視界が波打つ症状がある時に考えられる病気って何?眼科医198人に聞いてみました

歪む視界
視界が波打つ症状がある時に考えられる病気は何かという質問については、「加齢黄斑変性症」との回答が一番高く、次に「中心性漿液性網脈絡膜症」、「黄斑上膜」が続きました。これら3つは過半数を占める医師の支持が得られており、視界が波打つ際には発症の可能性が高い疾患と考えられます。また、高齢の場合では加齢黄斑変性症、働き盛りの年代では中心性漿液性網脈絡膜症の場合が多いとの指摘もあり、年齢によって考えられる疾患も変わってくるようです。症状が続き悩まされている場合などは、まずは病名を明確にするためにも、医療機関の受診を検討することが大事そうです。
目の不調
イシコメ運営事務局

視界が波打つ症状で頭を悩ませてはいませんでしょうか。
正常な視界を阻害されてしまうと気分も悪く落ち着きませんし、行動するのにも一苦労ですよね。
視界が波打つことは、よく起こる症状ではないので、原因をはっきりさせたいと思われる方が多いと思います。また、何か悪い病気にかかってしまったのではないかと不安を感じる方もおられるのではないでしょうか。

そこで今回は、眼科医198人に、視界が波打つ症状がある時に考えられる疾患は何かを聞いてみました。

※ 本調査は医師専用コミュニティサイトMedPeer(https://medpeer.jp/)にて、2018年8月15日~2018年8月16日にかけて行われ、眼科医198人から回答を頂きました。

一体どんな病気が考えられるの?

「視野が波打つ症状がある場合、よく見られる疾患として当てはまるものは何ですか。」という質問に対して、次の選択肢から選んでもらい、その理由をコメントしてもらいました。

  • 加齢黄斑変性症
  • 中心性漿液性網脈絡膜症
  • 黄斑上膜
  • 網膜剥離
  • 網膜静脈閉塞症
  • 閃輝暗点
  • ぶどう膜炎
  • 屈折異常
  • 視神経炎
  • 緑内障
  • その他

以下のグラフが結果となります。

「加齢黄斑変性症」との回答が67%と一番高く、次に「中心性漿液性網脈絡膜症」、「黄斑上膜」が続きました。この結果からこれら上位3つの疾患はどれも過半数の医師の回答を得ており、まず疑うべき病気だと言えそうです。

上位の疾患について病気の概要をおさえた後に、医師のコメントを見ていきましょう。

加齢黄斑変性症とは

加齢黄斑変性症は、人や物を見分けるのに戸惑ったり、文字が読みにくかったりなどが特徴の目の病気です。眼底の網膜の中央にある黄斑部が傷害されるもので、網膜はフィルムに例えられますが、場所によって見え方が異なり、一番良く見えるのが眼底の中央にある黄斑部です。年を取って黄斑部の障害が起き、ゆがみ・視力低下を生じるのが加齢黄斑変性症で最近増加しています。

引用:加齢黄斑変性症|上尾市医師会

中心性漿液性網脈絡膜症とは

中心性漿液性脈絡網膜症は、30〜40歳台の中年男性に多い疾患で「中心性網膜炎」とよばれることもあります。変視症(歪んで見える)や小視症(小さく見える)、中心暗点(真ん中が暗い)などの症状がみられ、時に軽度の視力低下をみることもありますが、矯正視力は保たれていることが多いです。

引用:中心性漿液性網脈絡膜症|関西医科大学附属病院

黄斑上膜とは

黄斑上膜は、網膜前膜、網膜前線維症、黄斑前膜ともよばれます。黄斑上膜は、眼底の黄斑部網膜の上にある後部硝子体皮質が、増殖性の半透明の膜状の組織になって生じます。膜の形成当初は無症状ですが、膜が厚くなってくると、膜の収縮も加わって、網膜に皺が生じて変視症(ものが波うって見える)や視力低下をきたします。

引用:黄斑上膜|関西医科大学附属病院

視界が波打つ際には、加齢黄斑変性症の場合が多い

  • 50代女性 眼科 「加齢黄斑変性症」
    黄斑部の病気で起こりやすいです。
  • 50代男性 眼科 「加齢黄斑変性症」
    これが一番多い疾患です。
  • 50代女性 眼科 「網膜剥離」・「黄斑上膜」・「加齢黄斑変性症」
    黄斑部の浮腫や出血、網膜剥離、網膜上膜など黄斑部疾患の症状ですが原因は色々だと思います。
  • 40代男性 眼科 「加齢黄斑変性症」
    加齢黄斑変性の初期が多いです。
  • 40代女性 眼科 「中心性漿液性網脈絡膜症」・「加齢黄斑変性症」
    黄斑変性を疑って、すみやかに眼底検査を行うべきです。
  • 40代男性 眼科 「加齢黄斑変性症」
    黄斑変性も症状がひどくなる前に加療した方が改善が早いので、速やかに受診してほしいです。
  • 50代女性 眼科 「黄斑上膜」・「加齢黄斑変性症」
    大抵、黄斑部が腫れているか出血していることが多いです。
  • 30代女性 眼科 「加齢黄斑変性症」
    加齢黄斑変性症は増えてきています。

医師の回答を見ると「加齢黄斑変性症」との声が多数挙がっていました。症状としては、比較的初期から視野が波打つことがあるそうです。
また、視野が波打つ原因としては様々あるようですが、黄斑部が腫れていたり、出血していたりすることが多いと指摘する医師のコメントも見られました。
ひどくなる前に治療を開始した方が、改善が早いそうなので、早めに眼科医に診てもらった方がいいかもしれません。

また、こうした病気を見つける検査の方法として、医師のコメントで触れられていた眼底検査についてもおさえておきましょう。

眼底検査とは

眼底検査は、眼底鏡や眼底カメラなどの器具を用いて眼球の奥にある血管・網膜・視神経を調べる検査です。 眼底の血管は、人の体で唯一、直接観察できる血管で、この血管の状態を観察することで、高血圧や動脈硬化の程度、または、糖尿病性の変化など全身の病気が推定できる為、生活習慣病の発見に有効とされています。 また、緑内障、網膜色素変性症、黄斑変性症など眼の病気の診断にも使われます。

引用:眼底検査の基礎知識       公益財団法人栃木県保健衛生事業団

上記の通り、黄斑変性症をはじめとした目の病気を発見するのに有効な検査です。まずは、医師に検査方法も含め相談してみるのがよさそうです。

働き盛りの方は中心性漿液性網脈絡膜症の可能性も

  • 50代男性 眼科 「中心性漿液性網脈絡膜症」
    できるだけ早く受診されたほうがよいと思います。
  • 30代女性 眼科 「中心性漿液性網脈絡膜症」
    やはり中心性漿液性網脈絡膜症が一番多いです。
  • 50代女性 眼科 「中心性漿液性網脈絡膜症」
    眼底疾患の訴えとしてはよくあり、精密検査が必要と思います。
  • 30代男性 眼科 「中心性漿液性網脈絡膜症」
    40歳から50歳の人であればこの場合が多いです。
  • 40代男性 眼科 「中心性漿液性網脈絡膜症」
    壮年期のおじさんに多く見られます。
  • 50代男性 眼科 「中心性漿液性網脈絡膜症」
    症状続けば受診を勧めます。
  • 40代男性 眼科 「中心性漿液性網脈絡膜症」・「黄斑上膜」
    頻度は黄斑上膜ですが、自覚して来院するのは中心性漿液性が多い印象です。
  • 30代女性 眼科 「中心性漿液性網脈絡膜症」・「網膜静脈閉塞性」・「閃輝暗点」
    ある程度視力が残っている患者さんに多い症状です。
  • 50代男性 眼科 「中心性漿液性網脈絡膜症」
    年齢が30代ぐらいの若い方なら、中心性漿液性網脈絡膜症の可能性が高いです。
  • 30代男性 眼科 「中心性漿液性網脈絡膜症」­
    若い患者さんでは圧倒的に中心性漿液性網脈絡膜症が多いです。
  • 50代男性 眼科 「中心性漿液性網脈絡膜症」
    症状が部分的か、全体的かで対応は異なります。

次にコメントで気になったのは、「中心性漿液性網脈絡膜症」です。医師からも診察の頻度が多いとコメントがありました。

先ほどの疾患の概要にもありましたが、傾向として30代ぐらいから壮年期の働き盛りの方に発症することが多いようです。
「中心性漿液性網脈絡膜症」の場合も早期の受診が推奨されており、なかには精密検査の必要性を主張される医師もいらっしゃいました。
視野が波打つ症状が継続する場合は、早めに医療機関の受診を考えるのも大事そうですね。

他にも、目の症状が部分的なものか全体的なものかで、その後の対応も変わってくるとのコメントもありました。実際に医師の問診を受ける際は、しっかりと詳細を伝えるように心がけましょう。

黄斑上膜の場合もある

  • 40代女性 眼科 「黄斑上膜」
    歪みの症状でまず考えるのは黄斑上膜です。
  • 60代女性 眼科 「網膜剥離」・「中心性漿液性網脈絡膜症」・「黄斑上膜」・「加齢黄斑変性症」
    一過性のものでなければ受診は早い方がよいです。
  • 30代男性 眼科 「黄斑上膜」
    頻度的には黄斑上膜が多いです。
  • 40代男性 眼科 「網膜剥離」・「黄斑上膜」・「加齢黄斑変性症」
    黄斑上膜は知られていませんが意外とありふれています。
  • 40代女性 眼科 「黄斑上膜」
    波打つという表現は少ないです。
  • 40代男性 眼科 「黄斑上膜」
    手術は視力の低下の度合いで決まります。
  • 40代男性 眼科 「黄斑上膜」
    頻度は高いですが、施術適応は少ないです。
  • 40代女性 眼科 「黄斑上膜」
    片目だと気付くのが遅い場合があります。
  • 50代男性 眼科 「黄斑上膜」
    視野が歪むとは言いますが、波打つという訴えはあまりないです。

さらに、「黄斑上膜」との声も挙がっていました。あまり聞きなれないですが、医師の方の診察例は比較的多い病気のようです。
目の見え方については波打つという表現よりは、視界が歪むと症状を訴える方が多い病気との意見もありました。

また、症状が片目にしか現れない場合は、病気に気付くのが遅くなることもあるとのことです。
さらに、ケースとしては少ないようですが、視力の低下度合いによっては手術が必要な場合もあるようでした。

やはり、一過性の症状でない場合は、早めに病院の受診を検討した方がいいと言えるでしょう。

視界が波打つ場合、加齢黄斑変性症や中心性漿液性網脈絡膜症の可能性あり

本調査によると、視界が波打つ症状がある時に考えられる病気は何かという質問に対して、「加齢黄斑変性症」との回答が一番高く、次に「中心性漿液性網脈絡膜症」、「黄斑上膜」が続きました。
医師のコメントからも、これら上位の病気はどれも珍しいものではなく、発症の可能性は十分にある病気だということが分かりました。
同じ波打つという目の症状からもこれだけの目の病気が考えられるので、自分で原因を特定するのは限界があるように思います。
目の波打つ症状に気づいたら、医療機関を受診して各種検査を受けることが大事と言えそうです。

ツイート
この記事の著者

関連する健康相談

関連する記事