イシコメ

おたふくかぜ流行、今夏にかけて多いと予想-感染研(医療介護CBニュース) - Yahoo!ニュース

おたふくかぜ流行、今夏にかけて多いと予想-感染研(医療介護CBニュース) - Yahoo!ニュース
患者報告数が高止まりしている流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)について、国立感染症研究 - Yahoo!ニュース(医療介護CBニュース)
外部PICK
イシコメ運営事務局 Yahoo!ニュース
続きを読む

医師のコメント

  • 横山 俊之
    日本でも1990年代初頭「MMRワクチン定期接種」が始まりましたが、三年余りで中止されました。当時、現場にいた小児科医の立場で言えるのは「MMRワクチン」に、原則、問題はなく、「一部の製薬会社が、国家検定上定められた製造工程に違反」した結果、「高頻度」に「無菌性髄膜炎」が起きた「人為的事件」でした。 しかし、「製造工程違反」は論外として、他の「国産MMRワクチン」でも再開不能なら、国産ワクチンは諦め、海外から定評あるワクチンを輸入してでも、『MMRワクチンを定期二回接種で再開』すべきです。最低限、現在「任意接種」の「おたふくかぜワクチン」は「移行措置」として「定期予防接種」にすべきです。
    投稿日時:
  • 川村 優希
    おたふく風邪は子供の軽い病気と認識されがちですが、重症化するケースも多々あります。特に合併症の難聴は基本的に治療法がなく、年間2000人もの人が難聴になっていると考えられています。 おたふく風邪の有効な予防法はワクチン接種のみですが、現在日本ではワクチンは任意接種。日本を除く先進国のほとんどが2回定期接種であり、実際におたふく風邪の発症が激減している現状を考えても、日本でも早く定期接種化するべきだと思います。
    投稿日時:
ツイート

関連する記事