むくみがある時は何科に行けばいいの?他のどんな症状に注意すべき?医師527人に聞いてみました

脚を気にする女性
まず「むくみがある時は何科に行けばいいのか」については、「一般内科」との回答が8割で一番多く、次に「循環器内科」、「腎臓内科」が続きました。この結果からほとんどの医師はむくみの症状で受診する際は、まず「一般内科」を推奨していることが分かります。また、むくみと併せて他にどんな症状がある時に注意すべきかという質問については、「動悸・息切れがある」と回答した医師が一番多く、次に「息苦しさで眠れない」、「尿量が減少している」が続きました。これら上位3つは過半数を占める医師が回答しており、特に注意が必要な症状だと考えられそうです。むくみが出た際はまずは一般内科で原因の切り分けを行うことが多いようですが、最終的には循環器内科に行くケースも多いようです。心不全などのケースもあるので、動悸も気になる場合は注意して対応しましょう。
全身の不調の悩み
イシコメ運営事務局 イシコメ運営事務局

むくみの症状が改善せず、どうしようか悩んでいる方も意外に多いのではないかと思います。
自分でマッサージしてみたり、食生活を改善してみたり、努力はしたものの、思うようにむくみが解消されない場合もありますよね。
そんな時はやはり医師に相談しようと病院に向かう方もいると思います。
でも、どこの科に行けばいいのか分からない場合もあるのではないでしょうか。
また、どんな症状があった際には、病院を受診すべきなのかも気になりますよね。

そこで今回は、一般内科、総合診療、腎臓内科・透析、循環器内科医527人に、むくみがある時は何科に行けばいいのか、むくみと併せて他にどんな症状がある時に注意すべきなのか聞いてみました。

※ 本調査は医師専用コミュニティサイトMedPeer(https://medpeer.jp/)にて、2018年8月23日~2018年8月24日にかけて行われ、一般内科、総合診療、腎臓内科・透析、循環器内科医527人から回答を頂きました。

むくみがある時は何科に行けばいの?

まずは、「むくみを主訴とする場合に受診するべき診療科はどこですか。」という質問に対して、次の選択肢から選んでもらい、その理由をコメントしてもらいました。

  • 一般内科
  • 循環器内科
  • 腎臓内科
  • 肝臓・胆のう・膵臓・移植外科
  • 血管外科
  • 整形外科
  • その他

以下のグラフが結果となります。

集計では、「一般内科」との回答が80%と一番高く、次に「循環器内科」、「腎臓内科」が続きました。
この結果から、ほとんどの医師がむくみの症状で受診する場合は「一般内科」を推奨していることが分かります。
それでは、医師のコメントを見ていきましょう。

むくみが気になる際は一般内科を受診しよう

  • 50代男性 一般内科 「一般内科」
    まずは一般内科で診れば良いと思います。
  • 40代男性 一般内科 「一般内科」
    一般内科でまず診療してから、その後に循環器内科を受診するようにしていただきたいです。
  • 50代男性 一般内科 「一般内科」
    高齢者の方の廃用性浮腫が多いので、まずは一般内科でスクリーニングをしましょう。
  • 50代男性 一般内科 「一般内科」
    まずは一般内科でどこに異常があるかをチェックしましょう。
  • 50代女性 一般内科 「一般内科」
    先ずは一般内科でどこに原因があるかを見極めてもらうべきです。
  • 50代男性 一般内科 「一般内科」
    一般内科にまずかかって、鑑別してもらうのが良いと思います。
  • 50代男性 一般内科 「一般内科」
    内科受診から各科の流れでよいと思います。
  • 50代男性 一般内科 「一般内科」
    臓器機能異常がないか拾い上げますから、一般内科でいいでしょう。

医師の回答を見ると、「一般内科」との声が多数挙がっていました。
まずはむくみの原因の見極めが必要と考える医師が多くおり、そのためにも一般内科におけるスクリーニングが大切なようです。
内科で疾患をある程度絞り、その後に必要な診療科を受診するという流れを提示してくれた医師もいました。
疾患の鑑別ができていないときは、まずは一般内科で診てもらうと考えて良いかもしれません。

循環器内科がいいケースも

  • 70代男性 一般内科 「循環器内科」
    循環器が専門ではないでしょうか。
  • 50代男性 一般内科 「循環器内科」
    まず循環器内科を受診することを勧めます。
  • 50代男性 循環器内科 「循環器内科」
    まずは循環器内科で心不全の有無をチェックしましょう。
  • 50代男性 循環器内科 「循環器内科」
    循環器内科で、心不全の除外は必須です。
  • 30代男性 循環器内科 「循環器内科」
    本来は一般内科が調べるべきだと思いますが、ほぼ全て循環器に相談が来ます。
  • 40代男性 一般内科 「循環器内科」
    慢性心不全の患者さんの場合が多いです。
  • 50代男性 一般内科 「循環器内科」
    心臓や静脈血栓症の除外が必要です。

次にコメントで多かったのは、「循環器内科」との意見です。
「循環器内科」の専門性から、受診を推奨するコメントが多くみられました。

むくみの原因として多い病気に心不全がありますが、その原因の見極めや除外のためにも循環器内科を受診する必要が高くなっているようです。
また、「本来は一般内科が調べるべきだと思いますが、ほぼ全て循環器に相談が来ます。」とのコメントもあり、むくみの症状があるときは循環器内科を受診する方も多いことがうかがえますね。

他にどんな症状があったら病院を受診するべき?

続いて、「むくみと併せてどのような状況もしくは症状があった場合に病院を受診したほうがよいですか。」という質問に対して、次の選択肢から選んでもらい、その理由をコメントしてもらいました。

  • 動悸・息切れがある
  • 息苦しさで眠れない
  • 尿量が減少している
  • 吐き気や全身のだるさ(倦怠感)がある
  • 下肢の静脈瘤がある
  • 何か薬を内服している
  • 関節の痛みがある
  • その他

以下のグラフが結果となります。

「動悸・息切れがある」と回答している医師が81%と一番多く、次に「息苦しさで眠れない」、「尿量が減少している」が続きました。
これら上位3つの症状は過半数を占める医師からの回答があり、特に注意が必要な症状だと考えられそうです。
それでは、医師のコメントを見ていきましょう。

動悸や息切れがあるときは要注意

  • 50代男性 一般内科 「動悸・息切れがある」
    色んな可能性を考えて診療します。
  • 30代男性 循環器内科 「動悸・息切れがある」
    心不全によるものだと早期の対応が望まれます。
  • 50代男性 一般内科 「動悸・息切れがある」
    呼吸・循環に関わる症状は緊急性が高いと思います。心不全兆候などに注意します。
  • 40代男性 一般内科 「動悸・息切れがある」
    動悸と息切れは重い症状だと思います。
  • 50代男性 一般内科 「動悸・息切れがある」
    心不全兆候などに注意が必要です。
  • 40代男性 一般内科 「動悸・息切れがある」
    呼吸苦を伴っていることがあります。
  • 50代男性 一般内科 「動悸・息切れがある」
    やはり、息切れは心不全の徴候だと考えられます。
  • 30代男性 一般内科 「動悸・息切れがある」
    心不全、胸水貯留が心配です。
  • 60代男性 一般内科 「動悸・息切れがある」
    重病に繋がるので心配です。

一番多く見られたコメントは、「動悸・息切れがある」というものでした。
これらの症状が出ている時は急いで対応をした方がいいようです。具体的に可能性のある病気には、心不全の名前が挙がっていました。
心不全の概要は、以下の通りです。

心不全とは

心臓は全身に血液を送り出すポンプの働きをしています。心不全というのは病名ではなく、様々な心臓の病気の結果、このポンプの働きに障害が生じていろいろな症状を引き起こしている状態を指すものです。

引用:心不全|公益財団法人 日本心臓財団

つまり、心不全は、心臓のポンプの働きに不具合が生じてしまっている状態といえます。
また、他にも動悸・息切れが伴う場合は、「呼吸苦を伴っていることがある」「胸水貯留が心配」との声がありました。
むくみに加えて動悸・息切れがある場合は、注意して早めの受診を心がけたいですね。

息苦しさで眠れない場合も受診を検討しよう

  • 60代男性 一般内科 「息苦しさで眠れない」
    息切れなどの症状が続く時です。
  • 30代女性 循環器内科 「息苦しさで眠れない」
    まずは鑑別が一番大事です。
  • 40代女性 一般内科 「息苦しさで眠れない」
    息切れなどの症状があれば心不全を疑います。
  • 50代男性 一般内科 「息苦しさで眠れない」
    心不全に伴う症状かと思います。
  • 30代男性 一般内科 「息苦しさで眠れない」
    慢性心不全が多いです。
  • 30代男性 一般内科 「息苦しさで眠れない」
    日常生活に支障が有るなら受診を勧めます。
  • 40代男性 一般内科 「息苦しさで眠れない」
    息苦しさは特に注意が必要だと思います。
  • 50代男性 一般内科 「息苦しさで眠れない」
    レントゲン、検尿、採血が必要です。
  • 30代男性 一般内科 「息苦しさで眠れない」・「吐き気や全身のだるさ(倦怠感)がある」
    息苦しさで眠れない時や吐き気や倦怠感がある時は受診した方が良いと思います。

次にコメントで多かったのは、「息苦しさで眠れない」とする意見です。
特に「息苦しさ」という症状は、動悸や息切れといった症状と同様に、心不全の疑いがあるようです。
これらの症状で日常生活に支障が出ている場合などは、まずはしっかりと医療機関にて鑑別することが大切と言えそうです。

また、「レントゲンや検尿、採血などが必要」というコメントもあり、いろいろな検査をすべき場合もあるようです。
受診した際は、医師としっかり相談し、適切な検査を受けましょう。

むくみで受診する場合は、まず一般内科へ。動悸や息切れの症状を併発している時は要注意

むくみがある時は何科に行けばいいのか聞いたところ、「一般内科」との回答が一番多く、次に「循環器内科」、「腎臓内科」が続きました。
まずはむくみの原因の見極めが必要と考える医師が多くおり、そのためにも一般内科におけるスクリーニングが大切なようです。
また、むくみと併せて他にどんな症状がある時に注意すべきかという質問については、「動悸・息切れがある」と回答している医師が一番多く、次に「息苦しさで眠れない」、「尿量が減少している」が続きました。
医師のコメントを見る限り、これら上位の症状は、心不全に起因している場合が多いようです。早期に対応をしたい病気なので、むくみ以外にこのような症状が出ている場合は、病院の受診を検討しましょう。
今回はむくみがある時は何科に行けばいいのか、むくみと併せて他にどんな症状がある時に注意すべきかについてみてきました。
一時的なむくみなら、そこまで気に留めませんが、何日間も続く際には原因をはっきりさせたいですよね。
また今回ご紹介したように病気が隠れているケースもあることから、気になるときは医療機関の受診を検討することも大事そうです。

ツイート
この記事の著者

関連する記事