イシコメ

嘔吐を伴う胃痛の原因とは?病院に行くべき?535名の医師に聞いてみました

お腹を痛がる人形
調査では、「嘔吐を伴う胃痛がする場合、病院を受診すべきですか」と質問したところ、医師の74%が「症状が続くようであれば受診するべき」との見解を示しました。医師からのコメントでは、症状が続くと胃潰瘍、胆石、胆嚢炎、膵炎などの可能性があるとの危惧する声が寄せられています。また、重篤な疾患が潜んでいる可能性があるため受診すべきとの声も見受けられました。続いて「嘔吐を伴う胃痛の原因として多い疾患は何ですか」という質問では、「感染性胃腸炎」との回答が最多となりました。コメントでは、一般的に感染性、急性胃腸炎のような軽症なものが多いという意見も見られましたが、「高齢者だと肺炎、心筋梗塞、総胆管結石が隠れていて侮れない症状」と述べた医師もいらっしゃいました。
胃痛・腹痛
イシコメ運営事務局 イシコメ運営事務局

突然胃が痛みだしてつらい…。
そのような経験をしたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
なかには痛みだけでなく、吐き気や嘔吐を催すこともあるようです。
これらの症状の原因は、いったい何なのでしょうか。
また、こういった症状の場合、病院を受診した方が良いのでしょうか。

そこで今回は「嘔吐を伴う胃痛の原因と、病院を受診すべきか」について、一般内科、消化器内科医、計535名に聞いてみました。

※ 本調査は医師専用コミュニティサイトMedPeer(https://medpeer.jp/)にて、2018年5月4日〜5月7日にかけて行われ、一般内科医、消化器内科医の計535名から回答を頂きました。

嘔吐を伴う胃痛の「症状が続くようなら受診するべき」と7割の医者が回答

  • 50代男性 一般内科 症状が続くようであれば受診するべき
    症状が続くようであれば、胃潰瘍、胆石、胆嚢炎、膵炎などを考えます。
  • 40代男性 一般内科 症状が続くようであれば受診するべき
    自宅での対症療法をしても改善がないようなら受診すべきです。
  • 60代男性 一般内科 消化器内科 症状が続くようであれば受診するべき
    症状が続いたり出血をともなう嘔吐であれば、必ず受診したほうがいいと思います。
  • 50代男性 一般内科 症状が続くようであれば受診するべき
    すぐに行く必要はありませんが、だんだん悪化したり、長期化すれば受診すれば良いと思います。
  • 40代男性 一般内科 症状が続くようであれば受診するべき
    一般的には食あたりが一番多いです。
  • 50代男性 一般内科 消化器内科 症状が続くようであれば受診するべき
    急性のものなら2、3食続けて食べられない場合。慢性のものなら目に見えて痩せてきたときですね。
  • 50代男性 一般内科 症状が続くようであれば受診するべき
    原因としては急性胃腸炎が多いのでとりあえず治療しますが、続くようであれば病院での精査は必要と思います。
  • 50代男性 一般内科 症状が続くようであれば受診するべき
    症状が持続するようであれば受診が必要ですが、たいていは必要ありません。
  • 50代男性 一般内科 症状が続くようであれば受診するべき
    吐物の性状にもよりますが、初回の嘔吐があっただけで、受診の対象かは疑問です。
  • 50代男性 消化器内科 受診すべき
    安静にして収まりそうなら様子をみればいいし、気になるなら受診すればいいです。ほとんどが緊急性は無いと思いますが、嘔吐したことによりマロリ-ワイスになり、急患になってしまうこともあります。
  • 50代男性 一般内科 消化器内科 受診すべき
    重篤な疾患が潜んでいる可能性があります。
  • 50代男性 一般内科 受診すべき
    食事ができない場合が多いので輸液が必要な場合があるためです。
  • 50代男性 一般内科 受診すべき
    強い症状は受診すべきです。
  • 50代男性 消化器内科 あまり受診しなくてもよい
    重篤な疾患が潜んでいる可能性がある。感染性胃腸炎が殆どのため、受診しても治療法はありません。
  • 50代男性 一般内科 消化器内科 あまり受診しなくてもよい
    嘔吐を伴うからといって重症とは限らないと思います。
  • 60代男性 一般内科 受診しなくてもよい
    患者さんが気になれば受診すれば良いと思います。

「嘔吐を伴う胃痛がする場合、病院を受診すべきですか」と質問したところ、医師の74%が「症状が続くようであれば受診するべき」との見解を示しました。

医師のコメントを見ると、症状が続くと胃潰瘍、胆石、胆嚢炎、膵炎などの可能性があると危惧する声が見られました。
また、症状が続いたり、出血が伴う嘔吐があったりすれば受診した方がよいとする声も聞かれました。
なかには「急性のものなら2,3食続けて食べられない場合。慢性のものなら目に見えて痩せてきたとき」といった具体的な受診タイミングを述べた医師もいらっしゃいました。
上記コメントを参考に、いつ頃受診すべきか検討してみてはいかがでしょうか。

さて、こうした胃痛があってさらに嘔吐する病気って具体的に何があるのでしょうか?こちらも医師に聞いて見ました。

嘔吐を伴う胃痛の原因は「感染性胃腸炎」が最も多い

次に「嘔吐を伴う胃痛の原因として多い疾患は何ですか」という質問を医師に行い、以下の選択肢から選んでもらい、コメントを頂きました。

  • 感染性胃腸炎
  • 急性胃炎
  • 逆流性食道炎
  • 胃・十二指腸潰瘍
  • 虫垂炎
  • マロリーワイス症候群
  • アニサキス症
  • その他

以下が結果となります。

  • 50代男性 一般内科 
    ノロウイルスなどが原因の急性胃腸炎が多いと思います。
  • 50代男性 一般内科
    人数では最も多いのがノロウイルスです。
  • 40代男性 一般内科
    ウイルス性の胃腸炎が最も多いかなと思います。
  • 50代男性 一般内科
    重症疾患を想起しがちですが、(受診されたら除外鑑別は必要ではあるが)一般的には感染性、急性胃腸炎のような軽症なものが多いかと思います。
  • 70代男性 一般内科 消化器内科
    感染性胃腸炎はよく嘔吐、腹痛、下痢を伴います。また胆石発作も嘔吐、腹痛がよく出ます。
  • 60代男性 一般内科
    感染性胃腸炎、急性胃炎では、痛みと嘔吐を伴います。
  • 50代男性 一般内科
    急性胃腸炎が一番多いでしょうし、診断は難しいです。
  • 50代男性 一般内科
    感染性胃腸炎が多いですが、がんを含め、他の器質的疾患の除外が必要です。
  • 50代男性 一般内科
    嘔吐を伴い、発熱もあれば感染性胃腸炎を考えます。
  • 60代男性 一般内科
    そもそも最近は胃痛を診る事が少なくなりました。いわゆる胃腸炎が多いように思います。
  • 50代男性 一般内科
    これらどれでもありますね。なおマロリ-ワイスは胃痛の原因ではなく結果ですけど。
  • 30代男性 消化器内科
    高齢者ほど、肺炎だったり、心筋梗塞、総胆管結石が隠れていて侮れない症状と思います。
  • 40代男性 一般内科
    症状が続く時には何かしら疾患があること多いです。
  • 50代男性 一般内科
    アニサキスは嘔吐というよりともかく疝痛です。
  • 60代男性 一般内科
    大半の例では食べすぎが多いです。

「嘔吐を伴う胃痛の原因として多い疾患は何ですか」という質問に対し、「感染性胃腸炎」との回答が最多となりました。

感染性胃腸炎については、以下のHPで説明されています。

感染性胃腸炎とは

感染性胃腸炎とは、細菌やウイルスなどの病原体による感染症です。ウイルス感染による胃腸炎が多く、毎年秋から冬にかけて流行します。

原因となる病原体には、ノロウイルス(Noro virus)、ロタウイルス(Rota virus)などのウイルスのほか、細菌や寄生虫もあります。

感染経路は、病原体が付着した手で口に触れることによる感染(接触感染)、汚染された食品を食べることによる感染(経口感染)があります。

引用:感染性胃腸炎(ウイルス性胃腸炎を中心に)|東京都感染症情報センター

医師のコメントを見ると、なかでも胃腸炎が多いようですね。
一般的にはノロウイルスなどの感染性胃腸炎や急性胃炎のような病気が多いという意見も寄せられていますが、「がんを含め、他の器質的疾患の除外が必要」や「胆石発作も嘔吐、腹痛がよく出ます」といったコメントも見られました。
なかには、「高齢者だと肺炎、心筋梗塞、総胆管結石が隠れていて侮れない症状」と述べた医師もおり、高齢者の場合は、より重篤な病気の場合があるようで、注意する必要があるようです。

嘔吐を伴う胃痛の場合、症状が続くようなら受診を

本調査によれば、嘔吐を伴う胃痛の場合、「症状が続くようであれば病院を受診するべき」という回答が最も支持を集める結果となりました。
医師のコメントをみると、出血をともなう嘔吐や症状が続くようであれば受診した方が良いとのことです。
続いて、嘔吐を伴う胃痛の原因として多い疾患は「感染性胃腸炎」が最多でした。
ただし、医師のコメントでは、高齢者だと肺炎、心筋梗塞、総胆管結石などの重篤な疾患が隠れているケースがあるようで、注意する必要があります。
嘔吐を伴う胃痛を患っている方は、本記事のコメントを参考に、受診を検討してもらえればと思います。

ツイート
この記事の著者

関連する記事