ふわふわ浮くような浮動性めまい、原因や対処法は?医師550名に聞いてみました

浮動性めまい
浮動性めまいのもっとも多い原因疾患は「良性頭位発作性めまい」という結果となりました。しかしながら、その原因は多岐に渡るようです。また、浮動性のめまいを感じたときは、安静にしてしばらく様子を見て改善しなければ受診したほうが良いとの意見が多く寄せられました。一方で、麻痺や激しい頭痛を伴うときなどは脳疾患を疑うためすぐに受診した方が良い、という回答も見られました。
めまい
イシコメ運営事務局 イシコメ運営事務局

身体が揺れたり、ふらついてまっすぐ歩くことが困難になったりする、そんな経験はありませんか?
フワフワする・立ちくらみがするめまいを、浮動性めまいというようです。
参考:めまいQ &A|関連病院 大阪医科大学 脳神経外科学教室
このような浮動性めまいが出たときは、病院を受診すべきなのでしょうか。また、その原因や対処法はどんなものなのでしょうか。

今回の調査では、浮動性めまいの原因や対処法、随伴症状ですぐに病院を受診すべきかなど、医師550名に聞いてみました。

※ 本調査は医師専用コミュニティサイトMedPeer(https://medpeer.jp/)にて、2018年3月20日〜3月23日にかけて行われ、耳鼻咽喉科、脳神経外科、一般内科、神経内科医、計550名から回答を頂きました。

浮動性めまいの原因となる病気は?

「浮動性めまいを引き起こす病気として多いものはなんですか」という質問に対し、次の選択肢から選んでもらい、コメントを頂きました。

  • 良性頭位発作性めまい
  • 高血圧症
  • 心因性
  • 脱水
  • 脳梗塞
  • 貧血
  • 低血糖
  • 脳出血
  • 電解質異常
  • 突発性難聴
  • 脳腫瘍
  • その他

以下が結果となります。

  • 50代男性 一般内科 
    良性頭位発作性めまいが多いと思います。
  • 50代男性 一般内科
    良性発作性頭位眩暈症以外の症例を経験したことがないです。
  • 30代男性 一般内科
    頻度でいえば良性頭位発作性めまいだと思います。
  • 40代男性 アレルギー科
    高血圧が多いと思います。
  • 40代男性 一般内科
    一般的には高血圧が多いという実感です。
  • 70代男性 一般内科
    心因性のものが多いと思われます。
  • 50代女性 一般内科
    精神的なストレスで、出ることもあります。
  • 50代男性 一般内科
    一般にはストレス等自律神経のみだれでおこると考えられていますが、実際には原因はいろいろあると思います。
  • 60代男性 神経内科
    浮動性の場合はかなりいろいろな原因があるようです。

調査の結果、良性頭位発作性めまいが最も多く、続いて高血圧、心因性という結果となりました。
中には「良性発作性頭位眩暈症以外の症例を経験したことがないです」とコメントする医師もおり、浮動性めまいの原因として良性頭位発作めまいが多いことがうかがえます。

しかし、医師のコメントをみていると「様々な要因が考えられる」との意見もみられ、また回答も分散している印象を受けました。
そのため、良性頭位発作性めまいという回答が最も多かったものの、浮動性めまいの原因は多数考えられるとの見解が得られます。

めまいが初めて起きた時の対処法は?

続いて、「浮動性めまいが初めて起きた場合の対処法はなんですか」という質問に対し、次の選択肢から選んでもらい、コメントを頂きました。

  • あわてず安静にする
  • 病院で診察を受ける
  • ビタミンや栄養をしっかりとる
  • カフェインや香辛料を控える
  • その他

以下が結果となります。

  • 60代男性 神経内科
    まず安静にして症状が持続性のものか確認をして欲しいです。
  • 30代女性 一般内科
    安静にすることと診察を受けることが大切だと思います。
  • 40代男性 一般内科
    浮動性めまいだけなら安静で様子見ます。
  • 40代男性 神経内科
    安静にしていれば多くは改善すると思います。
  • 50代女性 脳神経外科
    安静にて症状改善無ければ受診すべきです。
  • 50代男性 一般内科
    とりあえず数十分程度は安静にして様子を見てください。
  • 30代男性 一般内科
    症状が持続するなら一度は精査を勧めます。
  • 50代男性 一般内科
    受診可能ならば診察を受けて対応すべきです。
  • 50代男性 一般内科
    ビタミンや栄養をしっかりとることです。
  • 70代男性 一般内科
    カフェインを控えた方がいいです。

医師からは「あわてず安静にする」との意見が最も多い結果となりました。
医師からは「安静にしていれば多くは改善すると思います」という意見を頂いており、一定の浮動性めまいは安静にしていればおさまるようです。

また、病院で診察を受けるという回答も多く寄せられましたが、医師からは「まず安静にして症状が持続性のものか確認をして欲しいです」とのコメントが寄せられました。
ただし「症状が持続するなら一度は精査を勧めます」といった医師の意見もあったことから、症状が改善されない場合は、受診するようにしましょう。

それでは、浮動性めまいで受診した方がよい状況とはどんな症状のときなのでしょうか?医師に聞いてみました。

すぐに病院を受診すべき浮動性めまいの随伴症状は?

「浮動性めまいの随伴症状で、すぐに病院を受診すべきものはなんですか」という質問に対し、次の選択肢から選んでもらい、コメントを頂きました。

  • 呂律が回らない
  • 激しい頭痛
  • 運動麻痺
  • 顔面や手足のしびれ
  • 呼吸困難
  • 視力低下
  • 嘔気嘔吐
  • 動悸
  • 肩や首の凝り
  • その他

以下が結果となります。

  • 50代男性 アレルギー科
    呂律がまわらないのは、緊急事態のような気がします。
  • 30代男性 一般内科
    呂律がまわらないときはすぐに受診すべきだと思います。
  • 40代女性 一般内科
    頭痛、神経症状があればすぐ受診です。
  • 40代男性 一般内科
    随伴症状ですぐさま病院を受診すべきものは激しい頭痛です。
  • 60代男性 一般内科
  • 言語障害や、運動障害を認める時です。
  • 40代男性 一般内科
    顔面の一側性のしびれ、構音障害、運動麻痺は脳血管疾患の可能性が強いです。嘔吐があれば小脳・脳幹疾患の可能性があります。
  • 30代男性 一般内科
    神経麻痺症状や、激しい頭痛で嘔吐がある場合は受診したほうがいいと思います。
  • 60代男性 一般内科
    麻痺、聴力低下の場合は早期受診が必要です。
  • 60代男性 一般内科
    嘔吐やしびれがあるようでしたら、受診が良いでしょう。
  • 30代男性 一般内科
    頭痛、しびれ、呼吸困難には注意が必要です。

調査の結果、「呂律が回らない」が最も多い回答となり、続いて「激しい頭痛」「運動麻痺」との回答も多く寄せられました。

医師からは「呂律が回らないというのは緊急事態のような気がします」、「顔面の一側性のしびれ、構音障害、運動麻痺は脳血管疾患の可能性が強い」というコメントや「神経麻痺の症状や、激しい頭痛で嘔吐がある場合は受診したほうがいいと思います」との意見を頂きました。
これらの症状は脳血管疾患や小脳・脳幹疾患などの重篤な疾患のサインとなっているようです。その際は、すぐに医療機関を受診するのがよさそうですね。

最後に、浮動性めまいの症状が現れた際、どの診療科を受診すべきか回答を頂きました。

浮動性めまいはどの診療科を受診すべき?

図4

  • 40代男性 一般内科 「耳鼻咽喉科」
    浮動性ならまず耳鼻科です。
  • 50代男性 一般内科 「耳鼻咽喉科」
    まずは耳鼻科、次は脳外科、神経内科、そしてもし何もなければ心療内科でしょうか。
  • 50代男性 一般内科 「耳鼻咽喉科」
    めまいだけなら耳鼻科でいいです。麻痺とか頭痛ひどいなら脳外です。
  • 40代男性 耳鼻咽喉科 「耳鼻咽喉科」
    内耳性めまいの鑑別が必要なので、まずは耳鼻咽喉科だと思います。
  • 50代男性 一般内科 「一般内科」
    一般内科から耳鼻科や脳外科に。
  • 60代男性 一般内科 「一般内科」
    まず窓口として受診し、その後必要な科に紹介します。
  • 50代男性 耳鼻咽喉科 「一般内科」
    全身疾患の除外が必要です。
  • 50代男性 アレルギー科 「神経内科」
  • 神経内科で問題ない場合に耳鼻科という手順でもよいかと思います。
  • 50代男性 一般内科 「神経内科」
    耳鼻科が先でもよいのですが、神経内科的な疾患の除外から開始しています。
  • 50代女性 総合診療 「脳神経外科」
    脳外科的に問題なければ耳鼻科受診です。

調査の結果、「耳鼻咽喉科」が最も多く、続いて「一般内科」「神経内科」の順に支持を集めました。
医師からは、「浮動性ならまず耳鼻科です」や「めまいだけなら耳鼻科でいいです。麻痺とか頭痛ひどいなら脳外です」とのコメントを頂きました。
まずは、耳鼻咽喉科で診てもらうということでしょうか。

ほかに「一般内科から耳鼻科や脳外科に」や「まず(一般内科を)窓口として受診し、その後必要な科に紹介します」といった一般内科を推す声も見られました。

一方で、神経内科を選択した医師からは「耳鼻科が先でもよいのですが、神経内科的な疾患の除外から開始しています」といった意見もあり、めまいの他に前項で挙げられたような脳関連の疾患を疑う症状がある場は、神経内科がよいのかもしれませんね。

浮動性めまい、危険な随伴症状が出た場合はすぐ受診を

今回の調査では、浮動性めまいの原因として「良性頭位発作性めまい」が最も多く回答されました。しかし、「高血圧」や「心因性」の可能性も指摘されており、様々な可能性があるようです。
また、浮動性のめまいが起きたときの対処法では「あわてず安静にする」ことが支持されました。医師のコメントを見る限り、多くは安静にしていれば治まるようです。
ですが、症状が治まらない場合や呂律が回らない、激しい頭痛がするといった随伴症状が現れているときは、脳疾患の可能性もあるため、すみやかに医療機関に受診しましょう。

ツイート
この記事の著者

関連する記事