貧血で頭痛になることはあるの?医師528名に聞いてみました

頭を抱える女性
本調査によれば、貧血で頭痛になることに肯定的な医師が55%、否定的な医師が45%と肯定派がやや上回るものの、意見が分かれる結果となりました。肯定的な回答をした医師のコメントを見ると、貧血で頭痛になる理由として、貧血により脳動脈血への酸素の配給が減って低酸素状態になることや、循環量を増加させるために心臓収縮、血管拍動が亢進することで血圧、血流が上がるのが原因といった見解が窺えました。一方で否定的な回答をした医師では、「貧血が頭痛の原因になることは考えにくく、実際にそのような患者さんは診たことがない」といった意見が散見されました。なかには、「頭痛よりも貧血による失神症状が多い」とのコメントが見られましたが、一方で急激な貧血、脳の低酸素状態がある場合には、頭痛になるといった見解もありました。双方の意見を鑑みると、可能性はゼロではない様子が窺えます。肯定的な医師が数でやや優勢であり、貧血の改善で頭痛も改善した例を経験している医師もいるため、貧血時の頭痛は貧血自体を改善することにより、症状が解消される可能性はありそうです。
貧血
イシコメ運営事務局

貧血になったことはありますか?
貧血になると人によっては疲労感や脱力感、めまいなどを感じることもあるようですが、なかには頭痛を感じる方もいるようです。
しかし、実際に貧血で頭痛になることはあるのでしょうか。

そこで今回は、貧血が原因で頭痛になることはあるのか、一般内科医、総合診療科医、血液内科医、計528名に聞いてみました。

※ 本調査は医師専用コミュニティサイトMedPeer(https://medpeer.jp/)にて、2018年6月24日〜6月27日にかけて行われ、一般内科医、総合診療科医、血液内科医計528名から回答を頂きました。

貧血が原因で頭痛になることはある?

「貧血が原因で頭痛になることはありますか」という質問に対し、以下の選択肢から選んでもらい、コメントを頂きました。

  • 大いにある
  • たまにある
  • あまりない
  • ほとんどない

以下が結果となります。

調査の結果、44%の医師が「たまにある」、27%の医師が「あまりない」、18%の医師が「ほとんどない」、11%の医師が「大いにある」と回答しました。
肯定派・否定派と大きく分けると、やや肯定派の割合が多いものの、ともに半数近い意見が集まったことがわかります。
それぞれどのような意見が寄せられたのでしょうか。

医師のコメントを見ていきましょう。

肯定的に考える医師の意見

  • 50代男性 血液内科 「たまにある」
    酸素の配給が減ることで起こりうると思います。
  • 50代男性 血液内科 「たまにある」
    循環量を増加させるために心臓収縮や血管拍動の亢進が原因です。
  • 60代男性 血液内科 「たまにある」
    貧血患者で頭痛は多いと思いますが、患者自身から頭痛を訴えることは少ないです。こちらから聞くと「そういえば」と答えることが多いです。
  • 50代男性 血液内科 「たまにある」
    頭重感を頭痛と訴える患者もいます。
  • 60代男性 一般内科 「たまにある」
    脳血管拡張、血流増加のため、あるのではないではないかと思います。
  • 60代男性 一般内科 「たまにある」
    貧血の程度により、脳内低酸素状況から頭痛、頭重感はありえます。
  • 40代女性 一般内科 「たまにある」
    貧血の改善で頭痛も改善した例を経験しています。
  • 50段男性 一般内科 「たまにある」
    血流が過剰になれば、血管性の頭痛が起こります。
  • 30代男性 一般内科 「たまにある」
    心拍出量の増加で血圧が上がったり、低酸素になればあると思います。
  • 40代男性 血液内科 「大いにある」
    程度と速度によります。
  • 50代男性 血液内科 「大いにある」
    貧血の症状のひとつとして頭痛は起こりえます。
  • 60代女性 一般内科 「大いにある」
    鉄欠乏性貧血の患児患者の初発症状で、よく頭痛、めまい、立ちくらみがあります。
  • 50代男性 一般内科 「大いにある」
    貧血から低酸素脳症になり頭痛を生じます。
  • 40代男性 一般内科 「大いにある」
    低酸素状態から血管拡張作用のため、頭痛が生じると考えます。
  • 60代男性 一般内科 「大いにある」
    脳動脈血の酸素濃度が低下すると動脈が拡張し、頭痛が起きると考えます。

肯定的な回答をした医師のコメントを見ると、貧血で頭痛になる理由として、貧血により脳動脈血への酸素の配給が減って低酸素状態になるため、循環量を増加させるために心臓収縮することや、血管拍動が亢進することで血圧、血流が上がることが原因との見解がありました。

また、「鉄欠乏性貧血の患児患者の初発症状で、よく頭痛、めまい、立ちくらみがある」とのコメントも見られており、なかには、貧血の改善で頭痛も改善した例を経験している医師もいらっしゃいました。
実例を経験していることから、貧血と頭痛の関係性はあると考えているようです。

続いて、否定的な回答のコメントを見ていきましょう。

否定的な考えを示す医師の意見

  • 50代女性 血液内科 「あまりない」
    急激な貧血である場合もあります。
  • 40代男性 血液内科 「あまりない」
    頭痛の原因になることは確かにありますが、頻度はそれほどではないと思います。
  • 30代男性 一般内科 「あまりない」
    頭重感までなら可能性はあると考えられます。
  • 50代男性 一般内科 「あまりない」
    あまり経験したことはないですが、脳の低酸素で起こりうるのかもしれません。
  • 50代男性 総合診療 「あまりない」
    貧血の人に何か症状ありますかと聞いて頭痛と答えた人は少ないです。
  • 50代男性 一般内科 「あまりない」
    貧血が原因で頭痛になることはあまり無いと思います。
  • 50代男性 一般内科 「あまりない」
    貧血になりやすい人が頭痛も生じやすいことはあると思いますが、貧血が頭痛の原因になることは考えにくく、実際にそのような患者さんは診たことがありません。
  • 70代男性 一般内科 「ほとんどない」
    貧血と頭痛とは直接的な関係は無いと感じています。
  • 50代男性 一般内科 「ほとんどない」
    貧血で頭痛を訴えた患者は診たことがありません。
  • 60代男性 一般内科 「ほとんどない」
    直接的に貧血が原因と判断した頭痛はありません。
  • 60代男性 総合診療科 「ほとんどない」
    貧血では頭痛よりも貧血による失神症状が多いです。

否定的な回答をした医師では、「貧血が頭痛の原因になることは考えにくく、実際にそのような患者さんは診たことがない」、「貧血と頭痛とは直接的な関係は無いと感じている」といった意見が散見されました。

なかには、「頭痛よりも貧血による失神症状が多い」との声も。このようなことが回答の理由のようです。
しかし、「急激な貧血である場合にはあります」と、貧血で頭痛になるケースを認めるコメントや、脳の低酸素状態によって起こりうると考える医師もいらっしゃったことから、可能性はゼロではない様子が窺えました。

肯定派・否定派で分かれたものの、貧血で頭痛になる可能性はありそう

本調査によれば、貧血で頭痛になることに肯定的な医師が55%、否定的な医師が45%と、肯定派がやや上回るものの、それぞれ半数近くの支持を集める結果となりました。
肯定的な医師は、貧血により脳動脈血への酸素の配給が減って低酸素状態になるため、循環量を増加させるために心臓収縮することや、血管拍動が亢進することで血圧・血流が上がるといったことが原因と考えているようです。
一方で否定的な医師は、「貧血が頭痛の原因になることは考えにくく、実際にそのような患者さんは診たことがない」といった意見が多く見られたものの、貧血で頭痛になるケースを認める声もありました。
なかでも、急激な貧血、脳の低酸素状態がある場合は、可能性はゼロではないようでした。
医師のコメントでは、他にも色々な意見がありますので、ぜひご参考ください。

ツイート
この記事の著者

関連する健康相談

関連する記事

閲覧数ランキング

  1. 風邪で声が出ない場合の対処法って何?医師504人に聞いてみました

  2. 風邪でかかるのは内科?耳鼻咽喉科?医師4200人アンケート調査

  3. 寒気を伴う吐き気がある場合、考えられる病気は?どう対処すればいいの?医師518人に聞いてみました

  4. 腹痛のない下痢、続くなら病院へ行くべき?523名の医師に聞いてみました

  5. 閉経後も妊娠の可能性はあるの??産婦人科医130名に聞いてみました

  6. 妊娠したら、いつ頃赤ちゃんの性別がわかるの?産婦人科医160人に聞きました

  7. 出産直前の兆候にはどんなものがあるの?産婦人科医150人に聞いてみました!

  8. 全部無駄だったの!? イチゴ鼻の治し方を皮膚科医200人にきいてみた

  9. 風邪をひいている時って飲酒しても大丈夫?飲酒が与える悪影響って一体何?医師501人に聞いてみました

  10. 赤ちゃんの下痢と粘液便、受診が必要な症状とは?小児科医240人に聞いてみました