イシコメ

花粉症が原因で目やにが出ることはあるの?医師521名に聞いてみました

花粉症の目やに
今回の調査の結果によると、花粉症が原因で目やにが出ることについて「ときどきある」と回答した医師が最も多く、花粉症による涙腺の分泌と、目を擦ることによる感染症が原因のようでした。また、花粉症による目やにが出た際のケアは、洗眼やコットンなどを使って目やにを拭き取った上でアレルギー用の目薬を使用することが有効のようです。花粉症シーズンは、目をこすらず、日頃から拭き取る、洗うなどをして目のケアをするようにしましょう。
花粉症
イシコメ運営事務局 イシコメ運営事務局

花粉症の季節、目やにがよく出るようになった気がする……。
もしかして、花粉症と関係があるのでは?そう疑問を持つ方もいらっしゃるかと思います。
ひどい目やにでは、目が開かなくなってしまうこともありますよね。
もしも花粉症が原因の目やにならば、どのようなケアを行えばいいのでしょうか。
そこで今回は、花粉症によって目やにが出ることはあるのか、一般内科、アレルギー科、眼科医521名に聞いてみました!

※ 本調査は医師専用コミュニティサイトMedPeer(https://medpeer.jp/)にて、2018年3月10日〜3月10日にかけて行われ、一般内科、アレルギー科、眼科医521名から回答を頂きました。

花粉症の症状として目やにが出ることはある?

まずは花粉症によって目やにが出ることはあるのか、医師に聞いてみました。

花粉症による目やに

  • 30代男性 眼科 時々ある
    花粉症によって目を擦ることにより、細菌性結膜炎を発症して目やにが出ます。
  • 60代男性 一般内科 呼吸器内科 時々ある
    見ていればある人がいます。結膜炎を合併する例もあります。
  • 50代男性 一般内科 消化器内科 時々ある
    あると思います。ある程度は炎症の結果生じると思います。
  • 50代女性 一般内科 時々ある
    目のかゆみが強く、目やにまで気がつかない方もいます。
  • 50代男性 眼科 時々ある
    起床時に目やにの付着が見られることが多いです。
  • 60代男性 アレルギー科 一般内科 あまりない
    細菌感染、ウイルス感染を伴えば、目やにがあります。
  • 30代男性 一般内科 感染症科 あまりない
    こすったりして細菌感染を合併した場合に経験します。
  • 60代男性 一般内科 腎臓内科 あまりない
    目やには感染症を疑いますが、サラサラした目やにはあるかもしれません。
  • 60代男性 一般内科 循環器内科 ほとんどない
    目やには経験していません。別の眼疾患があるのではないかと思います。
  • 60代男性 一般内科 循環器内科 ほとんどない
    花粉症の症状として目やにが出ることはほとんどありません。
  • 40代女性 一般内科 大いにある
    涙腺の分泌が多いのでその分、目やにができやすいのだと思います。
  • 40代男性 アレルギー科 感染症科 大いにある
    ひどい時には、朝起床後に開眼できないほどバリバリになることがあります。

花粉症の症状として目やにが出ることはあるかという質問に対し、「時々ある」「大いにある」を合わせると、医師の半数以上があると回答しました。

医師のコメントでは、花粉症によって目を擦ることで細菌性結膜炎を発症して目やにが出るといったケースや、涙腺の分泌が多いのでその分、目やにができやすいといったコメントを頂きました。

一方、花粉症の症状として目やにが出ることはないと回答した医師の中には、別の眼疾患ではないか、といった意見も見られました。
医師の中でも意見が分かれるようですが、結果的に目やにが出ることはあるとしたコメントの方がやや多く、人によっては花粉症が原因で目やにが出ることはありえると認識してよいのではないでしょうか。

花粉症で目やにが出た場合、目のケア方法は?

それでは花粉症で目やにが出た場合、どのように目のケアをすれば良いのでしょうか。
「花粉症で目やにが出た際の、目のケアとして適しているものは」という質問に対し、以下の選択肢から選んでもらいコメントを頂きました。

  • アレルギー用の目薬を差す
  • コットンなどで拭き取る
  • 人口涙液で洗う
  • コンタクトレンズをつけない
  • 抗生剤の点眼液を差す
  • その他

以下が結果となります。

花粉症の目やにのケア

  • 60代男性 一般内科 呼吸器内科
    とりあえずはアレルギーの治療をしますが、感染が疑われたら抗生剤も使用します。両方の併用もあります。
  • 40代女性 一般内科 
    感染症を合併していれば、抗生剤の点眼薬も必要かもしれません。
  • 30代男性 眼科
    アレルゲンを遠ざける、アレルゲン侵入に対して目薬を使用するが一番有効です。
  • 50代男性 一般内科 循環器内科
    原因がアレルギー反応なので、抗アレルギー剤がいいと思います。
  • 40代男性 一般内科 呼吸器内科
    まずはアレルギー用の目薬を使い、駄目なら抗生剤の点眼液を使います。
  • 50代男性 一般内科 循環器内科
    花粉暴露を避け、特に眼脂が多い場合は人口涙液を中心に点眼を頻回とします。
  • 60代男性 一般内科 呼吸器内科
    コットンなどで拭き取った上でアレルギー用の目薬を差します。
  • 40代男性 一般内科 消化器内科
    ひどければ点眼液を使いますが、通常は拭き取る、洗眼でいいのではと思います。
  • 60代男性 一般内科 一般外科
    洗うことが、花粉症で目やにが出た際の、目のケアの方法として適しています。
  • 50代女性 一般内科
    コンタクトレンズを付けていると花粉の暴露が大きいのでできれば眼鏡をすすめます。
  • 40代男性 一般内科 循環器内科
    感染症ケアで抗菌剤点眼とコンタクト使用しないことが大切です。
  • 50代男性 アレルギー科 一般内科 呼吸器内科
    痒みだけならパタノール点眼で十分ですが、目やにであればステロイド点眼が必須です。
  • 50代男性 一般内科 呼吸器内科
    擦らず拭き取り、点眼薬を使用します。また、コンタクトを取ります。

調査の結果、花粉症で目やにが出た場合の目のケア方法として、「アレルギー用の目薬を差す」とした回答が最も多く、次に「コットンなどで拭き取る」が続き、「その他」以外はほぼ同数の結果となりました。
医師のコメントを見ると適している目のケア方法としては、洗眼やコットンなどで拭き取った上でアレルギー用の目薬を使用することが共通して効果的であると言えそうです。
しかし、それでも効果がなければ、感染症の疑いがあるため抗生剤の点眼液を使うべきとの意見もありました。

まずは花粉症の症状として目やにやアレルギーに対処し、それでも改善されなければ感染症として対処するのが良さそうですね。
中には、コンタクトレンズを付けていると花粉の暴露が大きいとの意見もあり、花粉症シーズンはコンタクトレンズの使用を控えてメガネにした方が目のケアに有効とも言えそうです。

花粉症による目やにには、コットンなどで拭き取り、アレルギー用の目薬を

本調査によれば、花粉症の症状として目やにが出ることは、人によってありえるといえそうです。
原因としては、花粉症によって目をこすってしまうことで炎症をおこし、目やにが出てしまう可能性があるようでした。
花粉症に悩まされる方には中々難しいとは思いますが、「目をこすらない」ことが大切ですね。
また、花粉症で目やにが出てしまった場合の対処法としては、「アレルギー用の目薬を差す」「コットンなどで拭き取る」といった「花粉症のアレルギー反応と目やにそのもの」のケア方法が挙げられました。
花粉症への適切な治療を受けつつ、目をこすらないように気を付け、目やにのケアをして、この季節を乗り切りましょう。

ツイート
この記事の著者

関連する記事