腰痛を伴う胃痛、病院へ行くべき?隠れている疾患とは?535名の医師に聞いてみました

胃痛と腰痛
本調査の結果、「腰痛を伴う胃痛がする場合、病院を受診すべきですか」という質問に対し、7割以上の医師が「症状が続くようであれば受診するべき」との見解を示しました。医師のコメントでは、腰痛を伴う胃痛がする場合は血管系の病気を否定する必要があるといったほか、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、膵疾患、尿管結石や、腎盂腎炎早期、後腹膜疾患などさまざまな疾患が考えられるとの意見が見られました。続いて、「腰痛を伴う胃痛を引き起こす疾患で、多いものは何ですか」と質問したところ、「胃潰瘍・十二指腸潰瘍」、次に「腎盂腎炎」という結果となりました。医師のコメントや回答を見る限り、やはり多いのは「胃潰瘍・十二指腸潰瘍」のようです。しかし、急性大動脈解離や悪性腫瘍などの病気を懸念する声も寄せられました。腰痛を伴う胃痛では重篤な疾患が隠れている可能性もあることから、症状が続くようであれば医師の診察を受けることを推奨します。
胃痛・腹痛
イシコメ運営事務局

なんだか胃のあたりが痛み、それだけでなく腰の痛みまである…。
我慢するか、病院へ行くべきか悩む方もいらっしゃるのではないでしょうか。
もし何かの疾患が原因で胃痛と腰痛の2つが引き起こされていることがあれば知りたいですよね。

そこで今回は、「腰痛を伴う胃痛がする場合、病院を受診すべきか」、「腰痛を伴う胃痛を引き起こす疾患で多いものは何か」について、一般内科、消化器内科医、計535名に聞いてみました。

※ 本調査は医師専用コミュニティサイトMedPeer(https://medpeer.jp/)にて、2018年5月4日〜5月7日にかけて行われ、一般内科医、消化器内科医の計535名から回答を頂きました。

腰痛を伴う胃痛の症状が続くようであれば受診するべき

図

  • 40代男性 一般内科 症状が続くようであれば受診するべき
    血管系の病気を否定する必要が有ると思います。
  • 40代男性 一般内科 症状が続くようであれば受診するべき
    胃潰瘍や十二指腸潰瘍があるかもしれません。
  • 60代男性 一般内科 症状が続くようであれば受診するべき
    膵疾患が隠れていることがあります。
  • 50代男性 一般内科 症状が続くようであれば受診するべき
    尿管結石や腎盂腎炎早期の可能性が高いと思いますが、症状持続例は病院受診すべきと思います。
  • 50代男性 一般内科 消化器内科 症状が続くようであれば受診するべき
    別由来のことが多そうです。中には腰痛で痛み止めを飲み過ぎて胃が荒れている場合もあります。
  • 60代男性 一般内科 症状が続くようであれば受診するべき
    膵疾患が疑われます。
  • 50代男性 一般内科 消化器内科 症状が続くようであれば受診するべき
    腰痛があり、痛み止めを服用して、その副作用で胃炎というのなら話はわかりますが。腰痛を伴うことは基本的にありません。
  • 30代男性 一般内科 消化器内科 症状が続くようであれば受診するべき
    関連は分かりませんが、3日で治まらなければ受診です。
  • 60代男性 一般内科 受診するべき
    患者背景にもよりますが、がん年齢であれば肝胆膵の悪性疾患なども考慮すべきです。
  • 60代男性 一般内科 消化器内科 受診するべき
    やはりすい臓系や後腹膜疾患の可能性を考えると早めに検査したほうがよいと思います。
  • 50代男性 一般内科 消化器内科 受診するべき
    付随症状があれば受診すべきです。
  • 30代男性 一般内科 あまり受診しなくてよい
    尿管結石が考えやすいのですが症状にもよります。
  • 30代男性 一般内科 あまり受診しなくてよい
    多くはたいしたことがないと思います。
  • 60代男性 一般内科 受診しなくてよい
    患者さんが気になれば受診すれば良いと思います。

「腰痛を伴う胃痛がする場合、病院を受診すべきですか」という質問に対し、7割以上の医師が「症状が続くようであれば受診するべき」との見解を示しました。

医師のコメントを見ると、腰痛を伴う胃痛がする場合は血管系の病気を否定する必要があるといったほか、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、膵疾患、尿管結石や、腎盂腎炎早期、後腹膜疾患などさまざまな疾患が考えられるようです。そのため、症状が続くようであれば受診した方が良いとのことでした。また、3日で治らなければ受診、といったアドバイスも頂きました。
なかには、腰痛で痛み止めを飲み過ぎて胃が荒れている場合もあると述べた医師もいらっしゃいました。いくら腰痛がつらくても薬の飲みすぎは良くないようですね。

腰痛を伴う胃痛の場合、胃潰瘍・十二指腸潰瘍の可能性が最も高い

上記質問でもいくつか考えられる疾患について触れましたが、次に「腰痛を伴う胃痛を引き起こす疾患で、多いものは何ですか」という質問に対し、以下の選択肢から選んでもらいコメントを頂きました。

  • 胃潰瘍・十二指腸潰瘍
  • 胆石症
  • 虫垂炎
  • 悪性腫瘍
  • 炎症性腸疾患
  • 腎盂腎炎
  • その他

以下が結果となります。

  • 60代男性 一般内科
    痛みの程度や持続時間、そして他の所見にもよります。
  • 40代男性 一般内科 消化器内科
    胃潰瘍、十二指腸潰瘍が多いです。
  • 40代女性 一般内科 消化器内科
    胃腸疾患もありますが、怖いのは急性大動脈解離です。
  • 50代男性 一般内科
    泌尿器科疾患のほか腹部大動脈瘤を除外する必要があります。
  • 50代男性 一般内科
    関連通を含め重症疾患を合併している可能性があり受診をすすめます。
  • 50代男性 一般内科 消化器内科
    ひとつの病気で両方の症状があるときは悪性腫瘍が多い印象です。
  • 40代男性 一般内科
    腎盂腎炎の場合には高熱が出る場合があります。
  • 40代男性 一般内科 消化器内科
    病歴でだいたい判断つきますが飲酒歴があれば、慢性膵炎は考えます。
  • 60代男性 一般内科 消化器内科
    腰痛は下部消化管の悪性疾患が多いと思うので、腹痛と同時に発生することはあまりないと思いますが、イレウスなどを併発すればありえると思います。
  • 60代男性 一般内科
    体性痛と違って、内臓痛は非特異的です。関連痛を常に念頭に置いて鑑別診断を怠らないようにするべきです。
  • 30代男性 一般内科
    腎盂腎炎は有名ですが、小児ではあまり訴えないかもしれません。
  • 30代男性 消化器内科
    簡単に説明がつかないときは精査したほうがいいです。
  • 30代男性 一般内科
    胃痛が起こる原因としてはストレスが多いです。

「腰痛を伴う胃痛を引き起こす疾患で、多いものは何ですか」と質問したところ、「胃潰瘍・十二指腸潰瘍」が40%以上、次に「腎盂腎炎」が35%以上という結果となりました。

医師に多く選ばれた「胃潰瘍・十二指腸潰瘍」と「腎盂腎炎」ですが、以下のHPにて説明されています。

胃潰瘍・十二指腸潰瘍とは

胃・十二指腸潰瘍とは胃および十二指腸の粘膜筋板より深部に達した組織欠損である。急性胃・十二指腸粘膜病変として発症する急性型と、長年にわたり再発と治癒を繰り返す慢性型がある。
引用:胃・十二指腸潰瘍|今日の診療サポート

腎盂腎炎とは

腎盂内(腎臓内の尿のたまるところ)で細菌が繁殖し腎臓にまで炎症が及んだもの を腎盂腎炎といいます。
引用:腎盂腎炎(じんうじんえん)を知っていますか?|杏林大学医学部付属病院

医師のコメントや回答を見る限り、やはり多いのは「胃潰瘍・十二指腸潰瘍」のようです。

そして、調査の結果にて2番目に多かった「腎盂腎炎」の場合、高熱が出ることがあるとの指摘を頂きました。腰痛を伴う胃痛に、さらに付随する症状が現れたときは注意が必要のようですね。
一方で、急性大動脈解離や悪性腫瘍もありうると危惧する声も見受けられました。また、泌尿器科疾患のほか腹部大動脈瘤を除外する必要があるとの声もありました。なかには、濃厚な飲酒歴があれば慢性膵炎を疑う、とコメントした医師もおられたことから、やはり様々な病気の可能性が考えられるようです。

胃痛、腰痛が続く場合は胃潰瘍・十二指腸潰瘍などの可能性があるため受診を

本調査によれば、腰痛を伴う胃痛が現れた場合、症状が続くようであれば病院を受診すべきとの結果となりました。理由としては、血管系の病気を否定する必要があるといったほか、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、膵疾患、尿管結石や、腎盂腎炎早期、後腹膜疾患などさまざまな疾患が考えられるからのようです。

続いて、腰痛を伴う胃痛を引き起こす疾患で多いものは「胃潰瘍・十二指腸潰瘍」、「腎盂腎炎」のようでした。しかし、「急性大動脈解離」が起こり得るかもしれないと心配する声や、濃厚な飲酒歴があれば慢性膵炎を考えると述べた医師もいました。病院を受診する際は、病歴をきちんと医師に伝えておくと良いかもしれませんね。
症状が続く場合は、重篤な疾患が隠れているかもしれないため、無理をせず病院を受診することをおすすめします。

ツイート
この記事の著者

関連する記事

閲覧数ランキング

  1. 7割が妊娠中にも性行為します!どこまでOKなのか、何がNGなのかまとめてみた

  2. 腹痛のない下痢、続くなら病院へ行くべき?523名の医師に聞いてみました

  3. 閉経後も妊娠の可能性はあるの??産婦人科医130名に聞いてみました

  4. 風邪をひいている時って飲酒しても大丈夫?飲酒が与える悪影響って一体何?医師501人に聞いてみました

  5. 皮膚科医200人に聞いた本当に正しいニキビ跡の消し方

  6. 発熱だけの症状で考えられる病気って何?病院は受診した方がいいの?医師524人に聞いてみました

  7. 全部無駄だったの!? イチゴ鼻の治し方を皮膚科医200人にきいてみた

  8. どれくらいの期間下痢が続いたら病院を受診するべき?医師549名に聞いてみました

  9. 風邪でかかるのは内科?耳鼻咽喉科?医師4200人アンケート調査

  10. 何日以上、熱が下がらないと病院に行くべき? 考えられる疾患は?医師523人に聞いてみました