視野が歪み、ストレスが悪影響を及ぼす病気って何?どう対処すべき?医師133人に聞いてみました

顔を押さえる女性
視野が歪む症状がある場合、ストレスが増悪因子となり得る疾患は何かという質問については、「中心性漿液性網脈絡膜症」との回答が一番高く、次に「片頭痛(閃輝暗点症含む)」、「加齢黄斑変性症」が続きました。「中心性漿液性網脈絡膜症」への医師からの支持が圧倒的に高く、視野が歪み、ストレスが増悪因子となる病気で最も一般的なものと考えられそうです。また、視野の歪みの原因がストレスだと考えられる場合、日常生活において患者自身ができるお勧めの対処法は何かという質問については、「生活習慣を改善する」と回答した医師が一番多く、次に「効果的な対処法はない」、「目を酷使しない」が続きました。「生活習慣を改善する」は過半数を占める医師からの支持を得ており、まず取り組むべき対処法だと考えられます。当てはまる症状がある方は、日々のストレスの原因になっていそうな生活習慣を見直すことから始めてみてはいかがでしょうか。
目の不調
イシコメ運営事務局

視野の歪みに違和感を覚えた経験はありませんか。
中でも、日々の生活で仕事が忙しいと、ストレスが影響していないか、心配になることもあると思います。
早期に原因を明らかにし、できることから対処をはじめたいですよね。

そこで今回は、眼科医133人に、視野が歪む症状がある場合、ストレスが増悪因子になる病気は何か、推奨できる対処法は何かについて聞いてみました。

※ 本調査は医師専用コミュニティサイトMedPeer(https://medpeer.jp/)にて、2018年9月2日~2018年9月3日にかけて行われ、眼科医133人から回答を頂きました。

視野が歪み、ストレスが増悪因子となる病気って何?

まずは、「視野が歪む症状がある場合、ストレスが増悪因子となり得る疾患は何ですか。」という質問に対して、次の選択肢から選んでもらい、その理由をコメントしてもらいました。

  • 中心性漿液性網脈絡膜症
  • 片頭痛(閃輝暗点症含む)
  • 加齢黄斑変性症
  • 眼精疲労
  • ぶどう膜炎
  • 糖尿病網膜症
  • 網膜静脈閉塞症
  • 視神経炎
  • 網膜剥離
  • 緑内障
  • ドライアイ
  • 脳梗塞・脳出血(くも膜下出血含む)
  • 屈折異常
  • 白内障
  • 一過性黒内障
  • 脳腫瘍
  • その他

以下のグラフが結果となります。

集計結果では、「中心性漿液性網脈絡膜症」との回答が66%と一番高く、次に「片頭痛(閃輝暗点症含む)」、「加齢黄斑変性症」が続きました。
「中心性漿液性網脈絡膜症」への医師からの支持が圧倒的に高く、視野が歪み、ストレスが増悪因子となる病気で最も一般的なものと考えられそうです。

まずは上位の病気の概要をおさえた後に、医師のコメントを見ていきましょう。

中心性漿液性網脈絡膜症とは

中心性漿液性脈絡網膜症は、30〜40歳台の中年男性に多い疾患で「中心性網膜炎」とよばれることもあります。変視症(歪んで見える)や小視症(小さく見える)、中心暗点(真ん中が暗い)などの症状がみられ、時に軽度の視力低下をみることもありますが、矯正視力は保たれていることが多いです。

引用:中心性漿液性網脈絡膜症|関西医科大学附属病院

片頭痛とは

頭痛の中で命に係わる様な危険な疾患の症状では無いものの、症状が強く日常生活に支障を来たしてしまう頭痛が片頭痛です。その有病率は全人口の5~10%と言われています。
片頭痛の症状は、初めに前兆という脳の局所症状を来す場合があります。前兆には突然視野の一部がチカチカ光ったり暗くなる閃輝暗点や片方の手足がしびれたり麻痺する症状があります。前兆の症状は可逆的で1時間以内には消失します。前兆に引き続き頭痛が起こりますが、頭痛は片頭痛の名前の通り多くは片側に生じ、中等度から重度の頭痛で、脈打つような、ズキンズキンとする、などと表現されます。激しい嘔気、嘔吐を伴うことや、音や光に対して異常に過敏になる事もあります。症状は4~72時間続いた後消失し、後遺症は残しません。

引用:片頭痛|土浦市医師会

閃輝暗点症とは

閃輝暗点は、両目の視野の一部に突然ピカピカと光るぎざぎざ模様が見える症状で、ぎざぎざ模様の中は見えにくくなりますが、20分くらいで目の症状は治まります。症状が治まったあとで片頭痛が起こることが多く、片頭痛は2-3日続くこともあります。

引用:閃輝暗点症|兵庫県医師会

加齢黄斑変性症とは

加齢黄斑変性症は、人や物を見分けるのに戸惑ったり、文字が読みにくかったりなどが特徴の目の病気です。眼底の網膜の中央にある黄斑部が傷害されるもので、網膜はフィルムに例えられますが、場所によって見え方が異なり、一番良く見えるのが眼底の中央にある黄斑部です。年を取って黄斑部の障害が起き、ゆがみ・視力低下を生じるのが加齢黄斑変性症で最近増加しています。

引用:加齢黄斑変性症|上尾市医師会

中年の働き盛りの男性は、中心性漿液性網脈絡膜症に要注意!

  • 40代男性 眼科 「中心性漿液性網脈絡膜症」
    ストレスが中心性漿液性網脈絡膜症のリスクファクターとなる事が多いです。
  • 50代男性 眼科 「中心性漿液性網脈絡膜症」
    中年の男性で、視野が歪むと中心性網脈絡膜症の可能が大きいです。
  • 50代女性 眼科 「中心性漿液性網脈絡膜症」
    働き盛りの世代に多いです。
  • 30代女性 眼科 「中心性漿液性網脈絡膜症」
    ストレスによる免疫力低下、動脈硬化などが遠因になる場合もあるかもしれないです。
  • 40代男性 眼科 「中心性漿液性網脈絡膜症」
    30~40歳台の男性に多い印象です。仕事でストレスがかかるのでしょう。
  • 60代男性 眼科 「中心性漿液性網脈絡膜症」
    中心性漿液性網脈絡膜症とストレスの関連は、教科書にも記載があります。
  • 40代男性 眼科 「中心性漿液性網脈絡膜症」
    働き盛りのストレスの多い世代に発症します。
  • 50代男性 眼科 「中心性漿液性網脈絡膜症」
    過労やストレスが要因になります。

医師の回答を見ると、「中心性漿液性網脈絡膜症」との声が多数挙がっていました。「中心性漿液性網脈絡膜症」とストレスの関連性は多くの医師が認めていることが伺えます。

コメントを見る限り、どうも30代から40代の働き盛りの世代の方に目立つ病気のようですね。一番無理をして働きがちな年代ですし、知らず知らずのうちに過労になっているケースもあるかもしれません。
またストレスが溜まると、免疫力の低下や動脈硬化につながり、それが遠因になる場合もあるのでは、との意見もありました。
ストレスは目に見えないのでケアするのは容易ではないですが、一日に一度はリラックスできる時間を作るなど工夫するようにしましょう。

ストレスが引き金で片頭痛が起こることも

  • 50代男性 眼科 「片頭痛(閃輝暗点症含む)」・「ドライアイ」・「眼精疲労」・「屈折異常」
    まずは詳しい検査が必要だと思います。
  • 50代男性 眼科 「片頭痛(閃輝暗点症含む)」・「中心性漿液性網脈絡膜症」
    片頭痛に伴う視覚異常も場合によっては歪みを自覚することがあり、片頭痛はストレスで発作が誘発されることがあります。
  • 60代男性 眼科 「視神経炎」・「脳腫瘍」・「脳梗塞・脳出血(くも膜下出血含む)」・「屈折異常」・「片頭痛(閃輝暗点症含む)」・「一過性黒内障」
    極度のストレスは自律神経にも影響し、全てを悪化させます。
  • 40代男性 眼科 「片頭痛(閃輝暗点症含む)」・「眼精疲労」
    眼精疲労や偏頭痛が多い気がします。
  • 40代男性 眼科 「片頭痛(閃輝暗点症含む)」
    ストレスが原因の可能性があります。
  • 50代男性 眼科 「片頭痛(閃輝暗点症含む)」
    ストレスが増悪因子というなら閃輝暗点でしょう。
  • 40代女性 眼科 「片頭痛(閃輝暗点症含む)」
    ストレスや過労が引き金になりやすいです。

次にコメントで気になったのは、「片頭痛(閃輝暗点症含む)」との意見です。
みなさんの中にも片頭痛の経験がある方もおられるのではないでしょうか。
医師のコメントによれば、片頭痛に伴う視覚異常で歪みを自覚するケースがあるようです。

さらに、閃輝暗点もストレスで増悪するとのコメントもあり、目がチカチカするような症状が続いている場合はストレスも原因の一つかもしれません。
また、極度のストレスは自律神経にも影響があり、体の全ての機能を悪化させるとのコメントもありました。
ストレス解消を日頃から心がけることは大切ですね。

ストレスが原因で視野が歪んでいる際の対処法って何?

続いて、「視野の歪みの原因がストレスだと考えられる場合、日常生活において患者自身ができるおすすめの対処法はありますか。」という質問に対して、次の選択肢から選んでもらい、その理由をコメントしてもらいました。

  • 生活習慣を改善する
  • 目を酷使しない
  • 目の周囲をマッサージする
  • 目の周囲を温めたり冷やしたりする
  • その他
  • 効果的な対処法はない

以下のグラフが結果となります。

こちらの調査では、「生活習慣を改善する」と回答している医師が53%と一番多く、次に「効果的な対処法はない」、「目を酷使しない」が続きました。
なかでも、「生活習慣を改善する」については過半数を占める医師からの支持を得ており、まず心がけてもいい対処法だと考えられます。

それでは、医師のコメントを見ていきましょう。

出来ることから生活習慣を改善してみよう

  • 40代男性 眼科 「生活習慣を改善する」
    ストレス発散が大事です。
  • 40代女性 眼科 「生活習慣を改善する」
    規則正しい生活をお勧めします。
  • 50代男性 眼科 「生活習慣を改善する」
    不安を取り除いてやることが一番です。
  • 40代男性 眼科 「生活習慣を改善する」
    ストレスだとはっきり分かったら、それを軽減するしかないでしょう。
  • 50代男性 眼科 「生活習慣を改善する」
    まずはリラックスすることを勧めます。
  • 30代男性 眼科 「生活習慣を改善する」
    睡眠時間を十分にとるように指導します。
  • 30代女性 眼科 「生活習慣を改善する」
    タバコを吸う方ですと禁煙も指導します。
  • 50代男性 眼科 「生活習慣を改善する」
    睡眠をよくとることと、酒やたばこをやめることです。
  • 40代男性 眼科 「生活習慣を改善する」
    視野の歪みの原因がストレスだと考えられる場合、ストレスのない生活が必要です。
  • 40代男性 眼科 「生活習慣を改善する」
    生活習慣の改善により、自然治癒が期待できます
  • 30代女性 眼科 「生活習慣を改善する」
    疲労を減らすことが大事です。

一番多く見られたコメントは、「生活習慣を改善する」というものでした。医師のコメントで挙げられた改善策には、以下のようなものがありました。

  • 原因のストレスを減らす
  • 疲労を減らす
  • リラックスする時間を作る
  • 睡眠時間を確保する
  • 規則正しい生活を送る
  • 禁煙する
  • 禁酒する

生活習慣を改善することで、症状の自然治癒も期待できるというコメントもありました。薬に頼らずに悩まされている症状も生活習慣も改善されるのであれば嬉しいですよね。
心当たりのある生活習慣を、できることから少しずつでも改善していきましょう。

スマホや漫画の見過ぎには注意を

  • 60代女性 眼科 「目を酷使しない」・「生活習慣を改善する」
    患者さんが やりやすい方法が一番です。相談にものりますよ。
  • 30代男性 眼科 「目を酷使しない」
    目を使わないのが一番です。
  • 40代男性 眼科 「目を酷使しない」
    目を酷使しない事が重要だと思います。
  • 50代女性 眼科 「目を酷使しない」
    なかなか実行は難しいですが、目を使わないのが一番じゃないかと思います。
  • 50代男性 眼科 「目を酷使しない」
    基本的には眼をやすめることが大切です。
  • 40代女性 眼科 「目を酷使しない」
    やっぱり漫画やゲーム、スマホなどの見過ぎは良くありません。
  • 60代男性 眼科 「目を酷使しない」
    休んでも回復しない場合は受診を考えましょう。
  • 50代男性 眼科 「目を酷使しない」
    少しでも改善できる部分は改善しようとする意識が大事です。

次にコメントで多かったのは、「目を酷使しない」とする意見です。

休むことなく長い間目を酷使すると、負荷になって、視野の歪みを引き起こす原因にもなりかねないようです。特に漫画やゲーム、スマホの使い過ぎはついつい熱中しがちですので注意しましょう。意識的に目を休める時間を作ることが大切です。
また、医師のコメントにもあるように、目を休めても症状が改善しない場合は、眼科の受診も検討した方がよさそうです。

中心性漿液性網脈絡膜症だとストレスが増悪因子になる。生活習慣の改善も大事

本調査によると、視野が歪む症状がある場合、ストレスが増悪因子となり得る疾患は何かという質問については、「中心性漿液性網脈絡膜症」との回答が一番高く、次に「片頭痛(閃輝暗点症含む)」、「加齢黄斑変性症」が続きました。
「中心性漿液性網脈絡膜症」は、特に働き盛りの方に目立つようなので、他人ごとではない病気だと思います。ストレスとの関連もあるので、日頃からリラックスする時間を作るなど工夫していきたいですよね。
また、視野の歪みの原因がストレスだと考えられる場合、日常生活において患者自身ができるおすすめの対処法は何かという質問については、「生活習慣を改善する」と回答している医師が一番多く、次に「効果的な対処法はない」、「目を酷使しない」が続きました。
原因となるストレスの軽減を試みたり、禁酒や禁煙に挑戦したりするなど、いくつか取り組みが提示されていました。出来ることから始めてみるのが大事な様です。

今回は視野が歪みストレスが増悪因子になる病気は何か、推奨できる対処法は何かについてみてきました。ストレスは体に様々な悪影響をもたらすので、あまり溜め過ぎないように気を付けたいですよね。目の調子が悪く、改善が見られない場合は眼科に相談するようにしましょう。

ツイート
この記事の著者

関連する健康相談

関連する記事