー科 ほとんどない
    試したけど効果はなかったです。
  • 50代男性 一般内科 ほとんどない
    エビデンスがないのではないでしょうか。
  • 60代男性 一般内科 ほとんどない
    あまりどれも根拠の乏しいものばかりだと思います。
  • 60代男性 一般内科 ほとんどない
    ヨ-グルトとか言われていますが、よく、分かりません。
  • 30代男性 一般内科 ほとんどない
    栄養をつけるのは重要ですが、特にこれといった食材はないです。
  • 40代男性 一般内科 ほとんどない
    まずは、根本の花粉への対策が重要です。
  • 60代男性 一般内科 ほとんどない
    腸内環境を整える食品なら少しは効果があるかもしれないです。
  • 60代男性 耳鼻咽喉科 あまりない
    いわゆる民間療法です。
  • 60代男性 一般内科 多少ある
    ヨ-グルトを食べているうちに 治った印象を持ちますが、科学的検証はありません。
  • 40代男性 一般内科 多少ある
    ビタミンB,Cを含む食べ物は効果的かもしれませんが。
  • 50代男性 一般内科 多少ある
    身体を酸性にさせにくい、植物性食品が良いように感じています。
  • 40代男性 一般内科 大いにある
    野菜、果物これは天然の抗原原因と共通する因子があるので、すでにアレルギーがある方には注意、禁忌となることもあります。個人的には腸内細菌が関与していると考え、ヨ-グルトをかなり多く摂取しています。他人の5倍は食べていますか。納豆、大根おろし、魚。これもよく食べます。あと、水分やや多めにこころがけています。
  • 50代男性 一般内科 大いにある
    魚でいえば、鮭、まぐろ、かつおなど。他に亜麻仁油、オリーブオイルなどがよいのではないでしょうか。

「ほとんどない」「あまりない」と回答をした医師のコメントからは、医学的根拠が乏しいという理由から、食べものによる症状軽減の効果は期待できないようでした。
ですが、ヨーグルトや納豆、魚などを食べて、体調が良くなった気がすると、根拠は少ないものの効果を感じられている医師もいるようでした。
「多少ある」「大いにある」と回答をした医師からは、乳酸菌群の食べものや魚、植物性の油などが良さそう、とのコメントがありました。
ですが、野菜や果物は、花粉の抗原原因と共通する因子を含むため、既にアレルギーがある方は注意してほしいというコメントもありました。
医学的根拠は乏しいかもしれませんが、一部の方には症状が良くなった気がするとの声もあり、人によっては効果があるかも?と考えるくらいがよいのかもしれないですね。

でも、症状悪化に影響のある食べものには注意

  • 40代女性 一般内科 ほとんどない
    症状悪化に影響があるものはあります。
  • 60代男性 一般内科 ほとんどない
    アルコ-ルなどダメなものは多いです。
  • 60代女性 一般内科 あまりない
    高脂肪食や辛いものは悪化要因になるかもしれないです。

医師からは、花粉症の症状を軽減する食べものはわからないけれど、アルコールや揚げ物などの高脂肪食、辛い物などは症状悪化に影響しそう、という回答もありました。
症状を悪化させる恐れがあると知らず食べてしまい、さらに辛くなってしまった!なんてことにならないように、気をつけたいですね。

いくつかの医師のコメントで出てきたヨーグルトなどの食べものですが、症状軽減に効果があるとすれば、どの食べものが良いのでしょうか。
「花粉症の軽減に有用そうな食べものはある」と回答をした医師に聞いてみました!

 

「食べ物に有用性はない」が最多。「ヨーグルト、納豆などの発酵食品」との回答も。

  • 50代男性 アレルギー科 ヨーグルト、納豆などの発酵食品
    エビデンスが多少あるようです。
  • 50代男性 一般内科 ヨーグルト、納豆などの発酵食品
    多少発酵食品系は有効かと思います。
  • 50代男性 一般内科 ヨーグルト、納豆などの発酵食品
    腸内細菌を増やすのがよいと思います。
  • 50代男性 一般内科 ヨーグルト、納豆などの発酵食品
    自身の経験からはヨーグルト、納豆などの発酵食品です。
  • 50代男性 一般内科 ヨーグルト、納豆などの発酵食品
    内服薬とは違うので即効性はないですね。
  • 60代男性 一般内科 ヨーグルト、納豆などの発酵食品
    腸内環境を整え、免疫力を整えるので良いでしょう。
  • 50代男性 一般内科 ヨーグルト、納豆などの発酵食品
    確かにトランス脂肪酸を排除できたら良いかもしれません。EPA・DHAもよいでしょう。
  • 60代男性 一般内科 青魚・エゴマ油、マア二油
    野菜や果実は花粉症患者には一応要注意で、悪化させることがあります。ω3系不飽和脂肪酸を日常的に摂取しているとアレルギーを悪化させにくいことは知られています。
  • 60代弾性 一般内科 その他
    梅干しなど抗ヒスタミン成分含むものは、論文もあり良いかと思います。

前段でのアンケート結果と同様に、花粉症の症状軽減に有用な食べ物はないとする回答が最多となりました。
有用な食べ物があるとした医師のコメントからは、ヨーグルト、納豆などの発酵食品は良さそうだという内容がみられました。
ですが、薬ではないので即効性はなく、腸内環境や免疫力を整えていくという観点の長期的な対処になるようです。
また、青魚やエゴマ油に含まれるω3系不飽和脂肪酸を日常的に摂取しているとアレルギーを悪化させにくい、という医師のコメントや、抗ヒスタミン成分を含む梅干しなども良い、というコメントもありました。
これらの食べものを摂取したからといってすぐ良くなるというわけではないですが、日常的に免疫力を整えていくような食事をしておいて損はないかもしれませんね。

 

適切な治療を受けた上で、食生活も大切に

今回の調査では、8割の医師が花粉症の症状軽減に効果的な食べものは「ほとんどない」「あまりない」と回答しました。食べものの効果についての医学的根拠はまだ乏しいようです。
しかし、ヨーグルトや納豆、魚などの食べものが良いというコメントもみられ、根拠は少ないものの症状の軽減を経験した医師もいるようです。
症状軽減に食べものが有用そうだ、と回答をした医師の中では、ヨーグルト、納豆などの発酵食品を支持する声が多くみられました。
食べものによる花粉症への効果については、あくまで免疫力を整える程度にとどめておいて、花粉症の症状には適切な治療を受け、症状を改善していくことが良さそうです。

ツイート
この記事の著者

関連する記事