都の地域医療構想「柔軟で評価できる」- 都医師会・尾崎会長が見解

都の地域医療構想「柔軟で評価できる」- 都医師会・尾崎会長が見解
 東京都医師会の尾崎治夫会長は16日に開いた記者会見で、都が策定した2025年に目指すべき医療提供体制の姿を示した地域医療構想の案について、「患者さんの流れを尊重して、病床整備と事業推進とを分けて柔軟に対応できるものになった。私たちの要求が ...
外部PICK
医療介護CBニュース
続きを読む

医師のコメント

  • 目々澤 肇
    6月16日に行われた東京都医師会定例記者会見にて尾崎治夫会長は、都が策定した2025年に目指すべき医療提供体制の姿を示した地域医療構想の案について「評価できる」とコメントしました。東京都は「地域医療構想は原則的に二次医療圏を構想区域として取りまとめるため、都は「病床整備区域」と呼ぶ構想区域で13に分けた。一方、患者が二次医療圏をまたいで医療機関を受診することなどに配慮して、5疾病5事業などの推進は病床整備区域にとらわれないこと」などの都医からの要望を受け止めて策定しています。
    投稿日時:
ツイート

関連する記事