イシコメ

赤ちゃんの突然の嘔吐、その後の飲食はどうすればいいの?医師240人に聞いてみました

嘔吐した赤ちゃん
今回の調査では、赤ちゃんが嘔吐してしまった後は、まずは少量の水分補給から始めるべきとの結果となりました。その後、赤ちゃんが元気そうならば柔らかい食べ物も少しずつ与えていくといいとのことでした。赤ちゃんが嘔吐してしまったときは、元気があるかなど様子を見ながら少しずつ飲食をさせていくのがよさそうですね。
子ども・育児
イシコメ運営事務局 イシコメ運営事務局

赤ちゃんが突然嘔吐してしまったら心配になりますよね。
一方で、赤ちゃんの嘔吐は経験されているパパ・ママも多いようです。
では、実際に赤ちゃんが嘔吐してしまった後の対応はどうすればいいのでしょうか。
今回は、赤ちゃんが嘔吐してしまったとき、どんな対応をした方が良いのかを小児科医240人に聞いてみました。

※ 本調査は医師専用コミュニティサイトMedPeer(https://medpeer.jp/)にて、2018年3月2日〜3月5日にかけて行われ、小児科医241名から回答を頂きました。

嘔吐後の水分補給、どうすべき?

赤ちゃんが嘔吐してしまったとき、水分補給はすぐにしていいのでしょうか。
また、どのくらいの量の水分をとるべきなのでしょうか。
医師にきいてみました!

赤ちゃんが嘔吐したあとの水分補給

  • 70代男性 小児科 普段よりやや多めの水分補給が望ましい
    嘔吐の回数によります。1回なら普通でよいですが、脱水が心配なら注意しながら回数を増やして水分補給します。
  • 50代男性 小児科 普段よりやや多めの水分補給が望ましい
    多めのほうがいいのですが、結局それほど飲めないです。また、無理に飲ますと再度嘔吐することが多いです。
  • 30代女性 小児科 普段よりやや多めの水分補給が望ましい
    水分補給が望ましいですが、飲むと嘔吐するのが通常なので実現は難しいですね。
  • 60代男性 小児科 普段よりやや多めの水分補給が望ましい
    普段より多めの水分捕球が望ましいですが、1回量を減らして回数を増やすのがいいでしょう。
  • 60代男性 小児科 普段通りの水分補給で良い
    嘔吐により水分摂取ができなかった時間によります。多くは半日程度で摂取できるようになるので特に、脱水の補正などは考慮しないでいいです。
  • 60代男性 小児科 普段通りの水分補給で良い
    1回量は少なめにしてこまめに与えていくべきです。結果としては普段並みかそれ以上の水分になるかなと思います。
  • 60代男性 小児科 普段通りの水分補給で良い
    嘔吐したのはまだ血中に入る前の、いわば体外の水分ですから、過剰に与える必要はありません。
  • 40代男性 小児科 普段よりやや少なめの水分補給が望ましい
    水をちゃんと飲めるかの判断のため、まずは少なめの摂取がいいかと思います
  • 60代男性 小児科 普段よりやや少なめの水分補給が望ましい
    嘔吐の後は、まず少量の水分から始めるようにしています。しばらくしてから、やや大目の水分補給に移ります。
  • 50代男性 小児科 普段よりやや少なめの水分補給が望ましい
    嘔吐の状況によりますが、1回の量を少なめにして回数を増やすのがいいでしょう。
  • 50代女性 小児科 普段より少なめの水分補給にすべき
    多めに摂取して、嘔吐を誘発する場合があるので、少量から摂取することを勧めます。
  • 50代男性 小児科 普段より少なめの水分補給にすべき
    嘔吐してしまった後は、まずは少しずつ頻回に水分補給すべきです。

「普段よりやや多めの水分補給が望ましい」とする回答が最多となる結果でした。
多く飲める状態なら飲ませてもいいようですが、再び嘔吐してしまう可能性もあるので様子を見ながらの方が望ましいようです。
一度に大量に与えるのではなく、少量をこまめに与えていくのが大切みたいですね。
また、嘔吐した水分は吸収される前のものなので、嘔吐後に水分補給がちゃんとできるようなら脱水の心配はいらないようです。

嘔吐後のご飯はいつも通り与えても良いの?

赤ちゃんが嘔吐してしまった後のご飯は、普段通り与えてもいいのでしょうか。
もしくは、あまり与えないほうが良いのでしょうか。
こちらも聞いてみました。

赤ちゃんが嘔吐したあとの食事

  • 50代男性 小児科 量を減らして与えた方が良い
    嘔吐の回数や全身状態にもよりますが、その後乳児が元気そうならと判断するのが保護者か医師なのかで判断が分かれます。欲しがるなら1時間以上あけて、少なめから与える方がよいでしょう。
  • 50代男性 小児科 量を減らして与えた方が良い
    量を減らしてやわらかめのものを食べさせるよう指示しています。また水分摂取を重視して無理には食べさせないように指導しています。
  • 40代男性 小児科 量を減らして与えた方が良い
    しばらく経口接種は控えて、30分ぐらいしてから水分をまず与えます。量を増しても吐かなければ少量から食事を与えていきます。
  • 50代男性 小児科 普段通り与えて良い
    突然の嘔吐があった際、その後乳児が元気そうなら、普段通りに与えても良いです。
  • 50代男性 小児科 普段通り与えて良い
    量を減らしてやわらかめのものを食べさせるよう指示しています。また水分摂取を重視して無理には食べさせないように指導しています。
  • 50代女性 小児科 普段通り与えて良い
    何事も様子をみながらです。基本的にお腹の調子が悪ければおなかを休ませるようにしてください。
  • 40代女性 小児科 普段通り与えて良い
    消化の良いものを中心で、まずは水分をとっても嘔吐がないことを確認の上です。
  • 40代男性 小児科 次の食事は抜いて様子を見た方が良い
    無理に食事を与える必要はないです。様子を見て数時間吐いていなければ食事を再開します。
  • 30代男性 小児科 次の食事は抜いて様子を見た方が良い
    嘔吐が複数回の場合は、水分だけで様子を見たほうが良い場合が多いです。
  • 50代男性 小児科 その他(まずは液体を摂取)
    まずはスープ、ジュースなどの液体を一さじ与えて、問題なければ20分後にもう一さじ。それ以上欲しがるようなら、少しずつ与えて良いと指導している。

集計では、「量を減らして与えた方が良い」という回答が最も支持される結果となりました。
まずは少量の水分から与えて、徐々に量を増やしていくことが良いようです。
また、やはり嘔吐の後には柔らかめの食べ物与える方が良いみたいですね。
一方、赤ちゃんの元気がない、お腹の調子があまりよくなさそうな場合は、食べ物は与えず水分だけで様子を見た方がいいようです。

赤ちゃんの嘔吐後の飲食は様子を見ながら少しずつ!

今回の調査では、赤ちゃんが嘔吐してしまった後は、まずは少量の水分補給から始めるべきとの結果となりました。
一度に大量の水分を摂取するとまた吐き気を催してしまうこともあるので、あくまでこまめに少量の水分補給が大切なようでした。
その後、赤ちゃんが元気そうならば柔らかい食べ物も少しずつ与えていくといいとのことでした。
赤ちゃんの嘔吐してしまったときは、元気があるかなど様子を見ながら少しずつ飲食をさせていくのがよさそうですね。

ツイート
この記事の著者

関連する記事