イシコメ

ヘルプマーク 東京都福祉保健局

ヘルプマーク 東京都福祉保健局
外部PICK
イシコメ運営事務局
続きを読む

医師のコメント

  • 川村 優希
    配慮する側がマークの存在を知らなければ意味がありませんが、まだ認知度は高いとは言えないですね。 全国の自治体で類似のマークがそれぞれ乱立していることも普及を阻んでいる気がします。 ニーズのあるマークだと思うので、全国で統一化して周知できないものでしょうか。
    投稿日時:
  • 石見 陽
    あれ?マタニティマークがあったな、と思って調べてみたら恐ろしいことになっていたんですね。 http://matome.naver.jp/m/odai/2139374862521485601 妊婦さんが身を守るためにつけなくなっているとは。 こんな世の中悲しいと思いましたが、ヘルプマークなら妊娠と同定もされないし良いのかも。しかし、悲しいですね。。
    投稿日時:
  • 目々澤 肇
    東京都では、義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方、または妊娠初期の方など、外見から分からなくても援助や配慮を必要としている方々が、周囲の方に配慮を必要としていることを知らせることで、援助を得やすくなるよう、この「ヘルプマーク」を作成しました。 平成25年7月から全ての都営地下鉄、都営バス、都電荒川線、日暮里・舎人ライナーで開始し、さらに、平成26年7月からゆりかもめ、多摩モノレールへと拡大して実施しています。 ヘルプマークを身に着けた方を見かけた場合は、電車・バス内で席をゆずる、困っているようであれば声をかける等、思いやりのある行動をお願いします。
    投稿日時:
ツイート

関連する記事