腹痛を伴う血便、その原因となる疾患は?医師525名に聞いてみました

お腹を押さえる女性
医師525名に「腹痛を伴う血便の原因となる疾患で多いものは何ですか」と質問したところ、「虚血性大腸炎」が最も多く回答されました。なかでも、特に高齢者の場合は虚血性大腸炎を疑う、との見解が散見されました。また、胃・十二指腸潰瘍の場合は「黒色便(タール便)」、感染性腸炎であれば「下痢・粘血便」と、一口に血便と言っても便の状態によって考えられる疾患が異なるとのコメントが見られました。ただし、癌など悪性疾患では痛みを伴わない場合があるといった見解もあるため、「痛みがないから問題ない」とは思わずに、血便が出た場合は早めに検査、専門医に相談することが大事そうです。
便秘・血便
イシコメ運営事務局

「排便後、便器が血で真っ赤になった…」など、ある日突然血便がでたら驚きますよね。
さらに、腹痛もある場合は何か深刻な病気を患っているのではないかと不安が高まるのではないでしょうか。
そこで今回は、「腹痛を伴う血便の原因となる疾患で多いものは何か」について、一般内科医、消化器内科医、消化器外科医、一般外科医、計525名に聞いてみました。

※ 本調査は医師専用コミュニティサイトMedPeer(https://medpeer.jp/)にて、2018年5月18日〜5月21日にかけて行われ、一般内科医、消化器内科医、消化器外科医、一般外科医の計525名から回答を頂きました。

腹痛と血便を伴う疾患は「虚血性大腸炎」が最多 

「腹痛を伴う血便の原因となる疾患で多いものは何ですか」という質問に対し、以下の選択肢から選んでもらい、コメントを頂きました。

  • 胃・十二指腸潰瘍
  • 感染性腸炎
  • 炎症性腸疾患
  • 虚血性大腸炎
  • 出血性大腸炎
  • 胃癌
  • 大腸癌
  • その他

以下が結果となります。

  • 70代男性 消化器内科 「虚血性大腸炎」
  • 癌はあまり痛みを伴わないで出血を認めることがあります。炎症性や虚血性は痛みを伴うことが多く、症状から疑診することもあります。
  • 40代男性 一般内科 「虚血性大腸炎」
    腹痛を伴う場合は虚血性腸炎が多いと思います。
  • 50代男性 一般外科 「虚血性大腸炎」
    中年女性以降の女性で腹痛の後に血便というパターンが多いです。
  • 50代男性 一般内科 「虚血性大腸炎」
    便秘しがちのお年寄りがトイレで気張った後に腹痛がして、普通便、下痢便、血便の順に出たら、たいてい虚血性大腸炎です。生肉などを食べた数日後に熱発、強い腹痛を伴って血便が出たら、感染性腸炎(病原性大腸菌、サルモネラ等)の恐れがあります。
  • 50代男性 一般外科 「虚血性大腸炎」
    悪性疾患では腹痛を伴うことは少なく、腸管虚血を伴う場合に痛みが出ると思います。
  • 50代男性 消化器外科 「虚血性大腸炎」
    痛みを訴えるものの多くは良性疾患でありますが、悪性の可能性も考えて検査をする必要あります。
  • 50代男性 一般外科 「虚血性大腸炎」
    炎症性腸疾患もありますが、腹痛を伴うことが多いのは高齢者の虚血性腸炎です。
  • 50代男性 一般内科 「虚血性大腸炎」
    高齢者であれば、まずは虚血性大腸炎を疑い、次いで憩室を考えます。
  • 50代男性 消化器外科 「虚血性大腸炎」
    腹痛後の血便であれば、ほぼ虚血性大腸炎で間違いないと思います。
  • 50代男性 一般内科 「虚血性大腸炎」
    虚血性大腸炎では腹痛も多いです。 
  • 60代男性 一般外科 「胃・十二指腸潰瘍」
    頻度的には消化性潰瘍かと思いますが、炎症性腸疾患などの方が量は多いので、インパクトが強いです。
  • 50代男性 一般内科 「胃・十二指腸潰瘍」
    腹痛を伴う血便の原因となる疾患で多いのは胃潰瘍です。
  • 50代男性 一般内科 「胃・十二指腸潰瘍」
    高齢者では虚血性大腸炎、全体的には出血性胃潰瘍だと思います。
  • 70代男性 一般内科 「感染性腸炎」
    下痢・粘血便のコンビでやってくる感染性腸炎が圧倒的に高頻度です。
  • 60代男性 一般内科 「感染性腸炎」
    比較の問題で、早くに現れるものは感染性腸炎、虚血性大腸炎、大腸癌ですが、その他でも進行すれば腹痛があります。
  •  40代男性 一般内科 「感染性腸炎」
    腹痛を伴う急性の血便は感染性のものが多いです。
  • 50代男性 消化器外科 「大腸癌」
    大腸癌が進行すると腹痛+血便は頻度が高いです。
  • 40代男性 一般内科 「その他」
    憩室炎が一番多いと思います。次に虚血性腸炎だと思います。

「腹痛を伴う血便の原因となる疾患で多いものは何ですか」と質問したところ、「虚血性大腸炎」が最も多くの回答を集め、次いで「胃・十二指腸潰瘍」「感染性腸炎」が続きました。
虚血性大腸炎と回答した医師のコメントからは、虚血性大腸炎の場合は腹痛後に血便になるといった見解が見られました。

また、「中年女性以降の女性で腹痛の後に血便というパターンが多いです。」や「腹痛を伴うことが多いのは、高齢者の虚血性腸炎です。」と挙げられるように中年〜高齢者といった年齢との関連性を指摘するコメントが見られ、さらに、高齢者の場合は、普通便、下痢便、血便の順に排便すると虚血性大腸炎の可能性があるなどの見解も見られました。

では、なぜ高齢者の場合に虚血性大腸炎を疑うといったコメントが多いのでしょうか。
虚血性大腸炎は、学会のホームページで以下のように説明されています。

虚血性大腸炎

 “虚血性大腸炎は、大腸の末梢血管の虚血によりびらん、潰瘍、壊死などが起る疾患で、急性に発症する下腹部痛、鮮血便や鮮血を混じた下痢が特徴的です。原因としては、高血圧、糖尿病、高脂血症などによる動脈硬化性の変化と便秘、腸蠕動亢進などの機械的要因が関与しているとされています。高齢化社会となってきたこと、大腸内視鏡検査の普及などによって比較的頻度の高い疾患となっていますが、若年者でも起こることがあり注意が必要です。”

引用:日本大腸肛門病学会 - 大腸・肛門の病気について - 虚血性腸炎

このように動脈硬化、便秘、腸蠕動亢進などの要因が関与している虚血性大腸炎ですが、下記関連記事の調査にて、「高齢者は運動不足によって便秘になりやすい」と指摘する医師のコメントもありました。

関連記事:
便秘と判断する期間はどれくらい?そもそも便秘になる原因って?525名の医師に聞いてみました

さらに、年齢を重ねるごとに高血圧、糖尿病、高脂血症などの動脈硬化を引き起こす、いわゆる生活習慣病を持つ方が増えてくることから、中年〜高齢者は虚血性大腸炎になりやすいのかもしれませんね。
しかし、上述されているように高齢者に限らず若年者でも起こりうるそうなので、安易な考えは禁物です。
便秘や動脈硬化になることを防ぐためにも普段から生活習慣(食事・運動)を意識することが大事そうです。

また、「癌はあまり痛みを伴わずに出血を認めることがある」や「悪性疾患では腹痛を伴わない、痛みを訴えるものの多くは良性疾患です」といったコメントがありました。

つまり、悪性疾患では、腹痛や痛みを伴わず血便が出ることがあると考えている医師もいるようです。

しかし、大腸癌が進行すると、腹痛に加えて血便の頻度が高いとのコメントもあったことから、一口に癌といっても、必ずしも痛みが出ないとは言い切れないようです。
そのほかにも、「潰瘍は黒色便(タール便)が出ます」や「下痢・粘血便のコンビでやってくる感染性腸炎が圧倒的に高頻度です」などと、便の状態で考えられる疾患が異なるといった見解がありました。

一言で腹痛と血便を伴う疾患といっても、状況と特徴によって患う病気は変わってくる

本調査によれば、腹痛を伴う血便の原因となる疾患で多いものは、「虚血性大腸炎」という結果になりました。
このように回答した医師からは、特に中年〜高齢者の発症を疑うとのコメントが散見されました。
また、腹痛を伴う血便でも胃・十二指腸潰瘍の場合は「黒色便(タール便)」、感染性腸炎であれば「下痢・粘血便」との意見も挙げられました。
どうやら血便の種類や状態によって、考えられる疾患が異なるようで、血便が出た場合は、まず自分の便がどのような状態であるのか確認してみるといいかもしれません。
ただし、癌など悪性疾患では痛みを伴わずに血便が出ることがあると考える医師もおりました。
「痛みがないから問題ない」とは思わず、血便が出た場合は早めに検査、専門医に相談することが大事そうです。

ツイート
この記事の著者

関連する健康相談

関連する記事

閲覧数ランキング

  1. 風邪をひいている時って飲酒しても大丈夫?飲酒が与える悪影響って一体何?医師501人に聞いてみました

  2. 閉経後も妊娠の可能性はあるの??産婦人科医130名に聞いてみました

  3. 腹痛のない下痢、続くなら病院へ行くべき?523名の医師に聞いてみました

  4. 寒気を伴う吐き気がある場合、考えられる病気は?どう対処すればいいの?医師518人に聞いてみました

  5. 風邪で声が出ない場合の対処法って何?医師504人に聞いてみました

  6. 風邪でかかるのは内科?耳鼻咽喉科?医師4200人アンケート調査

  7. なかなか上手く吐けない吐き気の症状がある場合、無理にでも吐くべき?適した対処法ってなに?医師524人に聞いてみました

  8. 全部無駄だったの!? イチゴ鼻の治し方を皮膚科医200人にきいてみた

  9. 4割が経験する『金縛り』の原因と解くコツとは

  10. 発熱だけの症状で考えられる病気って何?病院は受診した方がいいの?医師524人に聞いてみました