イシコメ

厚労省、6月1日付で認知症薬の少量投与を容認へ | 認知症ねっと

厚労省、6月1日付で認知症薬の少量投与を容認へ | 認知症ねっと
抗認知症薬の使用規定に対して、厚生労働省は、5月31日までに添付文書で定めた規定量未満での少量投与を容認し、周…
外部PICK
イシコメ運営事務局 認知症ねっと
続きを読む

医師のコメント

  • 目々澤 肇
    ドネペジル・ガランタミン・リバスチグミンなど抗コリンエステラーゼ系の薬剤は本来の治療有効量を投薬するのが原則ですが、消化器症状・過度の興奮などの副作用から「一歩手前」の薬用量で継続することがよくあります。これらは症状詳記等により保険審査をうけて半ば容認されてはいたものの、あくまで「継子扱い」でした。今回の厚労省の判断はこうした処方に対し一律の査定がなされなくなるものであり、臨床医の裁量権が認められたものです。ただし、一部の医師らによる「極少量投与」に対する懸念が「日経メディカル」の別記事に記載されており、できればそれも同時にご覧いただくことをお勧めいたします。
    投稿日時:
ツイート

関連する記事