血便の原因って何が多いの?タール便はどんな疾患が考えられる?医師525名に聞いてみました

お腹を押さえる女性
「血便の原因となる疾患で多いものは何ですか」と質問したところ、多くの医師が「裂肛・痔核」と回答し、その後を「大腸癌」が続く結果となりました。医師からは、硬い便のときは痔が多く、下痢気味であるときは感染性腸炎や炎症性腸疾患などを疑うとのコメントが寄せられ、便の状態により疑われる病気が異なるようでした。また、上部消化管から出血することにより出る「タール便」の場合、「胃・十二指腸潰瘍」が原因と考えられるとの回答が多く集まりました。しかし、タール便は胃癌など重い病気が隠れている可能性もあるため、医師の診断を受けることが推奨されるようでした。
便秘・血便
イシコメ運営事務局

皆さんは、血便の原因としてはどのような病気が多いのかご存知ですか?
名前の通り便に血が混じる「血便」ですが、もしも自分に血便が出たら、なにか深刻な病気なのではないかと不安に思う方もおられるのではないでしょうか。また、なかには真っ黒の便が出る方もおられるようです。
どうして血便や真っ黒な便が出てしまうのか、気になるところだと思います。

そこで今回は、血便およびタール便の原因について、一般内科、消化器内科、消化器外科、一般外科医、計525名に聞いてみました。

※ 本調査は医師専用コミュニティサイトMedPeer(https://medpeer.jp/)にて、2018年5月19日〜5月21日にかけて行われ、一般内科、消化器内科、消化器外科、一般外科医、計525名から回答を頂きました。

最も多く回答されたのは“裂肛・痔核”

「血便の原因となる疾患で多いものは何ですか」という質問に対し、以下の選択肢から選んでもらい、コメントを頂きました。

  • 裂肛・痔核
  • 憩室出血
  • 感染性腸炎
  • 大腸ポリープ
  • 大腸癌
  • 炎症性腸疾患
  • 虚血性大腸炎
  • 偽膜性腸炎
  • その他

以下が結果となります。

  • 50代男性 一般内科 裂肛・痔核
    圧倒的に痔疾患が多いです。
  • 50代男性 一般内科 裂肛・痔核
    血便の原因となる疾患で多いと思うものは痔です。
  • 50代男性 一般内科 裂肛・痔核
    痔核および痔瘻を考えます。
  • 50代男性 一般内科 裂肛・痔核
    血便の色により異なると思いますが、痔が一番多いと思います。
  • 60代男性 一般外科 裂肛・痔核
    肉眼的血便は、やはり肛門からのものが最多だと思います。
  • 40代男性 一般内科 裂肛・痔核
    全てあり得ますが、多いのは裂肛・痔核なのでは?
  • 50代女性 一般外科 裂肛・痔核
    硬便の時は痔出血が多いですが、下痢気味の時は感染性腸炎や炎症性腸疾患などですね。
  • 50代男性 一般内科 裂肛・痔核
    しかし、高齢者で腹痛があれば虚血性大腸炎を疑います。
  • 50代男性 消化器内科 大腸癌
    痔か大腸癌を考えます。
  • 30代男性 一般内科 大腸癌
    大腸癌がけっこうありうる。
  • 50代男性 一般内科 憩室出血
    多種多様な疾患で生じると思います。
  • 50代男性 一般内科 憩室出血
    憩室、大腸癌が多いようです。
  • 30代女性 一般内科 虚血性大腸炎
    高齢者では痔や虚血性腸炎が多い気がします。
  • 40代女性 一般内科 虚血性大腸炎
    虚血性腸炎が派手に出血するので…。

本調査では、「裂肛・痔核」が最も多く回答されました。

ちなみに裂肛は切れ痔、痔核はイボ痔、医師のコメントに出てくる「痔瘻」はあな痔のことを指します。詳しくは、以下の関連記事を参考にしてみてください。

関連記事:
痔を患うのはどの世代が多い?男女によって症状の差はある?外科医231名に聞いてみました


医師からは、「血便の色により異なると思いますが、痔が一番多い」や「硬便の時は痔出血が多いですが、下痢気味の時は感染性腸炎や炎症性腸疾患」との意見が寄せられています。

また、高齢者の場合は、痔の他に「虚血性腸炎」を疑うとの声も挙げられました。
同じ血便でも、年齢や便の状態でも疑われる疾患は異なってくるようです。

今回の調査では痔だと考えている医師が多く見られましたが、血便のすべてが痔というわけではありません。病院を受診する際は、自分の便の色や状態を確認しておくことをおすすめします。

ちなみに、高齢者に多いと指摘された「虚血性腸炎」ですが、以下のように説明されています。耳にしたことがないという方は、ぜひご一読ください。

虚血性腸炎

“虚血性大腸炎は、大腸に血液を送る動脈の血流が一時的に阻害されることで起こります。血流が減少した原因については分からないことも多いのですが、心臓や血管の病気のある人、大動脈の手術を受けた人、血液が凝固しやすい問題がある人に比較的多くみられます。虚血性大腸炎は主に60歳以上の人に発生します。”

引用:虚血性大腸炎 - 03. 消化器の病気 - MSDマニュアル家庭版

ところで、「血便」というと皆さんはどのような色を想像しますか?
血というだけあって、赤い色を思い浮かべる方が多いのではないかと思います。しかしなかには、真っ黒な便が出てくることがあるようです。
これは、上部消化管と呼ばれる胃や十二指腸などからたくさんの出血をしているときに見られる特徴的な便で、「タール便」とも呼ばれています。
参考:一般のみなさまへ | 日本消化器病学会

では、このタール便はどのような病気が原因で現れるのでしょうか。医師に聞いてみました。

“胃・十二指腸潰瘍”が最も多く回答

「タール便の原因となる疾患で多いものは何ですか」という質問に対し、以下の選択肢から選んでもらい、コメントを頂きました。

  • 食道静脈瘤
  • マロリー・ワイス症候群
  • 急性胃粘膜病変
  • 胃・十二指腸潰瘍
  • 食道癌
  • 胃癌
  • その他

以下が結果となります。

  • 50代男性 一般外科 胃・十二指腸潰瘍
    基本は胃潰瘍・胃癌からの出血が多いです。
  • 50代男性 一般内科 胃・十二指腸潰瘍
    やはり胃十二指腸潰瘍による出血が多いと思います。
  • 40代男性 一般内科 胃・十二指腸潰瘍
    頻度的に多いのは潰瘍でしょう。
  • 50代男性 一般内科 胃・十二指腸潰瘍
    胃・十二指腸潰瘍が多いのは間違いないと思います。
  • 60代男性 一般内科 胃・十二指腸潰瘍
    選択肢の疾患はすべてタール便の原因となり得ます。
  • 30代男性 一般外科 胃・十二指腸潰瘍
    癌よりは潰瘍が多いと思います。
  • 30代女性 一般内科 胃・十二指腸潰瘍
    よく見るのは胃潰瘍な気がします。
  • 50代男性 一般内科 胃・十二指腸潰瘍
    ほとんどは上部消化管からの出血なので、潰瘍や出血性の胃炎です。まれに胃癌でしょうかね。
  • 50代男性 消化器内科 胃・十二指腸潰瘍
    十二指腸潰瘍がいちばん多いです。胃潰瘍は吐血になることが多いと思います。
  • 70代男性 一般内科 急性胃粘膜病変
    急性胃粘膜病変が圧倒的に多いですが、嘔吐に伴うマロリー・ワイスも時々あります。胃がん・食道がんは極めてまれです。
  • 40代男性 一般内科 急性胃粘膜病変
    胃粘膜病変、潰瘍などが多いように思います。
  • 50代男性 一般内科 急性胃粘膜病変
    すべて考慮する必要があります。
  • 30代男性 消化器外科 胃癌
    高齢者では必ず胃癌の可能性を考慮します。
  • 50代男性 一般内科 胃癌
    胃がん、潰瘍が多いと思います。

集計の結果、最も多く回答されたのは「胃・十二指腸潰瘍」でした。
タール便のほとんどは上部消化管(食道や胃、十二指腸など)から出血するとのコメントもあり、なかでも胃・十二指腸潰瘍が多いのかもしれませんね。

また、「高齢者では必ず胃癌の可能性を考慮します。」との意見を頂きました。
前項と同じように、年齢によって疑われる病気が異なると考えている医師もおられるようです。

しかし、「選択肢の疾患はすべてタール便の原因となり得ます。」「すべて考慮する必要があります。」というコメントのように、胃・十二指腸潰瘍の他にも原因となりうる要素はあるようです。
癌などの病気が隠れている可能性もあるため、タール便が出たときは医師の診察を受け、適切な治療を受けるようにしましょう。

血便で多いのは、「痔」。タール便で多いのは、「胃・十二指腸潰瘍」

今回の調査では、血便が現れたときに疑われる疾患として「裂肛(切れ痔)・痔核(イボ痔)」が最も多く回答されました。血便が出た場合は、まず痔が疑われるようです。
しかし、「硬便の時は痔出血が多いですが、下痢気味の時は感染性腸炎や炎症性腸疾患などです」とのコメントを寄せる医師もおり、血便の状態などから考えられる疾患が異なるようです。
また、高齢者の場合は「虚血性腸炎」を疑うとの意見も頂いており、高齢者の場合は注意が必要のようです。
さらに上部消化管から大量の出血により現れるタール便が出た場合、「胃・十二指腸潰瘍」が疑われるとの回答が最多でした。
しかし癌などの様々な疾患も考えられるため、このような症状が現れたら病院を受診することをおすすめします。

ツイート
この記事の著者

関連する健康相談

関連する記事