イシコメ

下痢の際の水分補給には何が適しているの?医師523名に聞いてみました

下痢のときの飲み物
今回の調査では、523名の医師の方々に「下痢の際の水分補給に適した飲料は何か」という質問を行ったところ、最も多かった回答が経口補水液、次いでスポーツドリンクでした。経口補水液は下痢の時に失われたナトリウム、カリウムなど電解質の要素を含んだ飲料水であるため、下痢を起こした際の水分補給には適しているという意見が多く寄せられました。一方、スポーツドリンクを推奨する声も多かったものの、過剰摂取には注意という意見も見られました。
下痢
イシコメ運営事務局 イシコメ運営事務局

消化機能の異常により下痢を起こした際、大量の水様便が排出されるため、体内が水分不足となってしまい、水分補給が必要となります。
人間の体は60%が水分でできており、たった5%失っただけでも、熱中症や脱水症状に陥ってしまうようです。
参考: 赤十字NEWS

そのため、下痢で水分が体外に出てしまったら、すぐさま水分補給を行う必要がありますが、こうした下痢を発症した場合は、何を飲めばよいのでしょうか。

そこで今回は、「下痢の際の水分補給に適した飲料は何か」について、一般内科、消化器内科、計523名の医師の方々から回答を頂きました。

※ 本調査は医師専用コミュニティサイトMedPeer(https://medpeer.jp/)にて、2018年月1日〜4月4日にかけて行われ、一般内科医、消化器内科医、計523名から回答を頂きました。

下痢の際の水分補給に適した飲料は?

「下痢の際の水分補給に適している飲料は?」という質問に対し、次の選択肢から複数回答で選んでいただき、医師の皆さまから、さまざまなコメントを頂きました。

  • お湯
  • お茶
  • スポーツドリンク
  • 経口補水液
  • その他

以下が結果となります。

図1

下痢の際の水分補給に適している飲料はどのようなものが良いかという質問に対し、最も多かったのは「経口補水液」、次いでわずかな差で「スポーツドリンク」という結果となりました。
それでは、医師のコメントを見ていきましょう。

下痢には経口補水液が良い

  • 70代男性 一般内科 神経内科 
    出来れば経口補水液が良いですが、それまで体調・栄養が良ければお茶などいつも飲みつけているもので良いと思います。
  • 40代男性 一般内科
    基本的には白湯でいいですが、下痢が続いている場合は電解質などが入った経口補水液がいいでしょう。
  • 30代女性 一般内科 消化器内科
    飲めるものなら基本的になんでもいいですが、経口補水液が一番効果的だと思います。
  • 50代男性 一般内科 小児科
    スポーツドリンクは糖分を多く含むため不適(糖分を下げるために薄めたら電解質不足)で、お湯・お茶は吸収速度・吸収部位の負荷を考慮したら不適だと思うので、経口補水液をおすすめします。

医師からは、お茶や白湯などまずは飲めるものであればよいが、電解質がたくさん含まれている経口補水液を特に推す、といった内容のコメントが見られました。

なかには、「スポーツドリンクは糖分を多く含むため不適(糖分を下げるために薄めたら電解質不足)で、お湯・お茶は吸収速度・吸収部位の負荷を考慮したら不適だと思うので、経口補水液をおすすめします」といった声も寄せられています。
やはり、テレビのCMでも出ていたように水分補給には経口補水液が最適のようです。

また、以下の参考サイトによれば、経口補水液は、下痢で失われるナトリウム、カリウムなどが多く含まれているので、下痢症状を起こした際の水分補給にとても効果的なようです。
参考:社会福祉法人恩賜財団済生会 子供の急性胃腸炎

下痢にはスポーツドリンクも良い

  • 60代男性 一般内科 産婦人科
    スポーツドリンクが手近にある場合は飲んでもらい、あとは様子を見るのが良いと思います。
  • 60代男性 一般内科
    下痢の際の水分補給に適している飲料は、ポカリスエットのようなスポーツドリンクです。
  • 50代男性 一般内科 リウマチ科
    まずは、水分補給であれば、何を飲んでもいいと思いますが、できればスポーツドリンクが望ましいかなと思います。
  • 50代男性 一般内科 消化器内科
    スポーツドリンクでもよさそうですが、糖分が多すぎると浸透圧の関係で下痢がよくならない印象があります。
  • 50代男性 一般内科 アレルギー科
    腸液にカリウムが多く含まれている分、補充が大切だと思われます。腎機能低下の方など一部の方を除いては、カリウムの補充が体調の改善につながります。ただし、糖分が高いので注意が必要です。人工甘味料に代替えしているものはカロリーは良いものの、下痢になりやすいので注意が必要とも考えています。
  • 60代男性 一般内科 消化器内科
    一般的な軽い下痢の場合はスポーツドリンクを飲むことで十分に回復可能ですが、下痢がひどければ点滴による水分補給が必要になってくると思われます。
  • 40代女性 一般内科
    糖分の過剰摂取に注意が必要だとは思いますが、水分とミネラルの補給には浸透圧の面から適していると思います。

今回の質問の中で2番目に多かった「スポーツドリンク」でしたが、一番賛否が分かれる回答となりました。

「下痢の際の水分補給に適している飲料は、ポカリスエットのようなスポーツドリンクです」、「できればスポーツドリンクが望ましい」といった回答が多かったことに対し、スポーツドリンクには糖分が多く含まれている反面、ナトリウム、カリウムが経口補水液に比べてそこまで含まれていないため、下痢を起こした際の水分補給にはさほど向いていないという意見も一部に見られました。

ただし、他の医師の意見もまとめると下痢を発症した際、スポーツドリンクを全く飲んではいけない、飲むべきではないというわけではなく、あくまでスポーツドリンクの”過剰摂取”には気をつけるべきという意見が多いようです。

参考:社会福祉法人恩賜財団済生会 子供の急性胃腸炎
参考:社会福祉法人恩賜財団済生会 子どもの急性胃腸炎-横浜市東部病院で市民公開講座
参考:社会福祉法人恩賜財団済生会 塩分と脱水 ~経口補水液の作り方~

一部の医師からはお湯・お茶・その他も支持

  • 40代男性 一般内科
    スポーツドリンクは糖分が多いので注意が必要です。みそ汁やうどんの汁などのスープが良いでしょう。
  • 60代男性 一般内科
    お腹を温めるのはお湯などがいいですし、カテキンが入っていればもっといいです。出した分だけいれるのは生理食塩水がいいでしょう。
  • 50代女性 一般内科
    下痢の程度によりますが、自分自身は、まず白湯を飲んでいます。食事代わりにコンソメスープにしています。
  • 50代男性 一般内科
    水でもいいですが、冷たいよりも少し暖かいほうが飲みやすいかもしれません。
  • 50代男性 一般内科 消化器内科
    下痢の程度にもよりますが経口摂取が可能な状況では選択肢は全て検討します。しかし経口にこだわり過ぎることはせず、点滴投与に適宜変更します。
  • 40代女性 一般内科 呼吸器内科
    基本的に刺激的な飲み物でなければ、本人が飲みたいものでいいです、と患者さんには言っています。
  • 50代男性 一般内科 循環器内科
    スポーツ飲料は糖分が多いので、お茶と水を交互に飲むように指導しています。

「お湯」や「お茶」、「その他」を選択した医師からは、温かいものを推奨する声やみそ汁やうどんの汁、コンソメスープなどをすすめるコメントが寄せられています。

また、「基本的に刺激的な飲み物でなければ、本人が飲みたいものでいいです、と患者さんには言っています」といったコメントも見られました。
先生によっては、なにを飲むかではなく、身近なものやどれなら飲めるかを重視していることがうかがえますね。

下痢の時には経口補水液やスポーツドリンクを

今回の調査では「下痢の際の水分補給に適した飲料は何か」という質問に対し、お湯、お茶、スポーツドリンク、経口補水液、その他の中から複数回答で選んで頂いたところ、最も多かった回答が経口補水液、次いでスポーツドリンクという結果になりました。
経口補水液には、下痢で失われたナトリウム、カリウムなど電解質を補充するためにおすすめという意見が多数ありました。
一方で、スポーツドリンクを推奨する先生方も多かったものの、糖分が多すぎるからという理由により、下痢時のスポーツドリンク補給はあまり推奨できないという声も一部ありました。ただし、スポーツドリンクを全く飲んではいけない、飲むべきではないというわけではなく、あくまでスポーツドリンクの”過剰摂取”には気をつけるべきという意見が多いようです。
みなさんも今後下痢を起こした際、経口補水液や、過剰摂取には気をつけたうえでスポーツドリンクを飲んでみてはいかがでしょうか。

ツイート
この記事の著者

関連する記事