自宅でできる緊張型頭痛の効果的な対処法とは?医師524名に聞いてみました

頭を押さえる女性
調査の結果、「自宅でできる緊張型頭痛の対処法として効果的なものは何ですか」という質問に対し、「首・肩・頭のマッサージ・ストレッチをする」との回答が最も多く、「リラックスをする」、「適度な運動をする」が次いで支持を集めています。医師のコメントからは共通して、筋肉の緊張をほぐす、血行を改善させることが良いとの意見が見られることから、これらの効果が期待できるような対処法を行ってみてはいかがでしょうか。
頭痛
イシコメ運営事務局

ズキズキ、ガンガンするように感じることもある頭痛。
頭痛と言ってもさまざまな種類がありますよね。
なかには「緊張型頭痛」といったものもありますが、このような頭痛はどのように対処するのが効果的なのでしょうか。
また、自宅でできるような方法があれば知っておきたいところですよね。

そこで今回は、「自宅でできる緊張型頭痛の効果的な対処法は何か」について、脳神経外科医、一般内科医、神経内科医、計524名に聞いてみました。

※ 本調査は医師専用コミュニティサイトMedPeer(https://medpeer.jp/)にて、2018年6月19日〜6月22日にかけて行われ、脳神経外科医、一般内科医、神経内科医計524名から回答を頂きました。 

緊張型頭痛とは?

「片頭痛」を耳にすることはあっても、「緊張型頭痛」をご存じない方も多いのではないでしょうか。
まずは、緊張型頭痛について、以下のように記載されていましたので、ご存じないという方は参考にしてみてください。

緊張型頭痛とは

 “緊張型頭痛は、通常は軽度から中等度の痛みで、頭がベルトで締めつけられるような感じがします。(中略)緊張型頭痛の原因はよく分かっていませんが、痛みを感じる閾値(いきち)が正常より低くなることと関連するともいわれています。ストレスが関係している可能性もありますが、頭痛とストレスの関係はよく分かっておらず、ストレスだけで症状を説明できるわけでもありません。他の問題が頭痛の一因や引き金になることもあります。例えば、睡眠障害、顎関節の異常(顎関節症)、首の痛み、眼精疲労などが緊張型頭痛の引き金となることがあります。(中略)片頭痛とは異なり、緊張型頭痛は吐き気や嘔吐を伴わず、身体活動、光、音、匂いによって痛みが悪化することもありません。”

(引用:MSDマニュアル 家庭版 緊張型頭痛

このように緊張型頭痛は、睡眠障害、顎関節の異常(顎関節症)、首の痛み、眼精疲労などが引き金となり、また頭全体が痛むといった特徴があるようです。
それでは、医師がすすめる緊張型頭痛の対処法について見ていきましょう。

自分でできる緊張型頭痛の効果的な対処法とは?

「自宅でできる緊張型頭痛の対処法として効果的なものは何ですか」という質問に対し、以下の選択肢から選んでもらい、コメントを頂きました。

  • 市販の頭痛薬を服用する
  • 漢方薬(葛根湯など)を服用する
  • コーヒーなどカフェインを含む食品を摂る
  • 入浴する
  • 首・肩・頭のマッサージ・ストレッチをする
  • 首や肩に湿布を貼る
  • 適度な運動をする
  • リラックスをする
  • その他

以下が結果となります。

調査の結果、「首・肩・頭のマッサージ・ストレッチをする」が最も多くの回答を集めました。次いで、「リラックスをする」「適度な運動をする」が支持を集めています。

では、それぞれの医師のコメントを見ていきましょう。

マッサージ・ストレッチで血行改善を

  • 40代女性 脳神経外科 「首・肩・頭のマッサージ・ストレッチをする」
    頭頚部の筋肉の緊張をほぐすことが重要です。
  • 60代男性 一般内科 「首・肩・頭のマッサージ・ストレッチをする」
    ストレッチで血行を改善させることです。
  • 50代男性 一般内科 「首・肩・頭のマッサージ・ストレッチをする」
    筋肉の緊張を色々なアプローチをもって緩和するのが良いのではないでしょうか。
  • 50代男性 一般内科 「首・肩・頭のマッサージ・ストレッチをする」
    血液循環の改善や、物理的に循環をよくする状況に筋肉を改善させる必要があります。
  • 40代女性 一般内科 「首・肩・頭のマッサージ・ストレッチをする」
    意外と原始的な方法が効きます。
  • 60代男性 一般内科 「首・肩・頭のマッサージ・ストレッチをする」
    自分自身の力で対処してもらうのがベストです。

「首・肩・頭のマッサージ・ストレッチをする」と回答した医師からは、「筋肉の緊張をほぐす」、「血行を改善させる」といったことが良いとの見解が見られました。
「筋肉の緊張を色々なアプローチをもって緩和するのが良い」と考える医師もいました。
マッサージやストレッチを行うことにより筋肉の緊張をほぐし、血行の改善を図ることで症状が改善されるという考えのようですね。

続いて、「リラックスをする」と回答した医師のコメントを見ていきましょう。

リラックスをすると回答した医師

  • 50代男性 一般内科 「リラックスをする」
    どんな方法でも良いので、筋緊張を取ってあげることが大切です。
  • 60代男性 一般内科 「リラックスをする」
    ストレス解消、リラックスすることです。
  • 60代男性 一般内科 「リラックスをする」
    睡眠をしっかりとることも大事です。
  • 50代男性 脳神経外科 「リラックスをする」
    仕事を休むことだと思います。
  • 50代男性 一般内科 「リラックスをする」
    筋肉や血管を休めるのが良いと思います。

「リラックスをする」との回答では、前項と同じように筋肉の緊張を取ることが大切との意見が見られました。

また、ストレス解消や睡眠をしっかりとると良いとの声も。
まずは筋肉や血管を休ませてあげることが、頭痛改善にもつながるようですね。
なかには、仕事を休むことを勧める医師もいらっしゃいました。
無理して症状が悪化しないよう、状況によっては仕事を休むことも選択肢の一つとして考えた方が良いかもしれません。

最後に、「適度な運動をする」を選択した医師のコメントです。

日ごろの運動不足解消が有効

  • 40代男性 一般内科 「適度な運動をする」
    運動習慣をつけると改善するケースが多いです。
  • 60代男性 脳神経外科 「適度な運動をする」
    まず、運動不足やストレスなど外的要因を除去することが肝要で、それでも改善がなければ薬物治療を行います。
  • 50代女性 一般内科 「適度な運動をする」
    血流を良くすることが大事だと思います。
  • 60代男性 一般内科 「適度な運動をする」
    運動不足が原因であり、デスクワークも原因と考えます。
  • 40代女性 一般内科 「適度な運動をする」
    運動、全身運動も勧めています。

「適度な運動をする」のが良いと答えた医師は、「血流を良くすることが大事」、「運動習慣をつけると改善するケースが多い」との見解を示しました。
運動習慣をつけることで血行促進も期待できそうですね。

また、「運動不足やストレスなど外的要因を除去することが肝要で、それでも改善がなければ薬物治療を行う」とのコメントもあることから、上記のような対処法で改善が見られない場合は自宅だけでなんとかしようとせず、医師に相談して薬を処方してもらうことも視野に入れた方が良いかもしれません。
さらに、デスクワークも原因であるとのコメントも寄せられました。
日頃からデスクワークを行っている方は、意識して運動を取り入れるなど注意するといいかもしれませんね。

本調査の医師の回答とコメントをまとめると、緊張型頭痛を改善するには筋肉の緊張をほぐす、血行を改善させることがポイントとなるようです。
また、ストレス解消を行なうことや睡眠をしっかりとること、軽い運動をすることなども合わせてしていくと良いかもしれません。
医師のコメントにはさまざまな対処法が挙げられましたので、以上の内容から自分にできる対処法から試してみてはいかがでしょうか。

緊張型頭痛は、血行の改善・筋肉の緊張をほぐすことで対処を

本調査によれば、自宅でできる緊張型頭痛の対処法として効果的なものは、「首・肩・頭のマッサージ・ストレッチをする」が最多で支持を集め、次に「リラックスをする」、「適度な運動をする」が回答されました。
医師のコメントによれば、緊張型頭痛の改善には筋肉の緊張をほぐすことや血行を改善させることがポイントということがわかりました。
そのために、マッサージやストレッチを行なう、睡眠をしっかり取る、ストレスを解消する、運動習慣をつけるなどの対処法も挙げられていました。
つらい頭痛ですが、調査結果や医師のコメントなどのアドバイスを参考に改善を図りましょう。

ツイート
この記事の著者

関連する健康相談

関連する記事