ストレスを感じやすい人は高血圧になりやすいの?医師521名に聞いてみました

頭を抱える女性
今回の調査では、9割以上の医師がストレスと高血圧の間には何らかの関係があると回答していました。「関係がある」とした医師によると、仕事や家庭環境などのストレスによって血圧上昇した症例を経験したことがあるとのことでした。また、遺伝要因も関係しているといった意見もみられました。一方、「関係ない」と回答した医師についても、その関係性を一切否定しているわけではなく、「強いストレスによる血圧上昇はある」、「一時的には関係がある」などのコメントが寄せられました。ただ、やはり高血圧の主な原因は生活習慣や遺伝などと考えられているようです。高血圧は様々な要因が絡むようで、ストレスとともに生活習慣や家庭血圧なども見直して考える必要がありそうです。
全身の不調の悩み
イシコメ運営事務局

ストレス社会と言われる昨今。
仕事や学校、人間関係など、皆さんそれぞれのストレスを抱えて生活を送っていることでしょう。
そんな中、インターネットなどで「ストレスは高血圧のもと」というような噂を聞いたことがある方もおられるかと思います。
確かに、イライラしたり興奮したりする時など、「頭に血が上る」と言いますし、なんとなく血圧も上昇するイメージはありますよね。このイメージ通り、ストレスを溜めると血圧が上がるものなのでしょうか。

そこで今回は、一般内科・循環器内科の医師に調査を実施!
ストレスの感じやすさと高血圧の間には何か関係があるのか、一般内科・循環器内科医521名に聞いてみました。

※ 本調査は医師専用コミュニティサイトMedPeer(https://medpeer.jp/)にて、2018年4月18日〜4月19日にかけて行われ、一般内科・循環器内科医521名から回答を頂きました。

ストレスは高血圧のもと?

今回は「ストレスの感じやすさと高血圧には関係があると思いますか。」という質問に対して、次の選択肢から選んでもらい、その理由をコメントしてもらいました。

  • 大いに関係がある
  • 多少関係ある
  • あまり関係ない
  • ほとんど関係ない

以下のグラフが結果となります。

集計では、「大いに関係がある」とした回答が52%で最多となり、「多少関係ある」が42%で続きました。
合わせると実に9割を超える医師が、ストレスと高血圧の間には何らかの関係があると考えているということがわかりました。
それでは、それぞれの回答を選んだ医師のコメントを見ていきましょう。

ストレスの感じやすさと高血圧には何らかの関係がある

  • 50代男性 一般内科 「大いに関係がある」
    関係あると思います。白衣高血圧の方がそうでない方と比較して高血圧を発症するリスクが高いことからも、支持されていると考えています。
  • 40代女性 一般内科 「大いに関係がある」
    家庭環境、介護疲れとか、子供の進学・就職、嫁との折り合いなどで血圧上昇すると経験上あるように思います。
  • 60代男性 一般内科 「大いに関係がある」
    ストレスは大いに関係があると思います。仕事を辞めると急に血圧が下がることもあります。
  • 40代男性 一般内科 「大いに関係がある」
    ストレスを感じやすい方に多いと思いますが、遺伝的な素因も関係していると思います。
  • 40代女性 一般内科 「大いに関係がある」
    ストレスのせいか、仕事を持っている人は夕方血圧が高い傾向にあります。
  • 50代男性 一般内科 「大いに関係がある」
    白衣高血圧は代表的なストレス高血圧でしょう
  • 30代男性 循環器内科 「多少関係ある」
    ストレス環境下の人が全て高血圧とも限らないので、大いに関係があると言い切ることはできませんが、それなりに相関はある人が多いと思います。
  • 60代男性 一般内科 「多少関係ある」
    ストレスの内容にもよると思いますが、興奮するようなストレスは当然高血圧に関連すると考えます。
  • 50代女性 一般内科 循環器内科 「多少関係ある」
    ストレスを受けやすいと交感神経が活発となり、ひいては血圧上昇をきたすように考えます。
  • 50代男性 一般内科 循環器内科 「多少関係ある」
    関連はあると考えますが、基本的に私の高血圧診療は家庭血圧を元に行っています。
  • 50代男性 一般内科 「多少関係ある」
    多少はあると思いますが、ストレスを数値化して評価は難しいです。

ストレスと高血圧の間には何らかの関係があるとした医師からは、家庭環境や仕事によるストレス、ライフステージの変化(介護、子供の進学・就職など)で血圧が上昇することがあるという意見がみられました。
また、白衣高血圧という言葉も見られました。
白衣高血圧とは、以下のような症状のことです。

自由行動下に24時間測る「24時間血圧」や、家庭での「家庭血圧」<写真>は正常な場合が多いのに、検診や診察室では高血圧になる人がいます。このような状態は「白衣高血圧」あるいは「診察室高血圧」といわれています。

引用:高血圧治療の最新情報|国立循環器病研究センター

つまり、普段の血圧は正常値なのに、病院で血圧を測るときだけ血圧が上昇してしまう症状のことです。
この白衣高血圧の患者さんを担当した経験から、ストレスと高血圧の間に関係があると考えた医師もいるようでした。

一方で、「遺伝的な要因も関係している」といった意見もありました。
何らかのストレスが加わったとき、一時的な血圧上昇は起こりうるのかもしれませんが、高血圧には、様々な要因が絡んでいそうです。

ストレスと高血圧とはあまり関係ない

  • 60代男性 一般内科 「あまり関係ない」
    ストレスが原因での高血圧はあまり経験がありません。
  • 40代女性 一般内科 「あまり関係ない」
    ストレスだけでは血圧は上昇しないと思います。
  • 60代男性 一般内科 「ほとんど関係ない」
    ストレスは個人差が大きく、ストレスが血圧を上げるためには、ホルモンの上昇を伴うと思います。手術侵襲や外傷など、大きなストレスが加わると上昇すると思います。
  • 50代男性 一般内科 「ほとんど関係ない」
    一時的には関係あるものの、多くは生活習慣です。
  • 30代男性 循環器内科 「ほとんど関係ない」
    医学的根拠は深くなさそうだと思います。 

こちらは全体の6%と少数派ですが、「ストレスだけが原因ではない」という趣旨のコメントが寄せられました。
こちらの医師たちは、血圧上昇には生活習慣やホルモンバランスなどが影響しており、ストレスと高血圧の関係に医学的根拠は深くなさそうという考えのようです。

以前の記事でもお伝えしましたが、食生活や睡眠などの生活習慣は高血圧と関連があるようです。高血圧にお悩みの方は、ストレスだけでなく、生活習慣や家庭血圧なども見直してみるといいかもしれません。

関連記事:高血圧の症状とその対策について、医師521人に聞いてみました

 

しかし、「関係ない」とした医師のなかでも「大きなストレスが加わると血圧上昇する」、「一時的には関係ある」というコメントもあり、ストレスとの関係を一切否定しているわけではなさそうでした。

ストレスと高血圧は関係があると多くの医師が回答

今回の調査では、「ストレスの感じやすさと高血圧には関係があると思いますか。」という質問に対し、9割以上の医師が何らかの関係があると回答する結果となりました。
「関係がある」とした医師によれば、仕事や家庭環境などのストレス、ライフステージの変化によって血圧が上昇した症例を経験したことがあるとのことでした。また、遺伝要因も関係しているという意見もありました。
一方で、関係ないと回答した医師についても、その関係性を一切否定しているわけではなく、「強いストレスによる血圧上昇はある」「一時的には関係がある」などのコメントが寄せられました。ただ、やはり高血圧の主な原因は生活習慣や遺伝などと考えられているようです。
高血圧は様々な要因が絡むようで、ストレスとともに生活習慣や家庭血圧なども見直して考える必要がありそうです。

ツイート
この記事の著者

関連する健康相談

関連する記事