市販薬は胃痛に効果ある?病院を受診すべき胃痛とは?535名の医師に聞いてみました

胃痛と市販薬
本調査の結果、「胃痛の緩和に市販薬は効果がありますか」という質問に対し、8割以上の医師が市販薬の効果について肯定的な回答となりました。医師のコメントを見ると、軽度の症状緩和であれば効果があるとの意見や、プラセボ効果によって効果があるとの声もありました。なかには、「多少はあると思うし、受診が過剰にならなくて済んでいます」と述べた医師もおり、市販薬が少なからず症状緩和に貢献していることが窺えます。続いて「病院を受診すべき胃痛はどのような胃痛ですか」という質問では、「激しく痛む」が最も多く、次に「背中に抜ける痛みがある」、「徐々に痛みが悪化する」が続きました。激しい痛みの場合は、急性増悪中の疾患(潰瘍穿孔、急性胆嚢炎、心筋梗塞等)、背中に抜ける痛みは膵疾患(急性膵炎等)、移動性の疼痛は腸管系疾患・尿管系疾患・大動脈疾患(解離等)が疑われるとの見解を示した医師の方もいらっしゃいました。
胃痛・腹痛
イシコメ運営事務局

市販の胃薬ですが、その効能は本当なのか、気になる方もおられるかと思います。市販薬で済ませてしまうか、病院に行き処方してもらうか悩みどころですし、医師の意見を聞いてみたいところですよね。
また、一口に胃痛といってもさまざまで、もしかしたら危険な疾患を患っている可能性も拭いきれません。
それではどのような胃痛の場合に、病院を受診すべきなのでしょうか。

そこで今回は「胃痛の緩和に市販薬は効果があるか」、「病院を受診すべき胃痛はどのような胃痛か」について、一般内科、消化器内科医、計535名に聞いてみました。

※ 本調査は医師専用コミュニティサイトMedPeer(https://medpeer.jp/)にて、2018年5月4日〜5月7日にかけて行われ、一般内科医、消化器内科医の計535名から回答を頂きました。

8割以上の医師が胃痛に市販薬の効能を認めている

図1

  • 50代男性 一般内科 多少は効果がある
    軽度の症状ならば多少は効果があります。
  • 40代男性 一般内科 多少は効果がある
    多少はあると思うし、受診が過剰にならなくて済んでいます。
  • 50代男性 一般内科 多少は効果がある
    症状を緩和するのには効果がありますが、そのままにしておくことには危険があります。
  • 50代男性 一般内科 消化器内科 多少は効果がある
    プラセボの効果はあると思います。
  • 40代男性 一般内科 多少は効果がある
    気休め程度に少し効いた気がしますが、プラセボ効果かもしれません。
  • 50代男性 一般内科 多少は効果がある
    原因、また市販薬の成分にもよるので一概にはいえませんが、両方が合えば効果はなくはないと思います(成分の量は病院処方薬より少ないので、効果が弱い可能性はありますが)。
  • 50代男性 一般内科 多少は効果がある
    症状緩和という意味では飲む価値はないとは言えません。
  • 50代男性 一般内科 効果がある
    様々な薬が市販されており、H2ブロッカーを中心に効果のある薬剤も多いと思います。
  • 60代男性 一般内科 効果がある
    最近はガスターも市販されていて、市販薬でも効果はあります。
  • 30代男性 一般内科 あまり効果はない
    原因が改善しない限りあまり効果がないかと思います。
  • 50代男性 一般内科 ほとんど効果はない
    全くなしです。ガスターなら効果はあります。

「胃痛の緩和に市販薬は効果がありますか」という質問に対し、「多少は効果がある」と「効果がある」の回答を合計すると、実に86%の医師から市販の胃薬の効果を支持する結果となりました。

医師からは、軽度の症状緩和であれば効果があるとのコメントが寄せられました。また、プラセボ効果によって効果が得られるとの声も頂いています。
なかには、「多少はあると思うし、受診が過剰にならなくて済んでいます」と述べた医師もおり、市販薬が少なからず症状緩和に貢献していることが窺えます。

また、H2ブロッカーと呼ばれる胃薬の種類、特にガスターなどであれば効果があると述べた医師もいらっしゃいました。市販薬の種類によっては効果がある、と考える医師もおられるようです。

激しく痛む、背中に抜ける痛みのある胃痛は病院へ

さて、先ほどのコメントでも「そのままにしておくことには危険があります」と述べた医師がおられましたが、市販薬で効果を認めることはあるものの、病院を受診すべき胃痛についても知っておいた方が安心ですよね。こちらについても聞いてみましょう。

「病院を受診すべき胃痛はどのような胃痛ですか」という質問に対し、以下の選択肢から選んでもらいコメントを頂きました。

  • 激しく痛む
  • 背中に抜ける痛みがある
  • 痛む箇所が時間とともに移動する
  • 徐々に痛みが悪化する
  • 胃痛以外の付随した症状(熱・吐き気など)をともなう
  • その他

以下が結果となります。

  • 50代男性 一般内科
    症状がひどい場合や、胃痛以外の症状の合併時は受診したほうが良いです。
  • 40代女性 消化器内科
    心血管イベントの可能性があるものと腹膜刺激症状があるものは一刻を争います。
  • 50代男性 一般内科 消化器内科
    いずれも重篤な疾患が潜んでいる可能性は否定できません。
  • 50代男性 一般内科
    ある程度経過観察しても軽快しない、自制できない、強い随伴症状を伴うケースは、受診すべきです。
  • 50代男性 一般内科
    激痛やひどくなる場合、重篤な疾患が疑われる場合は受診した方がいいと思います。
  • 50代男性 消化器内科
    上腹部の痛みを「胃痛」と言っているだけです。胃の病気とは限りません。何が隠れているか分かりません。気になるなら受診を。悪化するなら受診を。受診できないほど辛いなら誰かを呼んでください。
  • 40代女性 一般内科
    吐き気などは感染症など原因がはっきりわかることが多いので、むしろ受診が不要なこともあると思います。
  • 50代男性 一般内科
    激しい痛みは急性増悪中の疾患(潰瘍穿孔、急性胆嚢炎、心筋梗塞等)が疑われ、背中に抜ける痛みは膵疾患(急性膵炎等)が疑われ、移動性の疼痛は腸管系疾患・尿管系疾患・大動脈疾患(解離等)が疑われるので、病院受診要と考えます。
  • 50代男性 一般内科
    時に心筋梗塞などのこともあるので強い疼痛では受診するよう指導しています。
  • 50代男性 一般内科
    "痛む箇所が移動する"は便秘だったことがあります。ただいずれにせよ激しい腹痛は受診した方が良いです。なかには尿路結石も含まれていますけど。

「病院を受診すべき胃痛はどのような胃痛ですか」という質問に対し、「激しく痛む」が70%以上、次に「背中に抜ける痛みがある」、ほぼ同着で「徐々に痛みが悪化する」が共に60%を超える結果となりました。
医師のコメントを見ると、やはり激しい痛みの場合は病院を受診した方が良さそうです。

そして激しい痛みの場合は、急性増悪中の疾患(潰瘍穿孔、急性胆嚢炎、心筋梗塞等)、背中に抜ける痛みは膵疾患(急性膵炎等)、移動性の疼痛は腸管系疾患・尿管系疾患・大動脈疾患(解離等)が疑われる、との考えを示した医師の方もいらっしゃいました。

まとめると、激しい胃痛や、強い随伴症状が現れている場合は、早めに受診をした方が良さそうですね。

市販薬で対処しても症状が軽快しない場合、または激しく痛む場合は無理せず受診しましょう

本調査によれば、胃痛の緩和に市販薬はある程度効果があり、軽度の症状緩和や、プラセボ効果によって効果が現れるとのコメントが寄せられました。
また、「効果はない」と回答した医師の中にもH2ブロッカー、特にガスターなどの市販薬であれば効果があるとの意見が見られました。

続いて、病院を受診すべき胃痛は、「激しく痛む」、「背中に抜ける痛みがある」、「徐々に痛みが悪化する」といった場合のようでした。医師のコメントでは、激しく痛む場合には急性増悪中の疾患などいろいろな重篤の疾患が疑われる、との意見が見られました。

症状を悪化させないためにも、本記事のような症状が出たら、早めに病院を受診するようにしましょう。

ツイート
この記事の著者

関連する記事

閲覧数ランキング

  1. 7割が妊娠中にも性行為します!どこまでOKなのか、何がNGなのかまとめてみた

  2. 腹痛のない下痢、続くなら病院へ行くべき?523名の医師に聞いてみました

  3. 閉経後も妊娠の可能性はあるの??産婦人科医130名に聞いてみました

  4. 風邪をひいている時って飲酒しても大丈夫?飲酒が与える悪影響って一体何?医師501人に聞いてみました

  5. 皮膚科医200人に聞いた本当に正しいニキビ跡の消し方

  6. 発熱だけの症状で考えられる病気って何?病院は受診した方がいいの?医師524人に聞いてみました

  7. 全部無駄だったの!? イチゴ鼻の治し方を皮膚科医200人にきいてみた

  8. どれくらいの期間下痢が続いたら病院を受診するべき?医師549名に聞いてみました

  9. 風邪でかかるのは内科?耳鼻咽喉科?医師4200人アンケート調査

  10. 何日以上、熱が下がらないと病院に行くべき? 考えられる疾患は?医師523人に聞いてみました