視界がぼやける場合に考えられる病気って何?どんな随伴症状があったら受診を考えるべき?眼科医198人に聞いてみました

眼鏡とぼやける背景
まず「視界がぼやける症状がある場合、よく見られる疾患として当てはまるものは何ですか」という質問については、「白内障」との回答が一番高く、次に「ぶどう膜炎」、「ドライアイ」が続きました。これら3つの病気や症状は過半数を占める医師からの支持が得られており、視界がぼやける際には多い原因と考えられます。また、他にどのような随伴症状があれば受診を急ぐべきですかという質問については、「視野の歪み」と回答している医師が一番多く、次に「飛蚊症」、「目の奥の痛み」が続きました。「視野の歪み」と「飛蚊症」は得票率が過半数を占めており、特に注意しなければならない随伴症状といえそうです。特にこれらの随伴症状などがあったり、症状が続いたりする場合は医療機関の受診も検討するようにしましょう。
目の不調
イシコメ運営事務局

視界がぼやけてしまい、困っている方もいるのではないでしょうか。
一時的なものなら我慢もできますが、なかなか症状の改善が見られないと生活にも支障をきたしますよね。
何か病気にかかっているのではと不安を感じる方、病院を受診したほうが良いのか判断を迷っている方もいるかと思います。

そこで今回は、眼科医198人に、視界がぼやける場合に考えられる病気は何なのか、どんな随伴症状があったら病院を受診した方が良いのか聞いてみました。

※ 本調査は医師専用コミュニティサイトMedPeer(https://medpeer.jp/)にて、2018年8月15日~2018年8月16日にかけて行われ、眼科医198人から回答を頂きました。

どんな病気が考えられる?

まずは、「視界がぼやける症状がある場合、よく見られる疾患として当てはまるものは何ですか。」という質問に対して、次の選択肢から選んでもらい、その理由をコメントしてもらいました。

  • 白内障
  • ぶどう膜炎
  • ドライアイ
  • 眼精疲労
  • 網膜剥離
  • 加齢黄斑変性症
  • 視神経炎
  • 緑内障
  • 網膜色素変性症
  • その他

以下のグラフが結果となります。

集計では、「白内障」との回答が88%と一番高く、次に「ぶどう膜炎」、「ドライアイ」が続きました。
この結果から、これら3つの病気は過半数を占める医師の支持が得られていることが分かり、まず疑ってみるべきものと考えられます。
では、上位の疾患などについての概要をおさえた後に、医師のコメントを見ていきましょう。

白内障とは

白内障はカメラのレンズに相当する目の中の水晶体が濁ってくる病気です。老化現象の一種で、ほとんどの人は年をとるとこの病気になります。水晶体には見たものを目の底(網膜)に映し出す働きがありますが、白内障になると映りが悪くなり、かすんで見えるようになります。他の症状として、光をまぶしく感じたり、二重に見えたりすることもあります。進行して最終的に真っ白に濁ると何も見えなくなります。

引用:白内障|土浦市医師会

ぶどう膜炎とは

ぶどう膜は血管や色素が豊富な組織で、前方にある虹彩(茶色目の部分)、毛様体、眼底の奥にある脈絡膜から成り立っています。何らかの原因で、これらの組織に起きた炎症を「ぶどう膜炎」といいますが、ぶどう膜に接する網膜(カメラのフィルムに該当)や強膜(白目)に炎症が起きた場合も含みます。

引用:ぶどう膜炎|徳島県医師会

ドライアイとは

涙の分泌量が減ったり、量は十分でも涙の質が低下することによって、目の表面を潤す力が低下した状態をドライアイと呼びます。

引用:ドライアイ|日本眼科学会

白内障のケースが多い

  • 50代男性 眼科 「白内障」
    それほど急を要しませんが、早いにこしたことはありません。
  • 40代女性 眼科 「白内障」
    なんとなくぼやける症状なら、白内障が最多です。
  • 40代男性 眼科 「白内障」
    年をとれば誰でもなる可能性があります。
  • 50代男性 眼科 「白内障」
    急性でなければ白内障が多いです。
  • 40代男性 眼科 「白内障」
    白内障の場合が多いと思います。
  • 40代男性 眼科 「白内障」
    白内障は頻度が高いが緊急性は高くないです。
  • 40代男性 眼科 「白内障」
    ほぼ全ての人がかかる可能性のある疾患です。
  • 50代男性 眼科 「白内障」
    白内障は初期からかすむなど自覚症状があります。
  • 30代男性 眼科 「白内障」
    ぼやけるのは大体白内障です。
  • 30代女性 眼科 「白内障」
    高齢者は特に多いと思います。
  • 50代男性 眼科 「白内障」
    ぼやけるのはやはり白内障が多いです。

医師の回答を見ると、「白内障」のケースが多いとの声が多数挙がっており、特に、ぼやける症状の代表的な疾患を「白内障」とするコメントが目立ちました。
とある医師のコメントによれば、「白内障」はとても身近な病気であり、歳をとると誰でも発症する可能性があるようです。
さらに、初期症状でも目がかすむなどの自覚症状があるようでした。

緊急性は高くない疾患のようですが、気になる方は医師の診察を受けて指示を仰いだ方が、日常生活を送っていく上でも安心と言えるでしょう。

ぶどう膜炎の場合も多い

  • 60代男性 眼科 「ぶどう膜炎」
    ぶどう膜炎だと重症化しやすいので早期治療が必要です。
  • 40代男性 眼科 「ぶどう膜炎」・「白内障」
    白内障、ぶどう膜炎が多いです。
  • 40代男性 眼科 「ぶどう膜炎」・「白内障」
    ぶどう膜炎も可能性としてはあります。
  • 60代女性 眼科 「ぶどう膜炎」
    ぶどう膜炎は急に起こります。
  • 30代男性 眼科 「ぶどう膜炎」・「白内障」
    意外にぶどう膜炎もあります。
  • 50代男性 眼科 「ぶどう膜炎」・「白内障」
    ぶどう膜炎など初期なら軽く済む事が多いですが、放置してひどくなると治療も大変になります。

次に医師のコメントで目立ったのは、「ぶどう膜炎」との意見です。

ぶどう膜炎は重症化しやすい病気のため、早期に治療を開始する事が大切なようです。医師のコメントでも、症状が初期のものなら軽く済む事が多いとあります。
患者自身が原因を特定するには限界もあるので、目の異変を感じたときは治療が大変になってしまう前に医療機関での診察も検討するのが大事そうです。

ドライアイであることも

  • 40代男性 眼科 「ドライアイ」
    患者数を考えると、際立ってドライアイが多いと思います。
  • 40代男性 眼科 「ドライアイ」
    近年ドライアイが多くなっているため、霧視を訴える方は増えているように思います。あとは比較的若い50前後の進行の速い白内障も多くなっているような印象を持ちます。
  • 40代男性 眼科 「ドライアイ」
    ドライアイはぼやけやカスミの原因として多いです。
  • 40代男性 眼科 「白内障」・「眼精疲労」・「ドライアイ」
    老齢なら白内障、若い人なら疲れ目やドライアイではないかと思います。
  • 50代男性 眼科 「白内障」・「眼精疲労」・「ドライアイ」
    最近スマートフォンやゲームの長時間連用により調節障害をきたす人が増加しています。
  • 40代男性 眼科 「眼精疲労」・「ドライアイ」
    ドライアイや眼精疲労が多いです。
  • 40代男性 眼科 「ドライアイ」
    視界がぼやけると訴えて、眼底まで検査しても異常はなく、蛍光色素染色でドライアイを認め、ドライアイ点眼で、症状改善した症例を経験したことがあります。
  • 50代男性 眼科 「白内障」・「眼精疲労」・「ドライアイ」
    ドライアイや眼精疲労も意外と症状がある場合もあるので侮れません。
  • 60代男性 眼科 「白内障」・「眼精疲労」・「ドライアイ」
    一番頻度が多いのは老視とドライアイです。

次にコメントで多かったのは、「ドライアイ」との意見です。
特に、若年者で目がぼやける症状がある場合、ドライアイであることが多いとのコメントがありました。
他にも我々の生活に溶け込んでいるスマートフォンやゲームなどの長時間の使用が「ドライアイ」、「眼精疲労」などの目の調節障害をきたす主な原因として挙げられていました。

ドライアイの対策として、画面を長い時間見る場合は、適度に休憩を挟むなどして、目が乾かないように気をつけることが大事そうです。
また、適度に点眼することで、症状が改善する事もあるようなので、気になる方は試してみても良いかもしれませんね。

どんな随伴症状があったら受診を検討すべき?

続いて、「視界がぼやける状態が続く場合、他にどのような随伴症状があれば受診を急ぐべきですか。」という質問に対して、次の選択肢から選んでもらい、その理由をコメントしてもらいました。

  • 視野の歪み
  • 飛蚊症
  • 目の奥の痛み
  • 目の充血
  • 羞明(眩しさ)
  • 異物感
  • 目のかゆみ
  • その他
  • 特になし

以下のグラフが結果となります。

集計では、「視野の歪み」と回答している医師が62%と一番多く、次に「飛蚊症」、「目の奥の痛み」が続きました。「視野の歪み」と「飛蚊症」についてはどちらも過半数を占める医師の回答を得ており、特に注意しなければならない随伴症状だと考えられます。
まずは、少し聞き慣れない「飛蚊症」という症状についておさえた後に、医師のコメントを見ていきましょう。

飛蚊症とは

「目の前に虫が飛ぶ」状態を飛蚊症(ひぶんしょう)と言います。飛んでいるものは蚊や虫であったり、糸くずや丸い輪であったりします。色も透明なものから黒いものまでさまざまで、数も1個から数個、あるいは多数のこともあります。目を動かすと一緒についてきます。手で払っても無くならず何ともうっとうしいものです。飛蚊症は明るく背景がコントラストのない均一な場所で強くなります。

引用:飛蚊症|兵庫県医師会

視野の歪みは要注意

  • 30代男性 眼科 「視野の歪み」
    歪みは黄斑部の異常を示唆するためです。
  • 50代女性 眼科 「視野の歪み」
    視野の歪みが重要な症状です。
  • 70代男性 眼科 「視野の歪み」
    網膜剥離は見逃せない症状です。
  • 60代男性 眼科 「目の奥の痛み」・「視野の歪み」
    視界がぼやける際に、加齢性黄斑変性ではゆがみが、ぶどう膜炎では痛みや羞明が起こります。
  • 50代男性 眼科 「視野の歪み」
    歪視は何かしらの網膜疾患の存在を示すと思われるためです。

一番多く見られたのは、「視野の歪み」についてのコメントでした。
特に黄斑部の異常を疑うコメントが目立ちましたが、黄斑部というのは、目の網膜の中心部を指しています。
具体的な病気には、加齢性黄斑変性などがありますが、医師会のホームページでは、以下のように説明されていました。

加齢黄斑変性症とは

加齢黄斑変性症は、人や物を見分けるのに戸惑ったり、文字が読みにくかったりなどが特徴の目の病気です。眼底の網膜の中央にある黄斑部が傷害されるもので、網膜はフィルムに例えられますが、場所によって見え方が異なり、一番良く見えるのが眼底の中央にある黄斑部です。年を取って黄斑部の障害が起き、ゆがみ・視力低下を生じるのが加齢黄斑変性症で最近増加しています。

引用:加齢黄斑変性症|上尾市医師会

年をとることで発症が多くなる病気のようですので、高齢の方で目がぼやけたり、視野が歪む症状があったりする場合は注意が必要です。
また、視野の歪みがある場合には網膜剥離も見逃せない症状だという意見もありました。

飛蚊症が出た時も受診を検討しよう

  • 50代女性 眼科 「飛蚊症」
    網膜剥離の可能性があります。
  • 50代男性 眼科 「目の充血」・「飛蚊症」
    充血があればぶどう膜炎で、飛蚊症があれば眼底出血の可能性があります。
  • 50代男性 眼科 「飛蚊症」
    網膜剥離の場合にこの症状が重要となります。
  • 50代男性 眼科 「目の奥の痛み」・「飛蚊症」
    痛みがあれば虹彩炎、飛蚊症なら網膜剥離が疑われます。
  • 30代男性 眼科 「飛蚊症」
    網膜剥離の場合は手術が必要になります。

次に多かったのは、「飛蚊症」とする意見です。
具体的な病名としては、網膜剥離や眼底出血の可能性があるとのコメントが多くみられました。網膜剥離の概要については、以下の通りです。

網膜剥離とは

網膜は光を感じてそれを伝える神経網膜と、その土台になっている網膜色素上皮の二層に分かれていて、神経網膜がその下の色素上皮から剥がれるのが網膜剥離です。

引用:網膜剥離|日本眼科医会

医師のコメントにもあるように手術が必要な可能性がある病気なので、視界がぼやける症状に加えて「飛蚊症」がある場合には、早めに医療機関の受診も検討した方がいいかもしれません。

視界がぼやける時は、白内障が多い。随伴症状として視野の歪みもある場合は受診の検討を

本調査によると、まず視界がぼやける症状がある場合、よく見られる疾患として当てはまるものは、「白内障」との回答が一番高く、次に「ぶどう膜炎」、「ドライアイ」が続きました。
「白内障」も「ドライアイ」もどちらも身近なものだと思いますが、特にドライアイに関しては、パソコンやスマートフォンなどを頻繁に利用する方は、休憩したり、目薬をさしたりするなど、目を労わる時間を作るように心がけましょう。
また、他にどのような随伴症状があれば受診を急ぐべきですかという質問については、「視野の歪み」と回答している医師が一番多く、次に「飛蚊症」、「目の奥の痛み」が続きました。
随伴する症状によって、考えられる病気もそれぞれ異なるようですので、病院を受診した際は、気になる症状をしっかりと伝えるようにしましょう。

今回は、視界がぼやける場合に考えられる病気についてみてきましたが、これまでに視界がぼやけるという症状を経験したという人もおられるのではないでしょうか?症状が続いたり、他の随伴症状が出てしまった場合は、医師に診てもらうことも考えるようにしましょう。

ツイート
この記事の著者

関連する健康相談

関連する記事