貧血で爪が白くなったり割れやすくなることはある?528名の医師に聞いてみました

手と爪
本調査の結果、「貧血によって爪が白くなったり、割れやすくなることはありますか」という質問に対し、78%の医師が「ある」と回答しました。一方で「ない」と回答した医師でも、重度の貧血や慢性的な貧血では爪に異常が出ることはあるとしたコメントが見受けられます。もし最近血液検査をしていないという方は、医療機関を1度受診することをおすすめします。
貧血
イシコメ運営事務局

皆さんは、「貧血で爪が白くなったり、割れることがある」と聞いたことはありますか。
また、そのような症状を感じたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
以前から爪に異常が見られるという方は、場合によっては貧血が原因ということもあるかもしれません。
しかし、実際のところ本当に貧血で爪に異常が出ることはあるのか、気になりますよね。

そこで今回は、貧血が原因で爪が白くなったり、割れたりすることはあるのかについて、一般内科、総合診療科、血液内科医、計528名に聞いてみました。

※ 本調査は医師専用コミュニティサイトMedPeer(https://medpeer.jp/)にて、2018年6月25日〜6月27日にかけて行われ、一般内科医、総合診療科医、血液内科医、計528名から回答を頂きました。

爪が白くなる、割れやすくなるのは貧血が原因?

「貧血によって爪が白くなったり、割れやすくなることはありますか」という質問に対し、以下の選択肢から選んでもらいコメントを頂きました。

  • 大いにある
  • ときどきある
  • ほとんどない
  • あまりない

以下が結果となります。

集計の結果、貧血によって爪が白くなったり、割れやすくなることは「ときどきある」との回答が57%、次に「大いにある」が21%と続きました。
このことから、合わせて78%の医師が貧血により爪に影響が出ることに肯定的な意見を示していることが分かります。
では、なぜこのような結果になったのか、それぞれのコメントを見ていきましょう。

肯定的な見解の理由とは

  • 50代男性 一般内科 「ときどきある」
    全身への酸素供給が悪いので。
  • 50代男性 一般内科 「ときどきある」
    いわゆるさじ状爪になる症例もあります。
  • 50代男性 一般内科 「ときどきある」
    貧血によって爪が白くなったり、割れやすくなることはときどきあります。スプーン爪が有名です。
  • 60代男性 一般内科 「ときどきある」
    長期の貧血の場合、あると思います。
  • 60代男性 一般内科 「ときどきある」
    酷くなれば変化が見られますが、そこまでの患者は少ないと思います。
  • 50代男性 一般内科 「ときどきある」
    重度の貧血では爪に変化が出ます。
  • 40代男性 一般内科 「ときどきある」
    貧血を招く原因の大部分は、鉄不足です。鉄は、血液中で酸素運搬の役割を果たすヘモグロビンを構成する重要な成分の1つです。不足すると、ヘモグロビンが体内で生成されずに減少してしまい、貧血となってしまうのです。
  • 40代男性 一般内科 「ときどきある」
    診察は眼瞼だけでなく皮膚や爪を診ます。
  • 40代男性 一般内科 「ときどきある」
    爪だけでなく、全身の血の気が当然減って白く見えます。
  • 50代男性 一般内科 「ときどきある」
    鉄欠乏性貧血で時々見られます。
  • 30代女性 一般内科 「ときどきある」
    貧血になると爪に線が入る気がします。
  • 40代女性 一般内科 「ときどきある」
    慢性的な貧血では爪が割れやすくなります。
  • 40代男性 一般内科 「ときどきある」
    爪は栄養状態と関連あると思います。
  • 50代男性 血液内科 「大いにある」
    爪の変形は鉄欠乏性貧血の症状のひとつです。
  • 60代男性 一般内科 「大いにある」
    貧血により爪が菲薄化し、反ってきます(さじ状爪)。
  • 30代男性 一般内科 「大いにある」
    長期間貧血だとそのような爪となっていきます。

貧血によって爪が白くなったり、割れやすくなることに肯定的な見解を示した医師からは、長期間の貧血や重度の場合、鉄欠乏性貧血のときに見られるとのコメントが寄せられました。
症状が現れる理由として、酸素供給が悪いといったことや、貧血により爪が菲薄化しさじ状爪になるといったことが挙げられました。

また、「爪だけでなく、全身の血の気が当然減って白く見えます。」とコメントする医師もいらっしゃり、貧血は爪以外も白くなることがあるようです。
もしもすでに、爪にこういった症状が出ているという方は、重い貧血などの場合もあるため、一度血液検査で確認されることをおすすめします。
ちなみに鉄欠乏性貧血については、以下のように説明されています。ご存じないという方はぜひご一読ください。

鉄欠乏性貧血

“鉄欠乏は貧血の原因として特に多いものの1つです。成人の場合、鉄欠乏になる最も一般的な原因は失血です。男性や閉経後女性で鉄欠乏がある場合は、消化管からの出血が疑われます。閉経前の女性では、月経出血が最もよくみられる鉄欠乏の原因です。特に乳児や幼児、青年期の女子、妊婦では、食事( 鉄欠乏症)で摂取する鉄分が少なすぎるために鉄欠乏を生じることがあります。”

(引用:鉄欠乏性貧血 - 13. 血液の病気 - MSDマニュアル家庭版

続いて、否定的な見解を示した医師のコメントを見ていきましょう。

否定的な見解の理由とは

  • 60代男性 一般内科 「あまりない」
    鉄欠乏性貧血の方にときどきあります。
  • 50代男性 一般内科 「あまりない」
    あまりそういった訴えは多くないです。
  • 40代男性 一般内科 「あまりない」
    あまり経験はありません。
  • 60代男性 一般内科 「あまりない」
    貧血からくることはほとんどないです。
  • 70代男性 一般内科 「あまりない」
    よほど強度の貧血で無い限り白くはなりません。
  • 60代男性 一般内科 「あまりない」
    あまり関係ないのではと思います。
  • 50代男性 一般内科 「あまりない」
    貧血の程度にもよりますが軽い人も入れると滅多に爪の異常を認める人はいません。
  • 60代男性 一般内科 「あまりない」
    重症な鉄欠乏性貧血では有ると思います。
  • 40代男性 一般内科 「ほとんどない」
    ほとんど経験したことはありません。
  • 40代女性 一般内科 「ほとんどない」
    教科書では爪の異常があると書いてありますが、経験したことはないです。
  • 50代男性 一般内科 「ほとんどない」
    あるらしいですが、そこまでひどい人は診たことがありません。
  • 50代男性 一般内科 「ほとんどない」
    教科書的にはありますが、爪に変化が出るほど重篤で長期間持続している貧血を見ることは稀です。

一方、貧血で爪が白くなったり割れやすくなることは「あまりない」、「ほとんどない」という否定的な回答をした医師からは、貧血の症状が軽い人では滅多に爪の異常を認める人はおらず、重度の鉄欠乏性貧血ではありうると述べた医師がいらっしゃいました。

重症の鉄欠乏性貧血ではありうるという点では、爪に異常が出ることはあると考えている医師と同意見ですね。
しかし、重度の鉄欠乏性貧血になる人の割合が少ないと考えていることや、実際にそういった症例に当たることがないという実体験をもとにした回答のため「あまりない」「ほとんどない」といった見解となるようです。

貧血によって爪が白くなったり、割れやすくなることは「ある」と78%の医師が回答

本調査によれば、貧血によって爪が白くなったり、割れやすくなることに肯定的な見解を示した医師は、実に78%にのぼりました。
特に医師のコメントによれば、重度の貧血や慢性的な貧血では爪に異常が出ることはあるようです。
最近血液検査をしていないという方がおられましたら、念のため、医療機関を1度受診してみてはいかがでしょうか。

ツイート
この記事の著者

関連する健康相談

関連する記事

閲覧数ランキング

  1. 風邪でかかるのは内科?耳鼻咽喉科?医師4200人アンケート調査

  2. 風邪で声が出ない場合の対処法って何?医師504人に聞いてみました

  3. 寒気を伴う吐き気がある場合、考えられる病気は?どう対処すればいいの?医師518人に聞いてみました

  4. 腹痛のない下痢、続くなら病院へ行くべき?523名の医師に聞いてみました

  5. 閉経後も妊娠の可能性はあるの??産婦人科医130名に聞いてみました

  6. 妊娠したら、いつ頃赤ちゃんの性別がわかるの?産婦人科医160人に聞きました

  7. 全部無駄だったの!? イチゴ鼻の治し方を皮膚科医200人にきいてみた

  8. 出産直前の兆候にはどんなものがあるの?産婦人科医150人に聞いてみました!

  9. 発熱で寝られない時の適した対処法って何?一体どんな原因が考えられるの?医師524人に聞いてみました

  10. 発熱だけの症状で考えられる病気って何?病院は受診した方がいいの?医師524人に聞いてみました