むくみの種類で多いものって何?危険性が高いものは何なの?医師527人に聞いてみました

足を気にする女性
むくみの種類として多く見られるものについては、「心原性浮腫」との回答が一番高く、次に「腎性浮腫」、「肝性浮腫」が続きました。上位三つはどれも臓器が原因で起こる浮腫です。具体的な病名としては心不全やネフローゼ症候群が挙がっていました。また、浮腫の種類として危険性が高いものについても「心原性浮腫」と回答している医師が一番多く、次に「腎性浮腫」、「肝性浮腫」が続きました。「心原性浮腫」の医師からの支持が飛び抜けて高い結果となっており、特に注意が必要で、かつ危険性が高いむくみの種類と言えそうです。状態にもよりますが、心不全など重い病気の場合もあるようなので早期の対応を心がけましょう。
むくみ
イシコメ運営事務局

不摂生な生活が続いていると、急に顔や足などにむくみが現れることがありますよね。
マッサージなどですぐに改善することもありますが、なかなか良くならなかったりもします。
一見同じように見えるむくみですが、その原因によってむくみの種類や危険性に何か差はあるのでしょうか。

そこで今回は、一般内科、総合診療、腎臓内科・透析、循環器内科医527人に、むくみの種類で多いものは何か、危険性が高いものは何か聞いてみました。

※ 本調査は医師専用コミュニティサイトMedPeer(https://medpeer.jp/)にて、2018年8月23日~2018年8月24日にかけて行われ、一般内科、総合診療、腎臓内科・透析、循環器内科医527人から回答を頂きました。

むくみの種類で多いものって何?

まずは、「むくみの種類として多く見られるものはどれですか。」という質問に対して、次の選択肢から選んでもらい、その理由をコメントしてもらいました。

  • 心原性浮腫
  • 腎性浮腫
  • 肝性浮腫
  • 静脈性浮腫
  • リンパ浮腫
  • 栄養障害性浮腫
  • 内分泌性浮腫
  • 血管性浮腫
  • その他

以下のグラフが結果となります。

集計では、「心原性浮腫」との回答が71%と一番高く、次に「腎性浮腫」、「肝性浮腫」が続きました。
この結果から「心原性浮腫」と「腎性浮腫」はどちらも過半数を占める医師の支持を得ており、多く見られるむくみの種類だと考えられます。

それでは、医師のコメントを見ていきましょう。

心原性浮腫の場合が多い

  • 50代男性 一般内科 「心原性浮腫」
    やはり心不全による浮腫が一番多いです。
  • 50代男性 一般内科 「心原性浮腫」・「肝性浮腫」・「栄養障害性浮腫」
    心不全で利尿剤を内服している人は多いです。
  • 60代男性 一般内科 「心原性浮腫」
    慢性心不全症でのむくみが多いです。
  • 50代男性 一般内科 「心原性浮腫」・「腎性浮腫」・「肝性浮腫」
    心原性が最も鑑別診断を要する疾患と思われます。
  • 50代男性 一般内科 「心原性浮腫」
    循環器疾患をまず最初にルールアウトすべきです。
  • 50代男性 一般内科 「心原性浮腫」・「腎性浮腫」
    腎性浮腫 と心原性浮腫、どちらも見ますが、最近見た人は心原性浮腫で入院になりました。労作時の呼吸困難、息切れが主訴でしたがCOPDも合併していたので在宅酸素療法になりました。
  • 40代男性 一般内科 「心原性浮腫」
    やはり心不全に伴うものが圧倒的に多いです。
  • 50代男性 一般内科 「心原性浮腫」
    高齢者が多いため心原性浮腫が多いです。
  • 60代男性 一般内科 「心原性浮腫」
    心臓と塩分の取りすぎが多いです。
  • 50代男性 循環器内科 「心原性浮腫」
    循環器内科にくる場合は心不全が一番多いです。

医師の回答を見ると、「心原性浮腫」との声が目立ちました。具体的な原因としては心不全を挙げる医師の方が多かったです。心不全の概要を以下に説明します。

心不全とは

心臓は全身に血液を送り出すポンプの働きをしています。心不全というのは病名ではなく、様々な心臓の病気の結果、このポンプの働きに障害が生じて色々な症状を引き起こしている状態を指すものです。

引用:心不全|公益財団法人 日本心臓財団

心不全は、高齢者の方に多い症状のようで、注意が必要です。
中には入院されるケースもあるようですし、息切れなどの症状がある場合は対応が遅れる前に病院の受診を検討しましょう。

腎性浮腫の場合も

  • 30代女性 一般内科 「腎性浮腫」
    腎臓疾患の方が多いように思います。
  • 40代女性 一般内科 「腎性浮腫」
    ネフローゼ症候群の浮腫の場合もあります。
  • 60代女性 一般内科 「腎性浮腫」
    腎臓が原因のことが多かったです。
  • 50代男性 一般内科 「腎性浮腫」
    むくみの種類として多く見られるものは腎性浮腫です。
  • 50代男性 一般内科 「腎性浮腫」
    腎機能低下が原因です。
  • 50代男性 一般内科 「腎性浮腫」
    まずはしっかりと鑑別することが一番大事です。
  • 20代男性 一般内科 「腎性浮腫」・「心原性浮腫」・「肝性浮腫」
    心臓、肝臓、腎臓疾患が多いです。
  • 50代男性 循環器内科 「腎性浮腫」・「心原性浮腫」・「肝性浮腫」
    高齢者の場合だと複合要因のケースもありますし、低栄養と活動性低下もあります。

次にコメントで多かったのは、「腎性浮腫」との意見です。腎機能が低下することでむくみが生じるケースも多いようでした。
具体的な病名としてはネフローゼ症候群という名前が挙がっていました。病気の概要は、以下の通りです。

ネフローゼ症候群とは

正常な腎臓では蛋白質は尿中からごく微量(1日150mg未満)しか排泄されませんが、腎疾患をきたすことで大量の蛋白質が尿中から漏出してしまうことがあります。この様な大量の蛋白尿(1日3.5g以上)を呈し、低蛋白血症やむくみをきたす病態をネフローゼ症候群と呼んでいます。

引用:ネフローゼ症候群|東京大学医学部附属病院 腎臓内分泌内科

「まずはしっかりと鑑別することが一番大事」という医師のコメントもあるように、むくみの症状が気になる場合は医師に診て頂くことも考えましょう。
また、高齢者の方だと、低栄養や活動性低下などの複合要因のケースもあるようなので、原因をそれぞれ明確にすることが大事そうです。

むくみで危険性が高いものって何?

続いて、「浮腫の種類として危険性が高いものはどれですか。」という質問に対して、次の選択肢から選んでもらい、その理由をコメントしてもらいました。

  • 心原性浮腫
  • 腎性浮腫
  • 肝性浮腫
  • 栄養障害性浮腫
  • 内分泌性浮腫
  • 静脈性浮腫
  • 血管性浮腫
  • リンパ浮腫
  • その他

以下のグラフが結果となります。

集計では、「心原性浮腫」と回答している医師が85%と一番多く、次に「腎性浮腫」、「肝性浮腫」が続きました。
「心原性浮腫」の医師からの支持が飛び抜けて高い結果となっており、特に注意が必要なむくみの種類と言えそうです。

それでは、医師のコメントを見ていきましょう。

心原性浮腫は心不全の恐れもあり要注意

  • 60代男性 一般内科 「心原性浮腫」
    心臓関係で症状が出たら要注意です。
  • 60代男性 一般内科 「心原性浮腫」
    心不全が最も危険性が高いです。
  • 70代男性 一般内科 「心原性浮腫」
    心不全による浮腫は早期の治療を要すると思います。
  • 40代男性 一般内科 「心原性浮腫」
    心臓はやはりリスクを伴います。
  • 60代男性 一般内科 「心原性浮腫」
    心不全の悪化によるものは危険です。
  • 40代男性 一般内科 「心原性浮腫」
    動悸や息切れがある症例は注意です。
  • 50代男性 一般内科 「心原性浮腫」
    原因に関わらず急に悪化した時は危険性が高いです。
  • 60代男性 一般内科 「心原性浮腫」
    心不全によるむくみが一番怖いです。
  • 50代男性 一般内科 「心原性浮腫」
    服薬を追加することで、かなりの軽減がみられます。

一番多く見られたコメントは、「心原性浮腫」に関するものでした。

やはり心臓に起因するむくみなので、なるべく早い対応が求められるようです。なかには、「心不全によるむくみが一番怖い」というコメントも見られました。
特に動悸や息切れなどがある場合や、急に症状が悪化している場合などは、注意が必要と言えそうです。

処方薬を服薬することで症状の改善を期待できることもあるそうなので、その場合は受診し、適した処方をしていただきましょう。

腎性浮腫の場合も気をつけよう

  • 50代男性 一般内科 「腎性浮腫」
    浮腫の種類として危険性が高いものは腎性浮腫です。
  • 30代男性 一般内科 「腎性浮腫」
    腎性浮腫はリスクが高いと思います。
  • 50代男性 一般内科 「腎性浮腫」
    透析に移行してしまうのを防ぎます。
  • 40代女性 一般内科 「腎性浮腫」
    透析の心配があります。
  • 40代男性 循環器内科 「腎性浮腫」
    腎不全が多い印象です。
  • 30代男性 一般内科 「腎性浮腫」
    早めの治療をした方が良さそうです。
  • 50代男性 一般内科 「腎性浮腫」・「リンパ浮腫」
    リンパと腎臓の異常が特に目立つ印象を受けます。
  • 50代男性 一般内科 「腎性浮腫」
    まずは鑑別が一番大事です。
  • 40代男性 循環器内科 「腎性浮腫」・「心原性浮腫」
    腎臓か心臓が多いです。

次にコメントで多かったのは、「腎性浮腫」とする意見です。
腎機能に起因しているむくみなので、酷くなってしまうと透析になる恐れもあるとのことでした。
考えられる疾患としては、腎臓の機能が低下してしまう状態である腎不全が挙げられていました。

心不全の際と同様に、早期の医療機関での対応が大切になってきます。原因に心当たりがある方は、病院を受診して検査してもらうことも大事そうです。

むくみは心原性の場合が多く、危険性が高いことも

本調査によると、むくみの種類として多く見られるものについては、「心原性浮腫」との回答が一番多く、次に「腎性浮腫」、「肝性浮腫」が続きました。
上位三つは、どれも臓器が原因で起こる浮腫です。具体的な病名としては心不全やネフローゼ症候群が挙がっていました。症状が気になる場合は、まずは病院にてしっかり鑑別して頂くことも考えましょう。
また、浮腫の種類として危険性が高いものについても、「心原性浮腫」と回答している医師が一番多く、次に「腎性浮腫」、「肝性浮腫」が続きました。
頻度としても多くみられる「心原性浮腫」でしたが、同時に最も注意が必要な浮腫とも言えそうです。動悸や息切れなど随伴症状がある場合や、症状の変化が急な場合は特に警戒しましょう。
また腎性浮腫の場合、酷くなってしまうと透析になる恐れもあるようなので、気になる方は、早めに医療機関の受診を検討することも大事そうです。

ツイート
この記事の著者

関連する健康相談

関連する記事

閲覧数ランキング

  1. なかなか上手く吐けない吐き気の症状がある場合、無理にでも吐くべき?適した対処法ってなに?医師524人に聞いてみました

  2. 閉経後も妊娠の可能性はあるの??産婦人科医130名に聞いてみました

  3. 胃痛を緩和させる飲み物はあるの?医師535名に聞いてみました

  4. 寒気を伴う吐き気がある場合、考えられる病気は?どう対処すればいいの?医師518人に聞いてみました

  5. 妊娠したら、いつ頃赤ちゃんの性別がわかるの?産婦人科医160人に聞きました

  6. めまいに効く食べ物ってあるの?医師553人に聞いてみました

  7. 飲酒によってしゃっくりが出る原因は何?飲酒で生じたしゃっくりを止める方法として適したものは?医師525人に聞いてみました

  8. 下痢が起きているときのおすすめの食事とは?医師523名に聞いてみました

  9. 下痢と悪寒、両方の症状を感じる原因は?医師551名に聞きました

  10. ピーナッツの食べ過ぎは体に悪影響を及ぼすのか?医師525名に聞いてみました