視力の低下とともに頭痛がある場合、どんな病気が考えられる?どんな対処法が良い?医師133人に聞いてみました

頭を押さえる女性
視力の低下とともに頭痛がある場合、よく見られる疾患について聞いたところ、「緑内障」との回答が一番多く、次に「片頭痛(閃輝暗点症含む)」、「ぶどう膜炎」が続きました。上位2つの「緑内障」と「片頭痛(閃輝暗点症含む)」への医師からの支持はどちらも約半数を占めており、視力の低下とともに頭痛の症状もある際の代表的な病気と言えそうです。また、視力の低下とともに頭痛がある場合、患者にどのような対処法を勧めるかという質問については、「病院を受診する」と回答している医師が一番多く、次に「点眼薬をさす」、「頭痛薬を服用する」が続きました。「病院を受診する」への医師の支持が飛び抜けて多く、視力の低下と頭痛の症状がある際は、まず医師に診察してもらうことが大切と言えそうです。
目の不調
イシコメ運営事務局

視力の低下とともに頭痛が現れたことはありませんか。
視力の低下も頭痛も、生活に支障をきたす悩ましい症状です。そんな中、同時に複数の症状がでると、何か深刻な病気ではないかと心配になりますよね。関連する病気がわかれば、早めに然るべき対処もできるはずです。

そこで今回は、眼科医133人に、視力の低下と頭痛もする場合に考えられる病気は何か、適した対処法は何か、について聞いてみました。

※ 本調査は医師専用コミュニティサイトMedPeer(https://medpeer.jp/)にて、2018年9月2日~2018年9月3日にかけて行われ、眼科医133人から回答を頂きました。

視力が低下して頭痛もする際に考えられる病気は何?

まずは、「視力の低下とともに頭痛がある場合、よく見られる疾患として当てはまるものは何ですか。」という質問に対して、次の選択肢から選んでもらい、その理由をコメントしてもらいました。

  • 緑内障
  • 片頭痛(閃輝暗点症含む)
  • ぶどう膜炎
  • 視神経炎
  • 脳腫瘍
  • 側頭動脈炎
  • 眼精疲労
  • 脳梗塞・脳出血(くも膜下出血含む)
  • 屈折異常
  • ドライアイ
  • 一過性黒内障
  • 網膜剥離
  • 白内障
  • 加齢黄斑変性症
  • 糖尿病網膜症
  • 網膜静脈閉塞症
  • 中心性漿液性網脈絡膜症
  • その他

以下のグラフが結果となります。

集計結果では、「緑内障」との回答が49%と一番高く、次に「片頭痛(閃輝暗点症含む)」、「ぶどう膜炎」が続きました。
上位2つの「緑内障」と「片頭痛(閃輝暗点症含む)」への医師からの支持はどちらも約半数を占めており、視力の低下とともに頭痛の症状もある際の代表的な病気と言えそうです。

まずは上位の病気の概要をおさえた後に、医師のコメントを見ていきましょう。

緑内障とは

緑内障は、“視神経と視野に特徴的変化を有し、通常、眼圧を十分に下降させることにより視神経障害を改善もしくは抑制しうる眼の機能的構造的異常を特徴とする疾患”と定義されています。

引用:緑内障|中野区医師会

片頭痛とは

頭痛の中で命に係わる様な危険な疾患の症状では無いものの、症状が強く日常生活に支障を来たしてしまう頭痛が片頭痛です。その有病率は全人口の5~10%と言われています。
片頭痛の症状は、初めに前兆という脳の局所症状を来す場合があります。前兆には突然視野の一部がチカチカ光ったり暗くなる閃輝暗点や片方の手足がしびれたり麻痺する症状があります。前兆の症状は可逆的で1時間以内には消失します。前兆に引き続き頭痛が起こりますが、頭痛は片頭痛の名前の通り多くは片側に生じ、中等度から重度の頭痛で、脈打つような、ズキンズキンとする、などと表現されます。激しい嘔気、嘔吐を伴うことや、音や光に対して異常に過敏になる事もあります。症状は4~72時間続いた後消失し、後遺症は残しません。

引用:片頭痛|土浦市医師会

閃輝暗点症とは

閃輝暗点は、両目の視野の一部に突然ピカピカと光るぎざぎざ模様が見える症状で、ぎざぎざ模様の中は見えにくくなりますが、20分くらいで目の症状は治まります。症状が治まったあとで片頭痛が起こることが多く、片頭痛は2-3日続くこともあります。
引用:閃輝暗点症|兵庫県医師会

ぶどう膜炎とは

ぶどう膜は血管や色素が豊富な組織で、前方にある虹彩(茶色目の部分)、毛様体、眼底の奥にある脈絡膜から成り立っています。何らかの原因で、これらの組織に起きた炎症を「ぶどう膜炎」といいますが、ぶどう膜に接する網膜(カメラのフィルムに該当)や強膜(白目)に炎症が起きた場合も含みます。

引用:ぶどう膜炎|徳島県医師会

緑内障発作の可能性がある

  • 40代男性 眼科 「緑内障」・「ドライアイ」・「眼精疲労」
    一番急を要するのは緑内障発作です。
  • 50代男性 眼科 「緑内障」・「側頭動脈炎」
    緑内障も急性閉塞隅角緑内障の発作時は眼圧の高度の上昇により、角膜浮腫と眼痛を含む頭痛が見られます。
  • 40代男性 眼科 「緑内障」・「屈折異常」・「片頭痛(閃輝暗点症含む)」
    遠視の人や老視の人に多いです。また緑内障発作を見落とさないことが重要です。
  • 50代男性 眼科 「緑内障」
    眼圧が上がっている事があります。
  • 30代男性 眼科 「緑内障」
    緑内障発作の場合が多いです。
  • 40代女性 眼科 「緑内障」
    眼圧が高くなると白くみえます。
  • 50代男性 眼科 「緑内障」
  • 頻度は少ないですが、急性緑内障の可能性があります。
  • 50代男性 眼科 「緑内障」
    急性の眼圧上昇は経験上あります。
  • 40代女性 眼科 「緑内障」
    急性緑内障発作が一番疑われます。
  • 40代男性 眼科 「緑内障」
    まずは眼圧を測定しないと分かりません。

医師の回答を見ると、「緑内障」との声が多数挙がり、特に緑内障発作を警戒する声が目立ちました。
眼圧が急激に上昇した際に、角膜浮腫、眼痛、頭痛といった症状があらわれることがあるようです。

このような場合は、早期での治療を検討した方がよさそうです。また眼圧が高くなると、視野が白く見えることもあるようでした。
緑内障発作の発生頻度自体は高くないそうですが、症状が心配な方は眼科などで眼圧を測定してもらうことも検討しましょう。

症状が一過性なら片頭痛の場合も

  • 40代男性 眼科 「片頭痛(閃輝暗点症含む)」
    一過性の視力低下の訴えがあります。
  • 50代女性 眼科 「片頭痛(閃輝暗点症含む)」
    両眼で一過性であれば片頭痛(閃輝暗点症含む)ではないでしょうか。
  • 50代女性 眼科 「片頭痛(閃輝暗点症含む)」・「緑内障」
    強い眼痛は頭痛と勘違いされることがあり、実際は急性緑内障発作の場合があります。
  • 30代男性 眼科 「片頭痛(閃輝暗点症含む)」
    閃輝暗点が特徴的です。
  • 70代女性 眼科 「片頭痛(閃輝暗点症含む)」
    片頭痛などの眼科以外の疾患もあります。
  • 50代男性 眼科 「片頭痛(閃輝暗点症含む)」・「緑内障」
    最近は、ストレスがらみが多いような気がします。
  • 30代男性 眼科 「片頭痛(閃輝暗点症含む)」
    片頭痛に伴う女性に多い印象です。
  • 50代女性 眼科 「片頭痛(閃輝暗点症含む)」
    閃輝暗点によくみられる症状です。

次に多かったのは、「片頭痛(閃輝暗点症含む)」との意見です。
視力の低下が一過性のものであれば、「片頭痛」の可能性が高まるとするコメントが目立ちました。

また、先に挙げた緑内障発作の激しい眼痛を頭痛と勘違いされるケースもあるようです。
他にも、ストレスが影響することが多いとした医師のコメントもあり、さらに片頭痛を患う方の傾向として女性が多いようでした。
日々の生活にストレスを感じている方は、なるべくリラックスできる時間を設けるなど工夫をしてみましょう。

視力低下と頭痛がある際の対処法って何?

続いて、「視力の低下とともに頭痛がある場合、患者にどのような対処方法をおすすめしますか。」という質問に対して、次の選択肢から選んでもらい、その理由をコメントしてもらいました。

  • 病院を受診する
  • 点眼薬をさす
  • 頭痛薬を服用する
  • 十分な睡眠をとる
  • 目の周囲を温めたり冷やしたりする
  • 目の周囲をマッサージする
  • その他
  • 効果的な対処法はない

以下のグラフが結果となります。

こちらの調査では、「病院を受診する」と回答している医師が76%と一番多く、次に「点眼薬をさす」、「頭痛薬を服用する」が続きました。
「病院を受診する」への医師の支持が飛び抜けて多く、視力の低下と頭痛の症状がある際には、まず医師に診察をしてもらうことが大切と言えそうです。

それでは、医師のコメントを見ていきましょう。

まずは医療機関の受診を考えよう

  • 50代女性 眼科「病院を受診する」
    まずは原因精査が必要です。緊急性が高い可能性があります。
  • 40代男性 眼科 「病院を受診する」
    緑内障発作の可能性を考えてすぐに受診を勧めます。
  • 50代男性 眼科 「病院を受診する」
    治療に緊急を要する疾患もありますので、可能なら医療機関受診を勧めます。
  • 40代男性 眼科 「病院を受診する」
    患者に自己診断は勧めません。
  • 40代男性 眼科 「病院を受診する」
    まずは眼科を受診するのがいいと思います。
  • 50代男性 眼科 「病院を受診する」
    急性緑内障かどうかを診察します。
  • 40代男性 眼科 「病院を受診する」・「頭痛薬を服用する」・「点眼薬をさす」・「十分な睡眠をとる」
    頭蓋内疾患が怖いので神経内科又は脳神経外科の受診を勧めます。
  • 50代女性 眼科「病院を受診する」
    眼以外の異常がないかを確認するために、他科(神経内科や脳外科など)を受診するように勧めることが多いです。
  • 40代男性 眼科 「病院を受診する」
    視力低下、頭痛の程度が強い場合は頭部精査を勧めます。

一番多く見られたコメントは、「病院を受診する」というものでした。
こちらでも既に何度か挙げられている、緑内障発作を懸念している医師が多くいました。

また、頭蓋内疾患の可能性も指摘されていたことから、緊急性の高い病気かどうかを確認するために神経内科や脳神経外科の受診を勧める医師のコメントもありました。
まずは眼科を受診した方がいいと考えている医師もおられましたが、いずれにしても早めに受診することが大切そうですね。

対処法として点眼薬や頭痛薬の使用も1つ。ただし、受診も検討を

  • 50代男性 眼科 「点眼薬をさす」・「病院を受診する」
    対処的に点眼薬を使っても良いですが、詳しく病院で検査すべきと思います。
  • 40代女性 眼科 「点眼薬をさす」・「目の周囲を温めたり冷やしたりする」
    眼精疲労が原因と思われる場合は眼鏡処方や点眼、ドライアイが原因と思われる場合は点眼や目の周りを暖めることを勧めます。それでも改善がない場合には内科を受診すると良いでしょう。自己判断で頭痛薬によって症状を紛らわすのは良くないと思われます。
  • 50代男性 眼科 「点眼薬をさす」
    最初の治療は点眼です。
  • 30代男性 眼科 「点眼薬をさす」
    点眼薬を処方することが多いです。
  • 60代男性 眼科 「点眼薬をさす」・「十分な睡眠をとる」・「病院を受診する」
    あってない眼鏡が原因ということも良くあります。
  • 50代男性 眼科 「頭痛薬を服用する」
    まずは原因検索をするべきです。とても痛ければ鎮痛剤の使用も仕方がないです。
  • 20代男性 眼科 「頭痛薬を服用する」
    頭痛薬で治らなければ受診すべきです。
  • 50代女性 眼科 「頭痛薬を服用する」
    痛みが強いときは鎮痛剤をすすめます。
  • 40代男性 眼科 「頭痛薬を服用する」
    眼に異常がない時は対処療法をお勧めします。

次にコメントで多かったのは、「点眼薬をさす」・「頭痛薬を服用する」との意見です。病院でも実際に処方されることは多いようで、対処法として点眼薬をさすことや頭痛薬を服用することは1つの選択肢になりそうです。
眼精疲労やドライアイ、一時的な頭痛など原因によっては、症状も改善する可能性も高いようでした。

中には、「眼精疲労が原因と思われる場合は眼鏡処方や点眼、ドライアイが原因と思われる場合は点眼や目の周りを暖める」と具体的な対処法をコメントしてくれた医師もいました。
また、自分の目にあっていない眼鏡が視力の低下や頭痛の原因にもなることもあるようです。心当たりのある方は見直してみても良いかもしれません。
一方で、原因精査が必要だったり、治療に緊急を要する疾患もあったりするという観点から病院受診を勧める医師が多かった、というのが本調査の結果でもありました。

おかしいと感じたら自己判断せずに、専門家に症状の原因を探ってもらうようにしましょう。

視力低下と頭痛の症状は、緑内障の可能性あり。病院の受診も検討を。

本調査によると、視力の低下とともに頭痛がある場合、よく見られる疾患については、「緑内障」との回答が一番高く、次に「片頭痛(閃輝暗点症含む)」、「ぶどう膜炎」が続きました。
特に緑内障発作は注意が必要であり、早期での対応が求められるようでした。
また、視力の低下とともに頭痛がある場合、患者にどのような対処法を勧めるかという質問については、「病院を受診する」と回答している医師が一番多く、次に「点眼薬をさす」、「頭痛薬を服用する」が続きました。
点眼薬などで様子を見て良い場合もあるようですが、調査結果では、「病院を受診する」への医師の支持が飛び抜けて多く、視力の低下と頭痛の症状がひどい場合は、医師に診察してもらうことが大切と言えそうです。
今回は、視力の低下と頭痛もする場合に考えられる病気は何か、適した対処法は何かについてみてきました。視力の低下も頭痛の症状も日常生活に大きく関わりますので、おかしいと感じたら病院を受診して検査して頂きましょう。

ツイート
この記事の著者

関連する健康相談

関連する記事