不眠症はどの診療科にかかるべき?症状を医師に伝えるポイントは?精神科・心療内科医232名アンケート調査

寝る熊のイラスト
「不眠症で病院を受診する場合、どの診療科が最適ですか」という質問に対し、半数以上の医師が「精神科」と回答しました。その背景には、他の精神疾患が隠れていないか鑑別する必要があるため、との意見が多く見られました。また、不眠症だけならば睡眠外来や心療内科がいいとのコメントもありました。続いて「不眠症で病院を受診する場合、医師に必ず伝えるべき症状のポイントは何ですか」と質問を行った結果、不眠のタイプ(寝つきが悪い、寝た感じがしない、日中に眠い、早朝に目が覚めるなど)が最も多く支持されました。睡眠のタイプによっては処方する薬が変わるなど、医師にとって大きなポイントとなっているようです。
メンタルの悩み
イシコメ運営事務局

不眠症に悩み、病院へ行こうと考えたはいいものの、どの診療科に行けばいいのかわからない…。そんな思いをされた方もいるのではないでしょうか。
色々な診療科があるがゆえに、結局どの科が最適なのか判断が難しいですよね。
そこで今回は、不眠症で病院を受診する際に最適な診療科と、その際に医師へ症状を伝えるポイントについて、精神科・心療内科医232名に聞いてみました。

※ 本調査は医師専用コミュニティサイトMedPeer(https://medpeer.jp/)にて、2018年4月13日〜4月16日にかけて行われ、精神科・心療内科医、計232名から回答を頂きました。

半数以上の医師が、不眠症で受診する際の最適な科は精神科と回答

「不眠症で病院を受診する場合、どの診療科が最適ですか」という質問に対し、以下の選択肢から選んでもらい、コメントを頂きました。

  • 精神科
  • 心療内科
  • 睡眠外来
  • 呼吸器内科
  • 耳鼻咽喉科
  • 内科
  • 神経内科
  • 脳神経外科
  • その他

以下が結果となります。

  • 60代男性 心療内科 「精神科」
    精神科は敷居が高いかもしれませんが受診する意義はあります。
  • 50代男性 心療内科 「精神科」
    うつ病などの背景疾患の鑑別が必要だからです。
  • 40代男性 精神科 「精神科」
    眠剤の使用は精神科が慣れているので、精神科がいいと思います。
  • 40代男性 心療内科 「精神科」
    睡眠状態が他の病気から来ていないかの鑑別が必要だからです。
  • 40代男性 精神科 「睡眠外来」
    睡眠外来があればそれが一番いいと思います。
  • 70代男性 心療内科 「睡眠外来」
    病院の場合には、睡眠外来があれば最も良いと思います。しかしその患者を診て精神疾患が背景にあるとおもわれる場合には精神科への紹介がいいと思います。
  • 40代男性 精神科 「睡眠外来」
    睡眠外来は神経内科系と精神科系の両方があると思いますが、いずれにしろ、専門的に診療していますので、そちらに受診されることをお奨めします。
  • 30代男性 精神科 「心療内科」
    不眠症だけなら、心療内科がいいと思います。
  • 40代男性 心療内科 精神科 「心療内科」
    睡眠薬の使用については、精神科や心療内科が秀でていると思います。
  • 50代男性 精神科 「心療内科」
    不眠のみであれば心療内科を標榜する病院受診が適しているのではないでしょうか。

「不眠症で病院を受診する場合、どの診療所科が最適ですか」という質問に対し、62%と半数以上の医師が「精神科」と回答する結果となりました。
医師からは精神科・心療内科は睡眠薬の扱いに慣れているとのコメントや、他の病気と関係していないか、うつ病などの背景疾患の鑑別が必要といったコメントを頂きました。
何が原因で眠れないのか?その背景に精神疾患を抱えていないか?などを診る必要があるようです。

また、睡眠外来、心療内科と回答した医師からのコメントでは、「病院の場合には、睡眠外来があれば最も良い」や「不眠症だけなら、心療内科がいい」といったものが寄せられました。
不眠症だけならば精神科だけでなく、睡眠外来、心療内科でも十分対応できるようですね。
しかし「患者を診て精神疾患が背景にあるとおもわれる場合には精神科への紹介がいい」といった医師のコメントにもあるように、精神疾患が隠れているようであれば精神科へ紹介との流れになるようです 。

では次に、病院を受診した際に、医師にどのようなポイントを伝えるべきなのでしょうか。

不眠症で病院を受診した時に、医師に伝えるべきポイントは“不眠のタイプ”

「不眠症で病院を受診する場合、医師に必ず伝えるべき症状のポイントは何ですか」という質問に対し、以下の選択肢から選んでもらい、コメントを頂きました。

  • 不眠のタイプ(寝つきが悪い、寝た感じがしない、日中に眠い、早朝に目が覚めるなど)
  • 普段の生活リズム
  • 不眠以外ででている症状
  • 不眠によって起こっている日常生活での不具合
  • 不眠になったきっかけで思いあたること
  • その他

以下が結果となります。

  • 50代男性 心療内科
    不眠のタイプで処方する薬が異なってきます。
  • 50代男性 精神科
    不眠のタイプによっては、背景にある疾患を想定しなければなりません。
  • 40代男性 精神科
    生活歴も含め背景をよく聞くことが重要です
  • 50代女性 心療内科
    出来るだけ投薬したくないので、経過は詳細に聞きます。
  • 50代男性 心療内科
    日頃の生活を聞くことが大事です。
  • 30代女性 精神科
    飲酒・喫煙の有無、健康時の睡眠パターン他、いびきの指摘など。
  • 70代男性 心療内科
    不眠症の全体像を捉えて、今後の治療方針を長期的に立てるために、不眠になったきっかけ、不眠のタイプ、普段の生活リズムを知っておきたいです。
  • 40代男性 精神科
    単なる神経症性不眠ならまだよいのですが、不眠の背景にはもっと重大な精神疾患がある場合も多いので、すべてに気をつけています。
  • 40代男性 精神科
    おおくはリズム不整がかかわっていることが多く、日中の活動性を上げることで改善する方が多いです。症状を細かく聞くのは必要です。
  • 40代男性 精神科
    いずれも重要だと思いますが、いずれの症状もすべてお聞きして、把握してからでないと処方する睡眠薬の種類が特定できません。

本調査では、「不眠のタイプ(寝つきが悪い、寝た感じがしない、日中に眠い、早朝に目が覚めるなど)」が最も多く支持されました。
医師からは不眠のタイプによって処方する薬が異なる、不眠のタイプによっては背景にある疾患を想定する必要があるなどのコメントが寄せられました。
また、上記のコメントをまとめると、医師たちは不眠症の診察のなかで、以下のような内容について、問診として聞いているようでした。

  • 不眠になったきっかけ
  • 不眠のタイプ
  • 普段の生活リズム
  • 健康時の睡眠パターン
  • いびきの指摘
  • 飲酒・喫煙の有無

このように不眠のタイプだけでなく、生活リズムや生活の詳細、いびきがあるか等を聞くことによって治療方針の策定に役立つようですね。
今起きている症状はもちろんですが、症状だけにとどまらず、普段の生活を伝えることも重要となっているようです。
コメントにあった「いびき」については、もし睡眠時無呼吸症候群という病気にかかっていると、睡眠に影響するだけでなく、心臓や血管に負担がかかるようです。詳しくは、以下の説明を参考にしてみてください。

睡眠時無呼吸症候群は、文字通り寝ている間に何回も呼吸が止まる病気です。英語では Sleep Apnea Syndrome といって、頭文字をとって SAS(サスと読みます)と呼ばれています。睡眠中、平均して1時間に5回以上、それぞれ10秒以上呼吸が止まる場合は、この症候群の可能性があります。(中略)この症候群は単に呼吸が止まるだけの病気ではありません。心臓、脳、血管に負担をかけるのです。実は、睡眠時無呼吸症候群があるだけで高血圧症、脳卒中、狭心症、心筋梗塞など循環器病を合併する危険が高まることがわかっています。無呼吸回数が多くなるにつれて、つまり重症になればなるほど、そのリスクは高くなります。

引用:[101] 睡眠時無呼吸症候群と循環器病 そのいびきが危ない!|国立循環器研究センター 循環器情報サービス

不眠症の受診先は、精神科が最も支持を集める結果に。不眠のタイプや日常生活の状況をしっかりと伝えましょう。

今回の調査では、「不眠症で病院を受診する場合、どの診療科が最適ですか」という質問に対し、62%の医師が「精神科」と回答しました。
半数以上の医師が不眠症の場合は精神科を受診すべきと考えていることがわかります。
その背景には、他の精神疾患が隠れていないか鑑別する必要があるため、との意見が多く見られました。
睡眠外来や心療内科を選択した医師からも、不眠症だけならば心療内科・睡眠外来、診察して精神疾患が背景にあると思われれば精神科に紹介する、といったコメントがあり、背景に精神疾患が隠れているか否かの鑑別が大切であることがわかります。
また、診察の際に医師に伝えるべきポイントは「不眠のタイプ(寝つきが悪い、寝た感じがしない、日中に眠い、早朝に目が覚めるなど)」が最も多く支持されました。加えて、不眠のタイプ以外にも生活リズムや生活習慣・嗜好といった、日常生活に関わる内容も大事なようでした。
医師の診療方針に関わってくる内容になるため、これらのポイントを整理して、受診の際はしっかりと伝えられるようにしましょう。

ツイート
この記事の著者

関連する記事