むくみ解消にマッサージって効果あるの?他に効果的な方法って何?医師523人に聞いてみました

足を気にする
マッサージやストレッチをすることは、むくみを解消するのに効果はあるのかという質問については、「多少ある」との回答が一番高く、次に「大いにある」、「あまりない」が続きました。この結果から、約83%の医師はむくみの解消にマッサージやストレッチが効果はあると考えていることが分かります。また、日常生活でできるむくみの解消法として適しているものは何ですかという質問については、「休憩時間に足を高くする」と回答している医師が一番多く、次に「マッサージをする」、「塩分が多い食べ物を控える」が続きました。上位2つの解消法はどちらも過半数を占める医師の支持を得ており、むくみの解消に期待ができそうです。無理なく続けられる方法から、色々試してみると良いのではないでしょうか。
むくみ
イシコメ運営事務局

体のむくみが気になるので、なんとかして解消したい…。
そんな思いを抱いている方も多いのではないでしょうか。よく耳にするむくみの解消法としては、マッサージやストレッチが挙げられますよね。
でも、いまいち効果を実感できずに悩んでいる方もおられると思います。本当にマッサージは効果があるのか、もっと良い方法はないのかと疑問も湧きますよね。

そこで今回は、一般内科、総合診療、腎臓内科・透析、循環器内科医523人に、むくみ解消にマッサージは効果あるのか、他に有効な方法は何かについて聞いてみました。

※ 本調査は医師専用コミュニティサイトMedPeer(https://medpeer.jp/)にて、2018年8月16日~2018年8月17日にかけて行われ、一般内科、総合診療、腎臓内科・透析、循環器内科医523人から回答を頂きました。

マッサージやストレッチってむくみ解消に効果あるの?

まずは、「マッサージやストレッチをすることは、むくみを解消するのに効果はありますか。」という質問に対して、次の選択肢から選んでもらい、その理由をコメントしてもらいました。

  • 大いにある
  • 多少ある
  • あまりない
  • ほとんどない

以下のグラフが結果となります。

集計では、「多少ある」との回答が61%と一番高く、次に「大いにある」、「あまりない」が続きました。
この結果から、「大いにある」と「あまりない」を合わせて、実に約83%の医師はむくみの解消にマッサージやストレッチの効果はあると考えていることが分かります。

それでは、医師のコメントを見ていきましょう。

マッサージやストレッチは、むくみ解消に効果あり

  • 50代男性 一般内科 「多少ある」
    効果はあると思います。気分的にも良いです。
  • 50代男性 一般内科 「多少ある」
    マッサージやストレッチでよくなる場合もあります。
  • 60代男性 一般内科 「多少ある」
    下肢・筋肉中の水分の還流やリンパ流の改善なども影響を与えると思われます。
  • 50代男性 一般内科 「多少ある」
    下肢を軽く拳上して眠ることや、眠前に下肢マッサージをするなどをお勧めできます。
  • 50代男性 一般内科 「多少ある」
    血流やリンパ流の改善効果が期待できます。
  • 20代男性 一般内科 「多少ある」
    よく、顔がむくんだり眼の周りがむくんだ時は血行改善目的でマッサージすることがありますが、少しだけむくみが解消している感覚はあります。
  • 50代男性 循環器内科 「大いにある」
    末梢から中枢に向けて、マッサージをする事はリンパの流れを改善すると思います。
  • 50代男性 一般内科 「大いにある」
    下腿浮腫には挙上とマッサージを指導します。
  • 50代女性 一般内科 「大いにある」
    運動までいかなくとも、ストレッチなども有効です。
  • 60代男性 一般内科 「大いにある」
    リンパマッサージは大いに効果があります。

医師の回答を見ると、「多少ある」・「大いにある」との声が多数挙がっていました。コメントでは、体内の血行改善に繋がったり、水分の流れを良くしたりするといった意見がありました。
さらに、脚にむくみがある場合は少し脚の位置を高くして寝ると良いとアドバイスしてくれた医師もいました。

また、リンパという言葉がよく出てきたので、概要を解説します。

リンパとは

体の中には、動脈と静脈のほかに「リンパ管」と呼ばれる管があります。リンパ管は、全身の皮膚のすぐ下に網目状に張り巡らされていて、このリンパ管の中には「リンパ液」という液体が流れています。リンパ液は、タンパクや白血球などを運びます。

引用:リンパ|国立がん研究センター

コメントでは、マッサージはリンパ液の流れを良くすることため、むくみを解消するとありました。

今回の医師達のコメントをまとめると、マッサージやストレッチによって体内の循環を良くすることで、むくみが改善する可能性があることがうかがえます。
むくみが気になる方は、運動とはいかなくても、まずはマッサージやストレッチをしてみましょう。眠る前の下肢マッサージなどもお勧めのようです。

一方で効果が薄いとする意見も

  • 40代男性 一般内科 「あまりない」
    マッサージやストレッチをすることは、むくみを解消するのに効果があまりないです。
  • 50代男性 一般内科 「あまりない」
    運動と睡眠が重要です。
  • 50代男性 一般内科 「あまりない」
    糖質制限が効果的です。
  • 50代男性 一般内科 「あまりない」
    短期的にその時だけ改善しますが、根本的には改善しないと思います。
  • 60代男性 一般内科 「あまりない」
    そのうちに治ります。 また原疾患があればそちらの治療が必要です。
  • 50代男性 一般内科 「あまりない」
    ストレッチする事による、精神的リラックスのほうが影響がある印象です。
  • 50代男性 循環器内科 「ほとんどない」
    そのような実経験がありません。
  • 50代男性 一般内科 「ほとんどない」
    気休めとの印象がどうしても強いです。

少数ですが、「あまりない」・「ほとんどない」との意見もありました。
マッサージやストレッチでは、「むくみの改善がみられても一時的なものでしかないのでは」というコメントが目立ちました。「根本となる原因を見つけて改善すべき」というのはもっともな意見ですね。

次の質問でも解説しますが、糖質制限、運動、睡眠の改善など、他のむくみ改善策も提示されていました。

日常生活で出来る、むくみ解消法って何?

続いて、「日常生活でできるむくみの解消法として適しているものは何ですか。」という質問に対して、次の選択肢から選んでもらい、その理由をコメントしてもらいました。

  • 休憩時間に足を高くする
  • マッサージをする
  • 塩分が多い食べ物を控える
  • ストレッチをする
  • 窮屈な下着や靴を履かない
  • 水分摂取を控える
  • ツボを押す
  • ぬるま湯の入浴を行う
  • 水分摂取を行う
  • その他

以下のグラフが結果となります。

「休憩時間に足を高くする」と回答している医師が51%と一番多く、次に「マッサージをする」、「塩分が多い食べ物を控える」が続きました。
上位2つの解消法はどちらも過半数を占める医師の支持を得ており、むくみの解消に期待ができそうですね。

それでは、医師のコメントを見ていきましょう。

むくみ解消にむけて、休憩時間には足を高くしてみよう

  • 40代男性 循環器内科 「休憩時間に足を高くする」
    下肢拳上を勧めています。
  • 50代男性 循環器内科 「休憩時間に足を高くする」
    道具も不要であり、場所も取らず、簡単なのでお勧めの方法です。
  • 50代男性 一般内科 「マッサージをする」・「休憩時間に足を高くする」
    足を動かすことも大事です。
  • 50代女性 総合診療 「休憩時間に足を高くする」
    足を下げると重力でむくむと思います。
  • 40代男性 一般内科 「休憩時間に足を高くする」
    休憩時間というより就寝時にも取り入れてみましょう。
  • 60代男性 一般内科 「休憩時間に足を高くする」
    就寝時に足を少し高くすると翌朝は効果を感じます。
  • 50代男性 一般内科 「休憩時間に足を高くする」
    休憩時間に足を高くすると効果抜群です。
  • 50代男性 一般内科 「休憩時間に足を高くする」
    足を高くするのが簡単で良いと思います。
  • 50代男性 一般内科 「休憩時間に足を高くする」
    長時間の同じ姿勢をとらないようにしましょう。

一番多く見られたコメントは、「休憩時間に足を高くする」というものでした。

足をずっと下げていると重力によりむくんでくるため、休憩時に足を高くすることでそれを解消できるそうです。
この方法であれば、狭い限られたスペースでも実践できますね。­道具も不要であり、場所も取らず、簡単な方法であるため、多くの医師がお勧めしていました。
さらに休憩中だけでなく、就寝中に足を少し高くしておくと、むくみ解消に効果があるといった医師のコメントもありました。

現代人は長時間同じ姿勢になりがちなので、このような工夫を取り入れることも必要と言えそうです。足のむくみで悩んでいる方は試してみてはいかがでしょうか。

減塩もむくみ解消には大切

  • 20代男性 一般内科 「塩分が多い食べ物を控える」・「マッサージをする」・「ツボを押す」
    塩分が多い食事をついつい食べてしまいますが、食生活に気をつけることでむくみは改善すると思います。
  • 50代男性 一般内科 「マッサージをする」・「塩分が多い食べ物を控える」
    採血や検尿を確認して原因を特定するのが先決です。
  • 30代男性 一般内科 「塩分が多い食べ物を控える」
    減塩が一番重要で、むくみの改善につながります。
  • 40代男性 一般内科 「塩分が多い食べ物を控える」
    日常生活で出来るむくみの解消は、血圧の観点からも塩分摂取制限です。
  • 40代男性 一般内科 「塩分が多い食べ物を控える」
    減塩は心臓にも腎臓にもよいです。
  • 50代男性 一般内科 「塩分が多い食べ物を控える」・「休憩時間に足を高くする」・「水分摂取を行う」
    塩分は大体の方が摂りすぎているので制限します。
  • 60代男性 腎臓内科 「塩分が多い食べ物を控える」
    まず腎機能に応じた低塩分摂取量を守ることが大切です。

次にコメントで気になったのは、「塩分が多い食べ物を控える」という意見です。

普段から意識していないとついつい塩分は摂り過ぎてしまいがちですが、むくみの原因になってしまうようです。
さらに、減塩はむくみ以外にも心臓や腎臓の負荷を減らすことにも効果があるようです。
食生活が偏っているなと感じている方は、減塩を意識してみても良いかもしれません。
また病院を受診し、採血や検尿で詳しい原因を特定することを勧める声もありました。

マッサージは、むくみ解消に効果あり。休憩時や就寝時には足を高くしてみよう

本調査によると、マッサージやストレッチは、むくみを解消するのに効果があるかという質問については、「多少ある」との回答が一番高く、次に「大いにある」、「あまりない」が続きました。
医師の立場から見ても、マッサージやストレッチはむくみ解消に一定の効果があると考えていることが分かりました。一度のマッサージで効果が見えなくても、継続することでむくみが改善するかもしれません。
また、日常生活でできるむくみの解消法として適しているものは何ですかという質問については、「休憩時間に足を高くする」と回答した医師が一番多く、次に「マッサージをする」、「塩分が多い食べ物を控える」が続きました。
「休憩時間に足を高くする」という方法は空き時間に気軽に実施できると思うので、是非実践してみて下さい。

今回は、むくみ解消にマッサージは効果あるのか、他に有効な方法は何かについてみてきました。色々なむくみ解消の方法が挙がったことで、選択肢も増えたのではないでしょうか。
一番大切なのは無理なく取り入れられる方法を見つけることかと思います。色々試して自分に合った方法を見つけてみて下さい。

ツイート
この記事の著者

関連する健康相談

関連する記事

閲覧数ランキング

  1. なかなか上手く吐けない吐き気の症状がある場合、無理にでも吐くべき?適した対処法ってなに?医師524人に聞いてみました

  2. 飲酒によってしゃっくりが出る原因は何?飲酒で生じたしゃっくりを止める方法として適したものは?医師525人に聞いてみました

  3. 閉経後も妊娠の可能性はあるの??産婦人科医130名に聞いてみました

  4. 寒気を伴う吐き気がある場合、考えられる病気は?どう対処すればいいの?医師518人に聞いてみました

  5. 胃痛を緩和させる飲み物はあるの?医師535名に聞いてみました

  6. お酒を飲んだ後に寒気の症状が出た場合、急性アルコール中毒の恐れはある?急性アルコール中毒にはどのような症状がある?医師525人に聞いてみました

  7. めまいに効く食べ物ってあるの?医師553人に聞いてみました

  8. 妊娠したら、いつ頃赤ちゃんの性別がわかるの?産婦人科医160人に聞きました

  9. あなたは献血したことある? 医師4600人に聞いた献血状況

  10. 下痢と悪寒、両方の症状を感じる原因は?医師551名に聞きました