イシコメ

この目の痒みは、花粉症?ドライアイ?どのように対処法すべき?医師521人に聞きました

花粉症とドライアイ
花粉症による目の痒みとドライアイの違いとして最も多く挙がったのが、「目の痒み」や「目の渇き」の有無でした。次に季節性があるかどうかも判断基準になるとの意見もありました。また花粉症による目の痒みの対処法として、約6割の医師が「アレルギー用点眼薬」をあげ、次に「抗ヒスタミン薬」があげられました。ただし、これらの対処方法は単独ではなく、複数の方法を併用すると良いようです。
花粉症
イシコメ運営事務局 イシコメ運営事務局

目が痒い…。
花粉症の季節に目が痒くなってしまうと、花粉症になってしまったのかと心配になりますよね。
でもドライアイなだけかもしれない、と何が原因の目の痒みなのか迷われる方も多いのではないでしょうか。
我慢しきれず掻いてしまうとだんだん目がガサガサになっていき、腫れぼったい目になってしまいますので、安易に掻くこともできませんよね。

そこで今回は花粉症による目の痒みの特徴や対処法について一般内科、アレルギー科、眼科医計521名に聞いてみました!

※ 本調査は医師専用コミュニティサイトMedPeer(https://medpeer.jp/)にて、2018年3月10日〜3月13日にかけて行われ、一般内科、アレルギー科、眼科医計521名から回答を頂きました。

花粉症とドライアイを見分けるポイントは「目の痒み」

自分の症状が、花粉症によるものなのかドライアイによるものか、分からないという方もいらっしゃると思います。
まずは、「花粉症とドライアイを見分けるための最も大きなポイントはなんですか?」という質問に対し、以下の選択肢から選んでもらい、コメントを頂きました。

  • 目の痒み
  • 目の渇き
  • 目の霞み
  • 目の疲労感
  • 目の充血
  • 目の痛み
  • 目やにの有無
  • 光がまぶしく見える
  • その他

次のグラフが結果となります。

図1

  • 40代男性 一般内科 呼吸器内科 目の痒み
    痒みの有無が最も大きなポイントと考えます
  • 50代女性 一般内科 目の痒み
    目の痒みが花粉症には特徴的です。
  • 50代男性 一般内科 腫瘍内科 目の痒み
    ドライアイでは乾燥がメインで痒くはならないと思われます。
  • 60代男性 一般内科 消化器内科 目の渇き
    花粉症とドライアイを見分けるための最も大きなポイントは渇きです。
  • 50代男性 一般内科 呼吸器内科 目の渇き
    乾きが強かったり、コンタクトの影響が強ければドライアイを疑います。
  • 60代男性 一般内科 循環器内科 その他
    花粉の時期のみあるなら花粉症ととらえればよいと思います。
  • 50代男性 アレルギー科 一般内科 目やにの有無
    夜間に無意識に目を掻いて、翌朝に睫毛が目やにで固まり開眼しづらいなら、花粉症です。

約半数の医師が「目の痒み」が大きなポイントだと回答しました。目の痒みがあれば花粉症だと考える場合が多いようです。
また、医師からは「ドライアイでは乾燥がメインで痒くはならないと思われます」とコメントも頂き、ドライアイの場合に痒みが現れることはあまりないようです。
その他にも、目の乾燥の有無や季節性のものか一年中発現している症状であるか、というポイントで見分けられるという意見も見られました。

花粉症の季節に目の痒みが現れていれば、花粉症による症状として考えてよさそうです。

目が痒い時は点眼薬(目薬)を

では花粉症による目の痒みだったら、どのようにして対策すれば良いのでしょうか?
「花粉症を原因とする目の痒みを緩和するために最も効果的だと思われるものは何ですか?」という質問に対し、以下の選択肢から選んでもらい、コメントを頂きました。

  • 目を冷やす
  • アレルギー用の点眼薬を差す
  • 人口涙液で洗う
  • 抗ヒスタミン薬を服用する
  • その他

次のグラフが結果となります。

図2

  • 40代男性 眼科 アレルギー用の点眼薬を差す
    アレルギー用の点眼水が一番効果が期待できると思います。
  • 40代男性 アレルギー科、感染症科 アレルギー用の点眼薬を差す
    強い痒みの時には局所冷却も有効であろうがあまり言われていなく、点眼薬は副作用もほとんどないので、その二者で概ねコントロールできると思います。
  • 50代男性 一般内科 腎臓内科 アレルギー用の点眼薬を差す
    コンタクトの人はとってから点眼です。
  • 50代男性 一般内科 消化器内科 アレルギー用の点眼薬を差す
    流水で洗浄が一番という患者さんは多いです。
  • 60代男性 一般内科 呼吸器内科 抗ヒスタミン薬を服用する
    有効性、安全性が高く、副作用が少ない。経済的で高齢者でも飲みやすい。他剤との併用も問題ないです。
  • 60代男性 眼科 抗ヒスタミン薬を服用する
    抗アレルギー剤の全身投与は有効です。ただ、皮膚、鼻、喉など強い症状に合わせて薬の選択が必要です。
  • 40代男性 眼科 抗ヒスタミン薬を服用する
    どうしても改善なければステロイドが最強です。
  • 70代男性 一般内科、消化器内科 抗ヒスタミン薬を服用する
    アレルギー用の点眼薬と抗ヒスタミン薬を併用すればなお一層効果的です。
  • 50代男性 一般内科 呼吸器内科 その他
    アイボンで眼を洗う+アレルギー用点眼薬の併用がベストです。
  • 50代女性 眼科 人口涙液で洗う
    ステロイドの点眼は即効性ありますが、まずは洗い流すことからではないでしょうか。

調査の結果、「アレルギー用の点眼薬」または「抗ヒスタミン薬」を推奨する医師が非常に多くみられました。

医師のコメントでは、どちらか一つだけでなく症状に応じて併用を勧める意見が見られました。例えば、「アイボンで眼を洗う+アレルギー用点眼薬の併用」というように洗眼をしつつ、点眼薬の使用を推奨した医師もおられました。
つまり、薬だけでなく、自分でできることとして眼を流水で洗い流すのも有効のようですので、薬だけでなく洗い流すことも試してみましょう。
これらを試しても痒みが収まらない場合には、ステロイドの薬を勧める意見も見られました。

対策にはいくつか組み合わせがあるようなので、改善しない場合は受診して医師に相談してみるのがよさそうです。

花粉症による目の痒みには、点眼薬などによる対処を

今回の調査では、花粉症とドライアイを見分けるポイントとして、医師からは「目の痒み」や「目の乾き」が挙げられていました。
目の痒みの対処法については、アレルギー用の点眼薬や抗ヒスタミン薬、ステロイド薬などが有効なようでした。
また、薬だけでなく、アイボンや流水で目を洗うなども目の痒みに有効なようで、適切な薬の使用と花粉を目から洗い流すことの両方を心がけるのがよさそうです。

関連記事:
花粉症による目の症状とは?どう対処すればいい?医師520名に聞いてみました
ツイート
この記事の著者

関連する記事