花粉症が原因で下痢をすることはあるの?医師532名に聞いてみました!

花粉症による下痢
今回の調査では、花粉症が原因で下痢をすることがあるのかという質問に対し、9割以上の先生方が「ない」と回答しました。ですが、医師のコメントからは、花粉症が下痢を招く可能性がゼロではないということも明らかになりました。下痢の症状を緩和させるために効果的な方法としては、整腸剤の服用が最も多く挙げられ、その他に花粉からの防備、水分補給、下痢止め服用などの意見が多くみられる結果となりました。
花粉症
イシコメ運営事務局

花粉症の症状として代表的なものは、鼻水・鼻づまり・くしゃみ・目のかゆみの4つではないでしょうか。
でも実は、他に頭痛や眠気、吐き気、下痢を伴うこともあるようなのです。
そうなると、花粉症の季節に下痢になったからといって花粉症によるものなのか、食あたりやストレスによるものなのか分からないこともあるのでは?
そもそも、本当に花粉症が原因で、下痢をすることはあるのでしょうか。

そこで今回は、一般内科、耳鼻咽喉科、アレルギー科の計532名の方々に、花粉症と下痢の関係について聞いてみました。

※ 本調査は医師専用コミュニティサイトMedPeer(https://medpeer.jp/)にて、2018年3月10日〜3月13日にかけて行われ、内科医、耳鼻咽喉科医、アレルギー科医、計532名から回答を頂きました。

約9割の医師が「花粉症が原因で下痢は起こらない」と回答

花粉症が原因で下痢をすることはありますか、という質問に対する結果は以下となりました。

花粉症と下痢

  • 40代女性 一般内科 ほとんどない
    経験したことはあまりないです。
  • 60代男性 一般内科 ほとんどない
    経験はないと思いますが、全身状態まで影響するような場合はありうると思います。
  • 40代女性 一般内科 ほとんどない
    ほとんどきいたことがありません。
  • 40代女性 アレルギー科 ほとんどない
    花粉症による下痢の患者はまだみたことはないです。
  • 60代男性 一般内科 あまりない
    経験はありませんが、そういう可能性もあるかなと思います。
  • 50代男性 アレルギー科 あまりない
    アレルギー反応が腸粘膜に出れば可能性はあるものの頻度は低いです。
  • 60代男性 一般内科 あまりない
    花粉症が消化管アレルギーや食物アレルギーと関連していることは明らかです。ただ、花粉症の時期に下痢をする例は多くないです。
  • 40代男性 一般内科 あまりない
    (花粉症による)下痢はあんまり患者さんでみていないです。
  • 50代男性 一般内科 ときどきある
    アレルギー症状として、下痢はあります。
  • 30代男性 一般内科 ときどきある
    ごくまれですが、あると思います。

集計の結果、88%の医師の方々が、花粉症が原因で下痢が起こることはないと回答しました。
医師のコメントでは、花粉症を原因とする下痢の経験がない、という意見がほとんどであり、また、花粉症と下痢を関連付けた前例も聞いたことがないという声も多くみられました。

しかし、花粉症を原因とする下痢の可能性が完全にないかというとそうではなく、あくまで稀有な症例であるというだけで、ある医師からは「アレルギー反応が腸粘膜に出れば可能性はあるものの頻度は低い」という意見を頂きました。

つまり、花粉症による下痢を引き起こす確率はゼロではないようです。

とはいえ、総じてどの医師も、花粉症による下痢というのは非常にまれなケースであるとコメントしているため、花粉症を患ったからといって、下痢の心配は全くいらない、というわけではなさそうです。

次に、もし花粉症が原因で下痢になってしまったらどのような対処法をとるべきか、医師に聞いてみました。

下痢症状を緩和するには、整腸剤を飲むことが一番

  • 50代男性 一般内科 消化器内科
    あまり経験がないので、何とも言えませんが、もし出すとしたら整腸剤ですかね。
  • 50代男性 一般内科 消化器内科
    花粉暴露を避けるのは当然ですが、基本整腸剤で、ひどいと下痢止めです。
  • 30代男性 一般内科
    整腸剤をだしたり体調が疲れたりしないようにしています。
  • 60代男性 一般内科 循環器内科
    下痢止めまたは整腸剤でよいと思います。
  • 50代 一般内科
    整腸剤は原因によらず、有効だと思います
  • 40代女性 一般内科 循環器内科
    仮に花粉症だとしたら暴露を避けることが大切です。
  • 50代男性 一般内科 
    できるだけ花粉に触れないように防備することです。
  • 40代男性 一般内科
    花粉を避ける、あとは対症療法になりましょうか。
  • 40代男性 一般内科 精神科
    水分補給をしっかりすることです。
  • 40代男性 一般内科 神経内科
    整腸剤内服と水分補給励行です。
  • 50代男性 一般内科 一般外科
    花粉症があり、下痢もするのだとすれば、食生活を含め日常生活に問題があり、腸内環境も乱れていると考えます。
  • 30代男性 一般内科 血液内科
    R-1などの乳酸菌飲料も効果があると思います。
  • 50代女性 一般内科
    ヨーグルトをたくさんとるのはどうでしょうか。

花粉症による下痢の対処法として、「整腸剤を服用する」が最も多く支持されました。
また、花粉症が原因か否かに関係なく、下痢を起こしたら水分補給を忘れずに行ってください、という医師のコメントもみられました。下痢の症状を緩和するためには、水分補給が大切なようです。

さらに、一部の医師からは「ヨーグルトをたくさんとる」といったアドバイスも頂きました。

花粉症と下痢の関連性は極めて低いが、可能性はゼロではない!

今回の調査では、花粉症が原因で下痢をすることはあるのかという質問に対し、およそ9割の医師が否定的な回答したことが明らかになりました。
また、下痢の症状を和らげるためには、整腸剤を飲むことが最も効果的であり、次いで、花粉に触れないよう防備する、水分補給、下痢止めの服用なども、適切な対処法としてあげられました。
花粉症と下痢の関連性は極めて低く、先生方も「花粉の時期に下痢をする例は多くはない」、「アレルギー反応が腸粘膜に出れば可能性はあるものの頻度は低い」という意見を挙げています。
しかし、全く可能性がないというわけではないため、自分でできる範囲の下痢への対処はするに越したことはないようです。

ツイート
この記事の著者

関連する記事