視力が低下する原因って一体何なの?病院は受診した方がいい?眼科医198人に聞いてみました

男性の片目
急激な視力低下がある場合、よく見られる疾患として当てはまるものは、「網膜剥離」との回答が一番高く、次に「網膜動脈閉塞症」、「視神経炎」が続きました。これら上位の疾患は、医師からの得票率がどれも高い結果となっています。また急激な視力低下を感じた場合、病院を受診すべきだと思いますかという質問については、「すぐに受診すべき」と回答している医師が一番多く、次に「症状が続くなら受診すべき」、「どちらでもよい」が続きました。この中でも「すぐに受診すべき」との回答が飛び抜けて高い医師の支持を受けており、急激な視力の低下を感じた際は早めの医療機関の受診を検討してみても良いかもしれません。まずは原因を特定し、医療機関のサポートも受けつつ、正しい対処をしていきましょう。
目の不調
イシコメ運営事務局

なんだか最近、視力が低下してきたような気がする…。そんな症状に悩まされてはいませんでしょうか。
視界がぼやけると生活にも大きな支障がありますし、心配になりますよね。
もし急に視力が低下したのであれば、何かの病気が原因となって視力低下を招いているかもしれませんし、病院を受診すべきなのか気になる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、眼科医198人に、急激に視力が低下する原因となる病気や対処法について聞いてみました。

※ 本調査は医師専用コミュニティサイトMedPeer(https://medpeer.jp/)にて、2018年8月15日~2018年8月16日にかけて行われ、眼科医198人から回答を頂きました。

急激な視力低下で考えられる病気って何?

まずは、「急激な視力低下がある場合、よく見られる疾患として当てはまるものは何ですか。」という質問に対して、次の選択肢から選んでもらい、その理由をコメントしてもらいました。

  • 網膜剥離
  • 網膜動脈閉塞症
  • 視神経炎
  • 網膜静脈閉塞症
  • ぶどう膜炎
  • 糖尿病網膜症
  • 加齢黄斑変性症
  • 緑内障
  • 脳梗塞
  • 白内障
  • 脳腫瘍
  • 網膜色素変性症
  • その他

以下のグラフが結果となります。

集計結果では、「網膜剥離」との回答が85%と一番高く、次に「網膜動脈閉塞症」、「視神経炎」が続きました。

まず、上位の疾患の概要を解説した後に、医師のコメントを見ていきましょう。

網膜剥離とは

網膜は光を感じてそれを伝える神経網膜と、その土台になっている網膜色素上皮の二層に分かれていて、神経網膜がその下の色素上皮から剥がれるのが網膜剥離です。

引用:網膜剥離|日本眼科医会

網膜動脈閉塞症とは

突然におこる急激な高度の視力低下を主な症状とします。片眼性がほとんどですが、まれに両眼性に発症することもあります。発症前にしばらく視力低下が短時間(数十秒から数分のこともある)に起こり、その後回復するなどの症状の後に発症することもあります。眼底は網膜の血流が悪くなり浮腫(むくみ)を来たし、時間が経つと壊死に陥って視力は戻らなくなります。

引用:網膜動脈閉塞症|関西医科大学附属病院

視神経炎とは

視神経は、眼球の後ろから頭蓋内脳につながり、眼内に入った映像の情報を脳に伝える役目をもつ脳神経のひとつです。眼球がビデオカメラで脳がモニターだとすると、両者をつなぐケーブルに例えることができます。視神経が障害されると、重篤な視機能障害が起きることが多く、脳と同様に強いダメージがあると回復しない場合があります。視神経の疾患は炎症性のもの(視神経炎)と非炎症性のもの(視神経症)に区別されますが、両者の区別がはっきりできないものもあります。

引用:視神経炎|社会福祉法人 恩賜財団 済生会

急激な視力低下は網膜剥離であるケースが多い

  • 40代男性 眼科 「網膜剥離」
    眼底出血や黄斑部にかかる網膜裂孔と網膜剥離は要注意です。
  • 50代男性 眼科 「網膜剥離」
    網膜剥離は怖い病気です。
  • 30代男性 眼科 「網膜剥離」
    網膜剥離は視力よりも視野への影響が大きいです。
  • 40代男性 眼科 「網膜剥離」・「網膜静脈閉塞症」・「網膜動脈閉塞症」・「視神経炎」
    急激な視力低下の場合、早期受診が重要です。
  • 40代女性 眼科 「網膜剥離」
    本人は気付いていない事が多いです。
  • 20代女性 眼科 「網膜剥離」
    網膜剥離が老若男女問わず多いです。
  • 40代男性 眼科 「網膜剥離」
    特に虚血や網膜剥離は緊急性があります。

医師の回答を見ると「網膜剥離」との声が多数挙がっていました。年齢を問わず多い病気のようです。
どのような方でも視力が急に低下したと感じた際には注意が必要ですね。

また網膜剥離は視力よりも視野への影響が大きいとのコメントもありました。
視野に異常を感じた際などは、網膜剥離の可能性があるかもしれません。
早期受診が重要であるとの意見が多くあったことからも、急激な視力低下があった際は病院の受診を検討するのが大事そうです。

網膜動脈閉塞症の場合も

  • 50代男性 眼科 「網膜動脈閉塞症」
    これが一番急を要する疾患です。
  • 50代男性 眼科 「網膜動脈閉塞症」
    網膜動脈閉塞症は、受診された時点で発症から経っていると視力回復が望めないので、受診のタイミングが重要です。
  • 50代男性 眼科 「網膜動脈閉塞症」
    網膜動脈閉塞症は、救急を必要とします。
  • 50代男性 眼科 「網膜動脈閉塞症」
    網膜動脈閉塞症は特に緊急性が高く、視力回復が難しいと思います。
  • 50代男性 眼科 「網膜動脈閉塞症」
    一番ドラスティックに低下するのは網膜動脈閉塞症です。
  • 60代男性 眼科 「網膜動脈閉塞症」
    頻度は少ないですがもっとも慌てるのが網膜動脈閉塞症です。
  • 40代男性 眼科 「網膜動脈閉塞症」
    高齢者で、最も急激で著しい視力低下では網膜動脈閉塞症が多いです。
  • 50代男性 眼科 「網膜動脈閉塞症」
    網膜動脈閉塞症は、発症の日時がわかるくらい急激です。

次にコメントで多かったのは「網膜動脈閉塞症」との意見です。

急激に視力が低下するという症状の特徴がよく当てはまるようで、発症の日時が分かるぐらい急激だとのコメントもありました。
頻度は多くはないようですが、発症から時間が経つと回復が難しくなるとのことで、早期の対応が求められる病気のようです。
また高齢者の方で多くなる病気であるとの医師からの意見もありました。

病院は受診した方が良いの?

続いて「急激な視力低下を感じた場合、病院を受診すべきだと思いますか。」という質問に対して、次の選択肢から選んでもらい、その理由をコメントしてもらいました。

  • すぐに受診すべき
  • 症状が続くなら受診すべき
  • どちらでもよい
  • 受診の必要はない

以下のグラフが結果となります。

図1

「すぐに受診すべき」と回答している医師が91%と一番多く、次に「症状が続くなら受診すべき」が続きました。回答を見ると病院を受診すべきと考えている医師がほとんどを占めているのが分かります。

それでは、医師のコメントを見ていきましょう。

急激な視力低下を感じたら、病院の受診を検討しよう

  • 30代男性 眼科 「すぐに受診すべき」
    診察を受けないと原因が何か分かりません。
  • 30代女性 眼科 「すぐに受診すべき」
    早ければ早いほど良い病気もあります。
  • 40代男性 眼科 「すぐに受診すべき」
    早期治療が視力の回復を促す可能性が高いです。
  • 60代男性 眼科  「すぐに受診すべき」
    当然、何でもないことを確認するためにも必要となります。
  • 40代女性 眼科 「すぐに受診すべき」
    放っておいてもいいことはありません。
  • 50代男性 眼科「すぐに受診すべき」
    急な症状の変化は危険な兆候です。
  • 50代男性 眼科 「すぐに受診すべき」
    素人には解らないので、ぜひ受診してください。
  • 40代男性 眼科 「すぐに受診すべき」
    眼底疾患は早い対応が必要なので早めの受診を勧めます。

一番多く見られたコメントは、「すぐに受診すべき」というものでした。
患者さんだけではできることにも限りがあるので、設備の整った医療機関にて問診を受け、医師に診察していただくのが症状の原因究明には一番適していると言えそうです。
また、前述の網膜剥離や網膜動脈閉塞症をはじめ、目の疾患には対応を急ぐものも多いようなので、その点でも病院の受診をすぐにするのは正しい選択と言えそうです。

症状が続くようなら受診を考えてみよう

  • 40代男性 眼科 「症状が続くなら受診すべき」
    中には数分で戻るものもありますが、基本的に10分以上続くものは早急に受診すべきと思います。
  • 50代男性 眼科 「症状が続くなら受診すべき」
    早めの受診が大切です。
  • 30代女性 眼科 「症状が続くなら受診すべき」
    症状が続くなら受診すべきです。
  • 40代男性 眼科 「症状が続くなら受診すべき」
    網膜動脈閉塞症以外ではすぐの受診でなくても治療可能であるので、病院が時間外であれば次の日でも問題ないと思われます。

次にコメントで多かったのは、「症状が続くなら受診すべき」とする意見です。
ただ、何日も放っておいてもいいというわけではなく、あくまで早めの受診を推奨するコメントが多くありました。
中には、「10分以上症状が続く場合は受診すべき」と具体的な時間を示してくださった医師もいました。

目に異常がある場合は、自分でできる対処に限りがありますよね。
症状が治らずに続くようであれば病院の受診を検討してみましょう。

急激に視力が低下した場合、網膜剥離などの可能性あり!病院の受診も検討しよう

本調査によると、急激な視力低下がある場合、よく見られる疾患は、「網膜剥離」との回答が一番多く、次に「網膜動脈閉塞症」、「視神経炎」が続きました。
どの病気も早期の対応が必要といった医師のコメントがみられましたが、特に「網膜動脈閉塞症」は急いで対処する必要があるようです。
また、急激な視力低下のある場合、病院を受診すべきかどうかについては、「すぐに受診すべき」と回答している医師が一番多く、次に「症状が続くなら受診すべき」が続きました。
重大な目の病気の可能性があるため、やはり早期の段階で専門医にしっかりと診察していただくことが大切と言えそうです。

ツイート
この記事の著者

関連する健康相談

関連する記事