イシコメ

嘔吐した後の水分補給ってどうすればいいの?吐き気がある時に避けた方がいい飲み物って何?医師524人に聞いてみました

飲み物を飲む女性
嘔吐後の適した飲み物については、「経口補水液(OS-1等)」との回答が最も多く、次に「スポーツドリンク」が続き、この2つが際立って支持されていました。一方、吐き気がある時に避けた方がいい飲み物は、「アルコール」と回答した医師が一番多く、次に「コーヒー」、「炭酸飲料」と続きました。吐いてしまった後は、経口補水液やスポーツドリンクで様子を見て、吐き気の症状が続くうちはアルコールを避けた方が良さそうです。
吐き気
イシコメ運営事務局 イシコメ運営事務局

嘔吐してしまった後の水分補給について迷ったことはありませんか?どういった飲み物であれば適しているのか気になりますよね。
さらに吐き気の症状がある時に避けた方がいい飲み物も把握しておくと役立つ機会があるかもしれません。

そこで今回は、一般内科、総合診療科医524人に、嘔吐後に適した飲み物と吐き気がある時に避けた方がいい飲み物について聞いてみました。

※ 本調査は医師専用コミュニティサイトMedPeer(https://medpeer.jp/)にて、2018年4月30日~2018年5月1日にかけて行われ、一般内科、総合診療科医524人から回答を頂きました。

水分補給はどうすれば良いの?

「嘔吐してしまった後の水分補給として何が適していると考えますか。」という質問に対して、次の選択肢から選んでもらい、その理由をコメントしてもらいました。

  • 経口補水液(OS-1等)
  • スポーツドリンク
  • ミネラルウォーター
  • スープ
  • その他

以下のグラフが結果となります。

図1

経口補水液(OS-1等)との回答が74%と一番高く、次にスポーツドリンクが53%と続きました。この2つが際立って支持されていることが分かります。

それでは、医師のコメントを見ていきましょう。

吐いた後は、電解質の入った飲み物がいい

  • 60代男性 一般内科 経口補水液(OS-1等)
    糖質とミネラルを適度に踏むものといえばこれでしょう。
  • 50代男性 一般内科 経口補水液(OS-1等)・スポーツドリンク
    電解質の補給が必要です。
  • 50代男性 一般内科 経口補水液(OS-1等)
    電解質のバランスを考慮すると、これがよいです。
  • 60代男性 一般内科 経口補水液(OS-1等)・スープ
    電解質を含有するドリンクがお薦めです。
  • 60代男性 一般内科 経口補水液(OS-1等)
    飲めるなら電解質補給をかねた水分補給して下さい。
  • 60代男性 一般内科 経口補水液(OS-1等)・スポーツドリンク・スープ
    電解質の入った飲料がよいです。

医師の回答を見ると、電解質の入った飲み物を推奨する意見が多数挙がっていました。
人の体には、主にナトリウムやクロール、カリウム、カルシウム、マグネシウムなどの電解質があります。
脱水状態のときは、水分だけでなく電解質も必要としているので、これらを合わせて補給するためにも、経口補水液やスポーツドリンクが嘔吐後に適した飲み物として挙げられるようです。

手軽に飲むならスポーツドリンク

  • 60代男性 一般内科 経口補水液(OS-1等)・スポーツドリンク
    まず、手元にあるスポーツドリンクを使用させます。
  • 40代男性 一般内科 経口補水液(OS-1等)・スポーツドリンク
    スポーツドリンクでもいいです。
  • 50代男性 一般内科 経口補水液(OS-1等)・スポーツドリンク・ミネラルウォーター
    OS-1が一番いいですが、なければスポーツドリンクです。
  • 80代男性 一般内科 経口補水液(OS-1等)・スポーツドリンク
    手軽にはスポーツドリンクです。
  • 50代男性 一般内科 経口補水液(OS-1等)・スポーツドリンク・スープ・ミネラルウォーター
    スポーツドリンクが飲みやすいです。
  • 50代男性 一般内科 経口補水液(OS-1等)・スポーツドリンク
    電解質も失われるので、スポーツドリンクがよいと思います。
  • 50代男性 一般内科 経口補水液(OS-1等)・スポーツドリンク
    経口補水液がいいとは思いますが手に入りにくいのでスポーツドリンクでもいいです。
  • 30代男性 一般内科 経口補水液(OS-1等)・スポーツドリンク
    OS1かスポーツドリンクがいいのではないでしょうか。
  • 50代男性 一般内科 経口補水液(OS-1等)・スポーツドリンク
    経口補水液、なければスポーツドリンクです。
  • 60代男性 一般内科 経口補水液(OS-1等)・スポーツドリンク
    スポーツドリンクを中心に飲みます。

次にコメントで目立ったのは、手軽に飲めるスポーツドリンクを勧める声です。電解質の補給という観点から一番適しているのは、経口補水液とする声がありましたが、なかなか手元にあることは少ないかと思います。
そんな時、自販機やコンビニなどですぐに手に入るスポーツドリンクで代用しましょう。

避けた方が良い飲み物ってある?

続いて「吐き気を催した際に避けるべき飲み物には何が挙げられますか。」という質問に対して、次の選択肢から選んでもらい、その理由をコメントしてもらいました。

  • アルコール
  • コーヒー
  • 炭酸飲料
  • 牛乳
  • 柑橘系の飲み物
  • その他

以下のグラフが結果となります。

集計では、アルコールと回答した医師が83%と一番多く、次にコーヒー、炭酸飲料が続きました。どれも過半数を超えて得票されており、避けた方が良い飲み物と言えそうです。

それでは、医師のコメントを見ていきましょう。

アルコールは絶対ダメ!

  • 40代男性 一般内科 アルコール
    アルコールは良くないと思います。
  • 50代男性 一般内科 アルコール
    アルコールは避けるべきです。
  • 50代男性 一般内科 アルコール
    アルコールは最も適さないです。
  • 40代男性 一般内科 アルコール・コーヒー・炭酸飲料
    酒は絶対ダメと思います。
  • 40代男性 一般内科 アルコール
    アルコールはダメだと思われます。
  • 60代男性 一般内科 アルコール
    アルコールは避けましょう。
  • 60代男性 一般内科 アルコール・炭酸飲料
    アルコールは脱水を起こし、炭酸飲料は場合によっては吐き気を助長することがあります。
  • 40代男性 一般内科 アルコール・コーヒー・牛乳・柑橘系の飲み物・炭酸飲料
    アルコールは特に避けるべきです。
  • 50代男性 一般内科 アルコール・コーヒー・炭酸飲料
    アルコールは絶対ダメです。

一番多く見られたコメントは「アルコールは絶対ダメ!」といったものでした。
また、アルコールは脱水の原因になるとのコメントもあり、医師からの注意喚起がみられました。
アルコールを1日の楽しみにしている方もいらっしゃると思いますが、吐き気の症状がある時は飲酒を控えたほうが好ましいと言えそうです。

刺激のあるものは控えた方が良い

  • 50代男性 一般内科 アルコール・コーヒー・牛乳・柑橘系の飲み物・炭酸飲料
    刺激の強いものは全て避けるべきです。
  • 50代男性 一般内科 アルコール・コーヒー・柑橘系の飲み物・炭酸飲料
    なるべく刺激を避けるほうが良いです。
  • 50代男性 一般内科 アルコール・コーヒー・炭酸飲料
    無用の刺激は避けるべきです。
  • 40代男性 一般内科 アルコール・コーヒー・牛乳・柑橘系の飲み物・炭酸飲料
    刺激物は避けるようにしましょう。
  • 60代男性 一般内科 アルコール・コーヒー
    刺激はない方がいいと思います。
  • 60代男性 一般内科 アルコール・コーヒー・牛乳・柑橘系の飲み物・炭酸飲料
    全て、消化管を刺激するので禁止します。
  • 60代男性 一般内科 アルコール・コーヒー・柑橘系の飲み物・炭酸飲料
    刺激物や炭酸は避けるべきです。

次にコメントで散見されたのは、刺激のあるものは避けるべきというものでした。今回、選択肢で挙げた飲み物は、水やスポーツドリンクに比べるとどれも刺激がある飲み物だと思います。
吐き気の症状がある際は少しでもリスクは避け、刺激の少ない飲み物を選んだ方が体にも優しいし安全と言えそうです。

嘔吐後には電解質を含む飲み物を。吐き気が続く場合は、アルコールは控えましょう。

本調査によると、嘔吐後の適した飲み物については、経口補水液(OS-1等)との回答が一番高く、次にスポーツドリンクが続きました。
どちらも電解質が含まれているのが特徴です。
一方、吐き気の症状がある時に避けた方がいい飲み物は、アルコールと回答した医師が一番多く、次にコーヒー、炭酸飲料が続きました。
吐いてしまった後は、経口補水液やスポーツドリンクなどの電解質を含む飲み物で様子を見ましょう。また吐き気の症状が続くうちは、特にアルコールは避けた方が良さそうです。

ツイート
この記事の著者

関連する記事